HOME > Blog
2017年05月06日

サザンの道のりと僕の青春時代

この前飲んでいて、サザンの話になった。国民的ヒットメーカーとして知られるサザンオールスターズ。
僕の高校時代、洋楽がトーンダウンした頃に出てきた、いきのいい新人ロックバンドのイメージが今でもこびりついている。
“勝手にシンドバッド”の衝撃はハンパなかった。あの何言ってるのか不明の歌詞をロックサウンドにのせて、曲は大ヒットした。
今のバンド音楽にポピュラー要素を入れた先がけだろう。
今までの数々のヒット曲はいいんだけど、僕の中のサザンは18~22歳頃の青春期で完結する。
特に好きでもなかったけど、ラジオ深夜放送(大体オールナイトニッポン)は、ライフスタイルだったから、桑田さんのオールナイトも欠かさず聴いていた。
そして、みんな青学に憧れていた。
“勝手にシンドバッド”の後、数曲シングルを出すもふるわなかったが、“いとしのエリー”で、ドッカ~ン。
それからは、国民的人気バンドに化けていった。多くのヒットは生れ出るも、僕のサザンへの想いは失せていった。僕がもしBEST3を選ぶとしたら、やはり初期のアルバムになる。
そんな訳で、BEST3。3位「ラチエン通りのシスター」(10ナンバーズ・からっと)。
僕ら世代なら、知る人は結構いると思われる。茅ヶ崎にある通りの名前。中学時代の桑田さんの実話。この曲を入れない訳にはいかないだろう。高校の文化祭で、ずっとかかっていた。甘酸っぱい名曲。
2位。「忘れじのレイドバック」(アルバム未収録。バラッド1収録)。
これは、僕個人が密かに思い出深い、あまり知られていないであろう1曲。
勉強もろくにせず、深夜放送と麻雀に明け暮れていた浪人時代。サザン活動停止中にシングル5連発で出した1曲。ジョンレノンが暗殺された年。ひっそり出されたエロイ隠れ名曲。
1位。「夕陽に別れを告げて~メリーゴーランド」(kamakura)。
桑田さんが高校に通ってた時のことを歌った曲。夏の終わりを告げる郷愁。ブルースハープで始まる軽快で大好きな1曲。
この曲は、ちょっと時代からはずれるんだけど、社会人になってツライ毎日を送っていた頃の曲。なんか涙腺がゆるむんだな。
サザンがデビューして40年近く経つ。一般的には知られていない曲ばかりだけど、僕の独断と偏見でセレクトした思い出の名曲。
ヒマがあったら聴いてみてね。
サザンの成功と僕の甘酸っぱい青春時代。

2017年04月14日

あなたは何をパクる、僕はカブリエレ・パジーニ

P1060959%20%28360x480%29.jpg
モデナの怪人と言えば、ガブリエレ・パジーニ。あのブッとんだオヤジですよ。
何を隠そう僕は彼の隠れファンなのだ。
でも、特に彼の服に強い憧れ、物欲を感じるわけではない。コレクションをみたこともなければ、扱ったこともない。
彼の服は、誰にもマネできない強烈なオーラを放つ。厳粛なクラシックの世界に独自の美学を注入したスタイル。
僕が強く惹かれるのは、洋服そのものというよりパジーニという存在なんです。完成された存在感。何も足さないし、何も引かない。全てを超越してます。感性・趣味・ライフスタイル・人生観…。
この人の頭の中、体の中を解体してみたい。どんな血が流れているのだろうか?怪人の化けの皮をはがしてみたい。
彼のインスタグラムはモチロン全てチェックしてます。モデナのショップ、ウインドー、コーディネート、インテリア、オブジェ、アクセサリー、写真、アート…。一つ一つが僕の想像のツボを刺激する。アクの強さはハンパない。
でも、何を見てもそこにはゆるぎない一貫したスピリットを感じる。長年にわたり培われたファッション体験。独自のフィルターを通して見てきた世界。結果たどりついた美学。
80年代モードデザイナーの世界に魅了されてきた僕にはよ~く見えますよ。クラシコの世界でビジネスしている今では忘れていたサムシング。遠い昔のあの感覚。
P1060960%20%28360x480%29.jpg
これにこれを合わせる?一線を超えた奇抜なコーディネート。
「どうだい、俺の着こなしから何を感じてくれうかい。」
自己満足じゃない。わかりやすいメッセージ。
“ファッションって自由なんだなぁ。” あらためて気づかされる。
セオリー、マニュアル、トレンドは大切な教科書、バイブルであり、精神安定剤。そこは現在進行形でいいと思う。
でも、そこで完結して欲しくない。少しでもいいから “キャラ” という隠し味をブレンドして欲しい。その一歩先に踏み出す勇気がファッションの面白さなんだ。パジーニからのメッセージにとれた。
何にインスパイアされるかは人それぞれ。
皆さんはインスパイアされるものを沢山お持ちですか?人、モノ、本、音楽…。
心ゆさぶられるものに出会った時、そこに何かヒントを見い出し、それを自己流にアレンジし、あてはめてみる。イマジネーションが勝手に暴走を始める。
自分流にパクればいいんです。世の中はパクリで成り立ってるんじゃないかな。パクってパクられて、新しいものが生まれ、それをまたパクるものがいる。
僕がパクリのターゲットとしているパジーニも、いろんなものをパクってきたんだろう。

