ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2020年10月09日

シーラップのスウィングトップは、黄昏の香り

Brand:新入荷

IMG_0046%20%28480x360%29.jpg
IMG_0045%20%28480x360%29.jpg
IMG_0053%20%28480x360%29.jpg
IMG_0054%20%28480x360%29.jpg
IMG_0065%20%28480x360%29.jpg
IMG_0061%20%28480x360%29.jpg
IMG_0059%20%28480x360%29.jpg
IMG_0050%20%28480x360%29.jpg
IMG_0052%20%28480x360%29.jpg
IMG_0056%20%28480x360%29.jpg
IMG_0062%20%28480x360%29.jpg
なんだろうな、この高揚感。この胸の高鳴り。
秋が始まり、シーラップがドカンと入荷。箱を開け、商品と対面する瞬間。エクセレント!!
もう興奮おさまらず、商品に袖を通す。
やっぱ、スゴイわ。シーラップさん、今回もいい仕事してるね~。
こんな熱い思い入れを持って、シーラップを絶賛する店なんて無いやろな。
僕ぐらいですよ、S.D.Iさん。熱いハート伝わってる?(間違いなく伝わってマス。←by アルバ子)
例えば、このスウィングトップ。どうですか、見たところなんの変哲もないスウィングトップにしか見えないでしょう。
僕は見ただけでも、なんか鳥肌もんなんです。さらに着てみたら、もう 「ハァ~っ。」 脱力感。
決してオーバーに言ってるんじゃないですよ。いや、ちょっとオーバーかもしれません。
がっ、しかし これはバラクーダなどのスウィングトップとは、まったくの別物。
バラクーダはいいですよ。名作ですよ。でも、シーラップが作ると、これがまた化けるんだ。
シーラップが息を吹き込むと…。あらら…、色気づくっていうんかなぁ。
僕は元々モード、DCブランドが好きなんですよ。アイビートラッドに走ったこともあるけど、なんか染まりきれなかった。
だから、デザイナーブランドのOEMを手掛けるシーラップ社の隠し味に敏感に反応するんだと思う。
シーラップのスパイスは、僕にはドラッグなんだよ。
IMG_0075%20%28480x360%29.jpg
IMG_0076%20%28480x360%29.jpg
IMG_0077%20%28480x360%29.jpg
IMG_0078%20%28480x360%29.jpg
IMG_0068%20%28480x360%29.jpg
IMG_0069%20%28480x360%29.jpg
IMG_0070%20%28480x360%29.jpg
IMG_0066%20%28480x360%29.jpg
そんな訳で、今日はシーラップのウールのスウィングトップ。
ウワ~ッ、もっと入れとけよ!こりゃいいゼ!
今回は前に紹介したボマージャケットを多めに仕入れたんで、これは1色。
どこがそんなにいいかって? 一言で言って、シーラップ流立体フォルム。
襟の高さから肩山への肩線のラインがなだらかで美しい、そして、肩幅はタイトだけど奥行があるボディ。 う~ん、言葉にすると難しい!!これは、ぜひ来着てみて感じていただきたい。
素材は、毛足のある柔らかいウール。色は黒。
このモデルだったら素材をマットなウールにしても、かっこいいんじゃないかな。
ちなみに僕が着ているのは、サイズ44でちょっと大きいです。
とにかくブルゾンとして、当店の新しい定番にしようかな。

