ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2017年06月13日

ギ・ローバー、一家に3枚にしとう?-ポロシャツ

Brand:新入荷

P1070429%20%28480x360%29.jpg
P1070431%20%28480x360%29.jpg
P1070430%20%28480x360%29.jpg
P1070432%20%28480x360%29.jpg
P1070434%20%28480x360%29.jpg
朝 7:30に起床。OPEN前に、2つの仕事がある。
一つは、80を過ぎた親父の世話。
もう一つは、前回話した2FのCAFEで1日かける音楽のセレクト。音楽CAFE54としての流儀がある。
それは、17年前始めた頃から変わらない。
レコードは片面のみ(約20分)。CDは、約15~20分(4~5曲)。1時間に3枚のペースでかけていく。
ボリュームはしっかり聴かせる音。録音レベルは結構差があるが、マッキントッシュのアンプでレコードは2、CDは1.2レベル。ボリュームの大きさは重要。
リクエストがあれば、その時かかっているのが終わった後に20~30分間。
僕がやっていた頃はそれらを徹底してやっていたが、今は現店主にそのように伝えてある。
僕がいなくても、ゲストにいい音に出会って欲しい。
朝の天候、気温等を肌で感じ、ジャンルにとらわれず、イマジネーションを研ぎ澄ませて選ぶ。レコード10枚。CD10枚。
ジャズ、ジャズヴォーカル、シンガーソングライター、キューバ フィーリン、イタリア カンタトゥーレ、アルゼンチン ネオフォルクローレ、アンビエント、日本'70フォーク…etc。
心穏やかになり、心に染み入るような優しい音を探す。
梅雨の晴れ間。ひんやりとした一日のスタートは、ストックホルムの少女スティーナの繊細でこわれそうな歌声から始めよう。
P1070439%20%28480x360%29.jpg
P1070440%20%28480x360%29.jpg
P1070441%20%28480x360%29.jpg
P1070442%20%28480x360%29.jpg
P1070443%20%28480x360%29.jpg
P1070444%20%28480x360%29.jpg
P1070435%20%28480x360%29.jpg
P1070436%20%28480x360%29.jpg
P1070437%20%28480x360%29.jpg
P1070438%20%28480x360%29.jpg
さて、今日は説明はいらないだろう。ギ・ローバーの鹿の子ポロ。
3マーク。前開きシャツ2マーク。
白・メランジブルーがボタンプルオーバー、ブルーグレーがスキッパー、前開きがグレー・濃紺。
一家に一枚、二枚…三枚ってとこかな?