2016年01月24日

アルバ子のひとりごと

お久しぶりであります。あなたのアルバ子であります。
初売り期間中「全員集合!」ということで来店して下さった方々、誠にありがとうございます。
しかしまぁ、雪ですよ、雪!!
今朝も早くから雪かきです。すでに体中痛いの。
この冬は雪かきと言う作業をせずに終わるのかと思っていたのですが、甘かった!
そんでもって最近のアルバ子ですが、新しい年ということでインスタグラムっちゅうもんにチャレンジし始めました。今どきのものを多少かじってみるのもいいかな??なんてね。始めたばかりで、悪戦苦闘です。
他の皆々様のようなステキなものではありません。かなりへっぽこな感じであります。
まだまだ手探りの状態でありますが、アルバ子の奮闘ぶりに興味のある方はちょっとのぞいてやって下さいませ。
albano.hasehirohiroで探してもらったらよいのかな。
お店の情報ですね…、そうそう早くも春夏物が入荷するような…。
そのへんはまた我が相方様がご紹介するかと思います。
皆さ~ん、どうぞお楽しみに!!
(SALEも最終段階です。大丈夫、宝探しまだできますよ。)

2016年01月12日

ボウイの死と友からの便り

昨日の夜、一本の電話がなる。
「お~い、ボウイが死んじゃったよ~。悲しいゼ。やりきれないよ。お前も悲しいやろ。ミックやキースが死んでも驚かないけど、ボウイだよ、ボウイ。」
電話は中学時代からロックを一緒に聴き続けてきた親友。
かなり酔っていた。そして、久し振りの知らせ。
「そんな事よりお前元気なのか?」
ボウイ死去のニュースは一時間前に聞き、僕も大きなショックを受けた。
奴は特にボウイに入れ込んでいたからなぁ。
自分達の中学時代、ロックが全てだった。絶対だったんだ。
ファッションだったし、スタイルだった。全てそこから始まった。
ビートルズ、ストーンズ、ツェッペリン、パープル…そしてD.ボウイ。
僕達オヤジ世代。ロックに生きることは反抗だった。
そして、かけぬけた20代、30代。ロック、酒、タバコ、女…。
本物のロックは、もう死んでいた。でも、心の中にロックスピリットは生き続けた。
ストーンズが初めて来た時も。スプリングスティーンが初めて来た時も。クラプトンが初めて来た時も。熱かった。歴史的瞬間に立ち会った。
東京に遊びに行っては泊めてもらい、ロックを語りながら酒を酌み交わした。
楽しかったよ。夢があったな。
そんな自分達ももう50中。憧れた俳優、ロックミュージシャンも次々と死んでいく。随分時が流れたもんだ。段々淋しくなっていくよ。
ロックンロール。内田裕也じゃないけど。心の隅にその精神は持ち続けていきたい。みんな一緒さ。
でも、今日は無性にうれしい。ボウイが死んだっていうのに。
何よりも大切な友からの知らせ。
もう数年間、奴の家庭事情で日本を離れていたのか?連絡もなかったし、こちらからも連絡をとるのが怖かった。
「バカヤロー!なんで連絡してこないんだよ。オメェが勝手にどっか行っちゃうから。ずっと心配してたんだぞ!」
「お前こそ俺の連絡先知ってるだろ。冷てぇ奴だなぁ。今更俺みたい奴が、そんなシャレた服屋に顔も出せねぇだろ…。」
ボウイの死が久し振りに俺達2人を結びつけてくれた。
ボウイありがとう。感謝するよ。安らかに。
ファッショナブル。ヴィジュアルシンガーの元祖だよ。
皆さんもYOUTUBEで僕の大好きなミック&ボウイ(ミックの数倍カッコイイ、モードバリバリボウイが光る)の「ダンシングインザストリート」をぜひぜひご覧ください。
今晩は東京と富山で2人のロックバカが、「ジギースターダスト」(名盤)を聴いて弔うことにします。