2020年10月06日

ティトとエリコの危険なブルース

Brand:新入荷

IMG_0018%20%28480x360%29.jpg
IMG_0019%20%28480x360%29.jpg
IMG_0020%20%28480x360%29.jpg
IMG_0022%20%28480x360%29.jpg
IMG_0023%20%28480x360%29.jpg
IMG_0024%20%28480x360%29.jpg
IMG_0025%20%28480x360%29.jpg
IMG_0027%20%28480x360%29.jpg
今シーズンのクロージングは、GABOがもう少しで入荷する以外は、ペトリロが全量入荷、ティトもそろそろ全部揃う予定です。
ナポリトライアングルは、今季も健在です。
三者三様の個性を放ちながら、競い合っております。
僕は、何を推しているかって?そりゃもちろん全部ですよ!
えこひいきなんてしませんよ。みんな好きだからやってるんで…。
いや、本当 今の品揃えは我ながら満足しておりますよ。
アルバーノらしいトリオです。もうちょっと背伸びして、あれもこれもと考えてはいますが、今のところはこれで十分。
これからはこのブログもブランド別に紹介するより、単品、単品、アットランダムにコーディネートを意識しながら出していこうかなと思っております。
IMG_0036%20%28480x360%29.jpg
IMG_0037%20%28480x360%29.jpg
IMG_0038%20%28480x360%29.jpg
IMG_0040%20%28480x360%29.jpg
IMG_0029%20%28480x360%29.jpg
IMG_0031%20%28480x360%29.jpg
IMG_0032%20%28480x360%29.jpg
IMG_0034%20%28480x360%29.jpg
IMG_0035%20%28480x360%29.jpg
IMG_0042%20%28480x360%29.jpg
今日はティトの新作ジャケットに、エリコ・フォルミコラ(今季のオーダー品はまだ入荷しておりませんので、旧品で。)のおなじみNISIDAを合わせてみました。
ティト・アレグレットも始めてから5年ほど経ちますが、その間マイナーチェンジを繰り返してきました。
この春モデルが完成し、担当F氏も「もう変えません。」と力強く断言しています。
サイジング・デザインに関しては、皆様 合う、合わない、好き、嫌いがあるでしょう。
すべてお好み次第です。
今日のティトのジャケットは、コットン×ウール素材です。
グレーに青の糸がミックスしてます。10㎝のワイドラペルにやや肩幅広めかな。
ナポリの色気満載のティトのジャケット、ぜひお試し下さい。
ちなみにエリコ・フォルミコラのシャツの入荷はもうすぐですが、前年のエリコ・NISIDAモデル少々残っております。
サイズが合って、気に入っていただければ、勿論 そこはアルバーノプライスで。


2020年09月29日

SEALUPの核弾頭-ボマージャケット

Brand:新入荷

DSCN2441%20%28480x360%29.jpg
DSCN2442%20%28480x360%29.jpg
DSCN2443%20%28480x360%29.jpg
DSCN2445%20%28480x360%29.jpg
DSCN2446%20%28480x360%29.jpg
DSCN2447%20%28480x360%29.jpg
DSCN2448%20%28480x360%29.jpg
前回 『アルバーノのこれから…。』 を、ブログに書きました。
先日59歳になって、来年還暦をむかえる今、時代遅れの男がこれからの商いについて、あらためて考えてみました。
事業拡大など大それた野望なんてこれっぽちもありませんが、なんとか食っていけるだけの稼ぎを出す為、中身によりこだわりを持って、ディープな服屋を目指していきたいと思っています。
そして、原点に返ってイタリアの職人技の素晴らしさを、もっともっと多くの人に伝えていきたい。
全国はモチロン、地元富山でもっともっと知られる店になる。ということが今の僕の素直な気持ち。
腰の重い僕ですが、なんとかフットワークを軽く、いろいろ仕掛けていきたいです。
前回書いたように、僕はこれを読んでくださる皆様をこれからも大切にしていきます。ただ、もっと新しい仲間を引きずり込まなければ商いは難しいと思います。
今日は遅ればせながら、秋冬商品紹介の1回目になります。
DSCN2449%20%28480x360%29.jpg
DSCN2450%20%28480x360%29.jpg
DSCN2451%20%28480x360%29.jpg
DSCN2452%20%28480x360%29.jpg
DSCN2453%20%28480x360%29.jpg
DSCN2463%20%28480x360%29.jpg
まずは、前回入荷案内した秋冬のエース、シーラップからスタートしましょう。
数年ぶりになりますね、定番ブルゾン、ボマージャケット。“MARINA”。
シンプルなフード付きブルゾンです。実は今季のシーラップのコレクションにはありませんでした。
そんな訳でとりあえず別注ということなります。モデル名がついているモデルは、基本作ってくれるようです。
何の変哲もないブルゾンですが、そんなモデルこそ職人技が光ります。
クォリティの高さはモチロン、やっぱり立体感(ドレープ)の美しさですね!
フードのバランスがすごくいいっ! そして、袖つけはセットインラグラン。
長く着るには飽きがくるような装飾は必要ありません。
シーラップの完成度の高さは、あなたのクローゼットの中で光り輝くはずです。
今回入荷のカラーは、紺と黒の2色になります。