2017年06月09日

ブリーフ兼トラベル・フェリージ傑作モデル

Brand:新入荷

P1070412%20%28480x360%29.jpg
P1070414%20%28480x360%29.jpg
P1070415%20%28480x360%29.jpg
P1070416%20%28480x360%29.jpg
P1070392%20%28480x360%29.jpg
P1070387%20%28480x360%29.jpg
P1070389%20%28480x360%29.jpg
P1070390%20%28480x360%29.jpg
昨年11月、2FにCAFE54が復活オープンした。経営は顔見知りのMさんがやることになった。
Mさんが、「以前のスタイルを引き継ぎたいので、あと基本コンセプトは長谷川さんにおまかせします。」ということだった。
やる以上はいいものにしたい。音楽喫茶のスタイルはそのままだけど、フェリージの物販コーナーはなくした。
その空いたスペースをどうしようか、いろいろ考えた。古本屋に声をかけたが折り合わなかった。
5坪ほどのスペースなので、フェリージを含めアルバーノの商品を飾り見せるかたち(Mさんに販売は出来ないので、コマーシャルとして)で埋めるのは簡単だった。
どうせフェリージを飾るのなら、フィーゴさんが持ってる懐かしい伝説のオールドモデルを借りようかという話が出た。
担当Sさんとの話も滞ったままOPENが近づいた為、最終的に僕のイタリアヴィンテージのライト、家具を中心とした趣味的ギャラリー風に飾ることにした。
一応カタチにはなったけど、フェリージのデッドストックコレクションも、まだあきらめてないんだけど…Sさん?
この前展示会で一部屋使って、大量の懐かしのコレクションを展示していたじゃない。あれはどこにいったのかなぁ~。Sさん、頼むよ!
フェリージのコレクション。ゴルフバッグ、テニスラケットケース、ギターケース、ペット用グッズ…、奇想天外なバッグがいっぱいあった。また復刻して欲しいな。
生産工程が悪いって言うんでしょ。わかるけど、売れ筋ばかりに絞り込んじゃフェリージらしくないと思う。
「なんじゃこりゃ。」という遊び心あふれるのが、フェリージのカッコ良さじゃない。ねぇ、皆さん。
僕が時代遅れなだけだって?!
P1070394%20%28480x360%29.jpg
P1070377%20%28480x360%29.jpg
P1070380%20%28480x360%29.jpg
P1070379%20%28480x360%29.jpg
P1070399%20%28480x360%29.jpg
P1070400%20%28480x360%29.jpg
P1070384%20%28480x360%29.jpg
P1070385%20%28480x360%29.jpg
P1070382%20%28480x360%29.jpg
P1070401%20%28480x360%29.jpg
P1070402%20%28480x360%29.jpg
P1070403%20%28480x360%29.jpg
P1070410%20%28480x360%29.jpg
P1070411%20%28480x360%29.jpg
今日は僕のお気に入りのこのモデル。ブリーフ兼トラベルバッグ。もう何回も出してるよね。
新色3色。前からあるものを入れると計5色ある。
12/41モデル。W39×H31×W10。サイズ的に普通のブリーフサイズ。ただ、前のポケットが外付けの為、やや大きく感じる。同デザインのもう一回り大きい1713モデルは、ボストンタイプ。
僕の目の色が変わる。皮とナイロンのコンビネーションが選べるタイプ。
そんなタイプしか紹介してないもんね~。世界に一つしかない可能性大。皮はNKというシュリンクレザーなんだけど、10色もある。
まずは、お手柔らかに。ネイビーベースにダークブラウンの皮。宮城のNさんの顔を想い浮かべ即決定。Nさん、気分と懐次第ですよね。
次は、必殺ボルドーにネイビー。清水の舞台からダイブしちゃいました。これはオンリーワンでしょう。ヒデキ?カンゲキ~。
ラストは、考えぬいたウルトラコンビ。シルバー×マッド(泥色)。これもオンリーワン確実。
こんなん持って仕事してみてよ。仕事出来なくても、「バッグだけは、いっちょ前だな。」なんて皮肉言われるかもね。


2017年06月07日

シャツはアートだ・4-エリコ・フォルミコラ

Brand:新入荷

P1070330%20%28480x360%29.jpg
P1070323%20%28480x360%29.jpg
P1070344%20%28480x360%29.jpg
P1070343%20%28480x360%29.jpg
P1070356%20%28480x360%29.jpg
P1070360%20%28480x360%29.jpg
P1070359%20%28480x360%29.jpg
P1070345%20%28480x360%29.jpg
P1070351%20%28480x360%29.jpg
P1070354%20%28480x360%29.jpg
P1070355%20%28480x360%29.jpg
ニュースでやっていたけど、どこかのセレクトショップで接客されたくない方は、店内に置いてあるブルーの買い物バッグを肩にかけて下さい。その方にはお声かけしませんから、という話。
ま~一般的なチェーン店等ではそうなんだろうな。確かに僕らでもちょっと入った店で、声をかけてこられると、面倒くさいもんね。
「どこでもそうしたらいいのに。」という声も多いみたい。
日本の全ての店がそんなシステムになったら?ブルーのバッグを店頭に用意することを義務づけられたら?
た~いへんだべ!当店のようにわざと見づらく陳列している店は?
お客様の感覚をマヒさせようとたくらんでいる店?は。
それでもブルーのバッグを持つ人は多いだろうね。(もちろん常連さん以外は。)
その代わり来店客は絶対増えるはず。初めての方からは買われた後、よく「入るのに勇気いったんですよ。」 「敷居が高いですよね。」 「あそこの店長の口には注意しろ、と聞いていた。」等といった声を聞く。
当店のような店は、初めての方こそ、システム?を説明させてもらわないと。
買う、買わないというのは問題じゃなく、ヨーロッパ流にモノを通した会話を愉しむことが専門店の良さなんだから。まぁ、一般的な店とは違う話なんだけど。
さて、今日はシャツはアート。エリコ・フォルミコラ、カジュアルシャツ。2回目です。
P1070368%20%28480x360%29.jpg
P1070369%20%28480x360%29.jpg
P1070370%20%28480x360%29.jpg
P1070371%20%28480x360%29.jpg
P1070372%20%28480x360%29.jpg
P1070373%20%28480x360%29.jpg
P1070364%20%28480x360%29.jpg
P1070365%20%28480x360%29.jpg
P1070367%20%28480x360%29.jpg
P1070361%20%28480x360%29.jpg
P1070363%20%28480x360%29.jpg
P1070362%20%28480x360%29.jpg
前回 ご紹介した襟のアート。フレキシブルに愉しんでもらえるイタリアンカラー、“NISIDA”。
まさにクールビズに入り、オープンに自由にいきましょう。
まずは、ギンガムチェック。よく見ると、ブルーと紺が混ざる。
次が、白。コットン・リネン。麻の張りがある生地。
前回のシャツはアートでも書いたように、この襟は意識的に着方を選んで下さい。もちろんこれからシャツいちで楽しめますよ。
3,4着目が新しいワイドカラーのアレッサンドロ。
3番目が、前回だしたストライプの色違いのブルーストライプ。オックスの織り。
ラストがネイビー×赤のチェック柄。
全て洗いはかかっていますが、アイロンプレスしてあります。
しかし、みんなブルーのバッグ持たれると、困っちゃうなぁ。僕の熱い、暑い、厚い?トークが聞けないなんてねぇ。
話したい人用に赤いバッグでも用意しておこうか。誰も持ってくれないんだろって。