2015年06月07日

たそがれオヤジ一人東京

5月末に一人で東京へ行ってきました。来春夏のプレコレクション?
ノン、ノン、ノン、今回は仕事じゃないんだなぁ。遊び、遊び。
3月から5月まで一心不乱に駆け抜けた。タマには洋服離れて息抜きしないとね。
プレコレも大切だけど、もっと大切なものがいくつもあるんだよ。憧れの人と会う為に。勘のいい方はお分かりでしょう。音楽です。LIVEですよ。ど~しても見なきゃ死ねないアーチストが来たんですよ。
「仕事なんかやってる場合じゃないよ。行っていいだろ?」と、相棒を説得し(ダメだと言われても行ってただろうけど。)北陸新幹線でビューン!ですよ。
ウッキッキーですわ。東京へ展示会に行く時は、ドッキッキーですけど。
どちらもハイテンションなんですが、今日はフリー。子供の様に瞳輝かせてるオッチャンが東京に一人。幸せでございました。
一応取引先の近くまで行ったので、ちょっと寄ってきました。プレコレやってまして、皆さん一生懸命オーダーしてましたよ。僕はと言えば、余裕かまして社長と雑談。
「今日は遊びで来たんで、オーダーはしませんから。」なんて話していると、奥からおいしそうなブツ(今季の現物品)を持ってくるじゃぁありませんか。
「見たら欲しくなるでしょ。」とついつい悪いクセで衝動買い。皆さんの気持ちわかります。
仕事モードになりかけたので、気をとりなおして今日は遊び遊び、こんなこと(仕事)してる場合じゃない。次行こ、次。
しかし、東京はモンスター。行きたい所あり過ぎや。罪な所だ、田舎モンには。
LIVEまで時間ある。こんなことめったにないのでなぜかあせっている。
とりあえず渋谷で行きつけの古本屋に行って、イタリアの古い建築雑誌DOMUS買って、しっかり領収書もらい、次は井の頭線で下北沢へGO。
駅変わったなぁ。この街は複雑。30年前は僕の庭ですわ。変わる店も多い中、ここだけは変わらない空気。扇風機は常設。久し振りにレコ屋フラッシュ。椿さんいるかな?残念ながら外出中。エサ箱つついて20枚ほどゲット。
「越後屋さん送り先はここでよかったですか?」と奥さん。
「えぇ。」もう完全にエチゴヤやな。エビスヤなんですけど…。まぁ、いいか。
17:30、お~っとLIVEの時間が迫ってきた。六本木に急がなきゃ。小田急線で乃木坂へ。
今日の目的、大好きな米国のシンガーソングライター、ジョンハイアット。
27年ぶり2回目の来日LIVE。皆さんは知らないでしょうけど、僕には神様からビッグプレゼント。日頃の行ないがいいからかなぁ。会場のミッドタウン、ビルボードライブへ。
「前から2列目が一つ空いてるんですが。」
ラッキー!!かぶりつきじゃん!ビール飲みながら僕のハートの鼓動が加速する。キレイなレディが隣りに…。いたらいいんだけど、ニコニコしたオヤジばかりやな。オレもか。
19:00会場が暗くなる。ジョンがハット・ジャケット・ジーンズで登場。
そして、1曲目「DRIVE SOUTH」で幕開け。3m先にジョンがいる。歌っている。僕の頭は真っ白。夢じゃねぇぞ!ほっぺを軽くつねった。(今どきしないよね。)
もう僕のボルテージは最高潮。「生だよ、生。どうするオイ!」ストリップを見るようにかぶりついた。
僕は感動すると、涙があふれ出るんだ。一音一音をかみしめるように酔いしれる。
時間よ止まれと願いながら、1時間ちょいでステージはアッという間に幕を閉じた。何にも代えがたいひとときだった。
今まで沢山のLIVEを見てきたけど、5本の指に入る素晴らしいLIVEだった。
ほろ酔いでLIVEの余韻に浸りながら、安ホテルに向かった。
幸せな一日だった。生きててよかったよ。ナンマイダ~。
たまにはせわしない日常を忘れ、一人フラっと旅に出る。そこには安息の一時が待っている。
いい気分転換になりました。あざ~す。
しかし、まだ見ないと死ねないアーチストがあと10人位いるんだよなぁ。
そこんとこヨ・ロ・シ・ク。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.