2020年09月20日

シーラップがやって来た。“ヤーヤーヤー”。

Brand:新入荷

DSCN2423%20%28480x360%29.jpg
DSCN2424%20%28480x360%29.jpg
アルバーノ、秋冬のエース『シーラップ』が来たあぁ~! 待ってましたよ!
怒涛の12パッキン。しか~し、まだ全量じゃないのだ!
どれだけシーラップ入れてるんだよ。バカじゃないの?大丈夫? 楽勝、楽勝。
これでも絞り込んで、厳選して入れてるんだから。
もうこれからは挨拶代わりに、シーラップをひと羽織りしてからね。
着せまくっちゃうぜ。ベイベー。ノックアウト間違いなしアルヨ。覚悟はいいかい?
内容?初めての方から、通の方まで皆さん何か引っかかるはず、絶対。
定番モデル、アルバーノ別注モデル、そして、新作もバッチリ。
今回はブルゾンを多めに入れてま~す!
まぁ、とにかく確かめにいらして下さい。
ハイクォrティ、シンプル、ミニマル、スタイリッシュでクラシック、ちょっぴりモードでお茶目なヤツ。
そんな質実剛健で迫力のあるコートじゃない。
誰でも着こなせる粋なイタリアンスピリッツ。
羽織ればO.K。男らしくも色っぽくも大人のSEXY全開。
ただ~し、各サイズ1点はアルバーノのセオリー。
今年の暑い夏、お問合せ頂いた皆様、「届きましたよ~。売り切れないうちにお待ちしておりま~す。」

2020年09月10日

アルバーノのこれから…。

Brand:店舗情報

DSCN2418%20%28480x360%29.jpg
働き方の変化にともない、仕事着、服装も自由になってきた。
スーツ・シャツ・タイという決め事がなくなりつつあり、場所や相手に応じたスタイルを求められる時代がやってきた。
店側も今まで通りの決まったアイテムではなく、もっと幅広い着こなしを提案していかなくてはならなくなってきている。これからの仕入れがますます難しくなってきた。
来春夏の仕入れは終わったが、こんな仕事様式の変化に、どう対応すべきかいろいろと考えた。
当店は、セレクトショップではある。その前に意識的にこだわっているのは、『イタリア服のスーツ屋』であるということ。
セレクトショップ多しと言えど、どこだってその店のカラーはある。
ここは店主の好み、カラーが出るところ。
どんなに時代が流れようと、僕はスーツ・ジャケットにシャツを合わせるスタイルが一番カッコイイと思っている。
だったら、時代の変化なんて気にせず、自分の好きなスタイルを売っていくしかないだろ。
イタリア製じゃなきゃダメなんだっ!!
完全イタリアバカだよね。
日本のオーダースーツはやらない。
やれば在庫は軽減できるのに。どんなに在庫が増えても、イタリア服に囲まれて死ねれば本望だよ。(ホントにね。)
今 あらためて想う。イタリアの伊達男が、スーツ・ジャケットとシャツにこだわる情熱を。
レザーが流行っている。ダウンが流行っている。
それはそれでいいじゃないか。
でも、僕はそこにはこだわらない。
バカだね、ホント。流行るものをもっとやればいいのに。
ただ、僕はこれを読んでくれている方々に向かって書いているのではない。
だって、皆さんはイタリア服の良さを知ってるはずだし、否定する人はいないだろうから。
同じ洋服に魅せられた仲間、同志だよ。
じゃぁ、誰に向かって書いてるかって?それはこれを読んでいない一般の男たちに。
ごめん、なんか話が分からなくなってきたね。
とにかく時代に逆らおうが、柔軟性がなかろうが、コロナがどうなろうが、アルバーノの来春夏は、スーツ・ジャケット・シャツを今まで通り、いやそれ以上に強化していくよ。
世間で売れてようが、売れてなかろうか、関係ない。
僕が好きなブランドのスーツ・ジャケット・シャツを勧めていく。それが僕に与えられた特権なのだ。

◀ Back 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.