2017年05月30日

ナポリ流とは何たるかPARTⅡ-TITO ALLEGRETTO

Brand:新入荷

P1070286%20%28480x360%29.jpg
P1070287%20%28480x360%29.jpg
P1070288%20%28480x360%29.jpg
P1070291%20%28480x360%29.jpg
P1070292%20%28480x360%29.jpg
P1070293%20%28480x360%29.jpg
P1070294%20%28480x360%29.jpg
P1070297%20%28480x360%29.jpg
P1070299%20%28480x360%29.jpg
P1070301%20%28480x360%29.jpg
P1070305%20%28480x360%29.jpg
P1070308%20%28480x360%29.jpg
北の服、南の服、ナポリ…イタリアの服であれば、どこでもいいよ。
み~んな好きだよ。だって、俺の人生ジャケット人生だもの。永ちゃんの“バーボン人生” に対抗して。ジャケット抱いて俺の人生終わっていくんだろうな。
ここまでやってきたんだもの。後戻りもできないし。
男のジャケットも変わり続ける。アイビートラッド、ソフトスーツ、クラシコイタリア…。
ボリオリのドーヴァーがソフトジャケット革命を起こした。
単純シンプルなものだけど、型紙、縫い方、仕様、ミリ単位の変化で、男のスタイルは別物になる。
一生つきあっていくよ。“ジャケット人生”。

「ナポリ流とは何たるか。」 
なんかバカなタイトルつけちゃったな。そんなディープなナポリを語ってもね。語れないけど、専門的な作りを知りたい方は、「ナポリ仕立て~奇跡のスーツ」という本を読んでください。面白いですよ。
全ては僕の私感です。そこんとこヨロシク。
今 アルバーノのフェイスを飾るのは、デ・ペトリロ、エリコ・フォルミコラ、G.ABO、そして、TITO ALLEGRETTOのナポリ勢。サルトものではありません。ファクトリーもの。
キートン、ラティーノクラスでもありません。敷居は高くありません。
今 ボリオリ、ラルディーニ、カンタレリがそばにありますが、やはり北の服はフォルムにこだわります。デザイナーを手掛ける背景が生むスタイリッシュなドレープ感。やっぱカッコ良さは北なのか。
フェラーリ、アルファロメオ等の車、カッシーナ、アルフレックス等の家具を連想します。
僕が初めて体験したナポリの服、GAIOLA。そんなにドレープ、フォルムは意識しなかった。
北の服ほどの感動はありませんでした。でも、何か違うオーラが。それは、ジワリジワリとボディーブローのように効いてきた。
男らしさ、そして、優雅さ。英国の質実剛健なダンディズムとは違う。
甘~い英国っていうのかな。凛としたソフト。構築美ではない。不完全な美意識。
そこには人間の本能が宿っている。裕福な北と違い、ナポリは貧困。人生をのんびり謳歌している職人達が作り上げる服だもの。
よって、ナポリ仕立ては不完全でいい。均一性なんてクソくらえ。
でも、作り手のポテンシャルは高い。一人一人の美意識を信じよう。
そんな地場だもの。日本人に合わせるには大変な努力もいる訳だ。
TITOにたずさわるF氏は、工場に入りびたり細かい指示をださないといけない。
そんなやり方を続けていくことが、ナポリ流なんだ。
完成された美は、ひとまず休もう。今は不完全な美に心躍る。
今日はTITOの2回目。紺ジャケ2マークを紹介するよ。
P1070279%20%28360x480%29.jpg
P1070280%20%28480x360%29.jpg
P1070281%20%28360x480%29.jpg
P1070282%20%28480x360%29.jpg
P1070283%20%28360x480%29.jpg
P1070284%20%28480x360%29.jpg
まずは、ワッフルの軽い素材。ウール・ポリ・ストレッチ。ティトのジャケは、ほんと吸いついてくる。
次は、ウーステッドなカシミヤ素材。なまめかしい花柄ドビー。ビジネスにはちょっと厳しいかな。
でも、柄が浮いて見えるのは光の当たり具合だね。遊び心のある紺ジャケ。
最後は、グアベロのホップサック。正統派。
気になるものがあれば、問い合わせてね。
今度のPARTⅢは、スーツ編いきます。
まだ書くか?って。いくらでもいきますよ。本当は着てもらうのがいいんだけど。
だって、タイトルの答えはないんだもの。だから、終わりはないのさ。


2017年05月28日

ナポリ流とは何たるか・1-TITO ALLEGRETTO

Brand:新入荷

P1070274%20%28480x360%29.jpg
P1070275%20%28480x360%29.jpg
P1070278%20%28480x360%29.jpg
P1070257%20%28480x360%29.jpg
P1070256%20%28480x360%29.jpg
P1070260%20%28480x360%29.jpg
P1070261%20%28480x360%29.jpg
P1070266%20%28480x360%29.jpg
P1070263%20%28480x360%29.jpg
ガイオラ(現デ・ペトリロ)と出会い、「ナポリジャケットとは何たるか。」を考えさせられました。
皆さん そんなこと興味ないですよね。
北の服が当たり前のイタリア美であると信じ、一途に突っ走ってきました。
それが僕の当店のイタリア論であり、信念でした。
そんなスタイリッシュな北の服は、今も日本市場で席巻してるし、これからもそれは変わらないでしょう。そんな僕に待ったをかけたナポリ仕立て。
「北のマス化されたオートメーションの世界とは違うんだよ。一緒にしてくれるな。」というでしょう。
「職人の服」という一言で片づけるのは簡単です。
僕は職人仕立てのハンドメイドは未経験です。
そんな僕がナポリ仕立てとは何たるか、なんて言おうもんなら首を絞められるでしょう。
ただ、今 ナポリの風に吹かれながら、今までのイタリア論に疑問を投げかけています。
今 向き合っているブランド“TITO ALEGLLETO”。
初めてサンプルを見て、駄々っ子のように、「すぐに欲しい。」欲求にかられ、オーダーしました。
ペトリロと同じく、北とは違うサムシング。
「何なんだろう。」この作り、雰囲気。
それから2年経ちます。いろんなことがあった2年でした。
ただ、オーダーした服をキレイに仕上げ投げ返してくる北の服と違い、大雑把な部分もあるけど、熟練の勘とオリジナルな感性が作り上げる工芸品。
人なつっこさと独特の味わいがにじみ出てます。
TITOは作り上げていくブランドだと、初めの頃書きました。
完成されつつあります。でも、ナポリの服は完成されないのが魅力じゃないかな?
ジャケットは人間が作るもの。そして、育てていく生き物のようなもの。
だから面白いし、男のスタイルを変え続けてくれる最大の友であり、味方であると思います。
それゆえTITOはこれからも変わり続けるでしょう。
工場も変わり、新しいTITOがここにあります。奥深いナポリ仕立てではありませんよ。
今 アルバーノが提案するナポリ流ジャケット。そのあたりを味わいながら着心地を愉しんで下さい。
P1070267%20%28360x480%29.jpg
P1070268%20%28480x360%29.jpg
P1070269%20%28360x480%29.jpg
P1070270%20%28480x360%29.jpg
P1070271%20%28360x480%29.jpg
P1070272%20%28480x360%29.jpg
さて、JK3マーク。
まずは、ウール・コットン・ポリの三者混のダーク系ストライプ。表面感は独特なシルクっぽい感じ。シックで面白いファブリック。
次は、綿麻。粗い織りのブルー系。ウエイトがあるので、長いシーズン着用可。
3つ目が平織のブルーグレーのチェック。わりと渋めです。ウールストレッチ。ビジネスでもシックでお洒落だと思います。

◀ Back 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.