ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2017年10月06日

新しき殿堂入りモッズコート-シーラップ・1

Brand:新入荷

P1080204%20%28360x480%29.jpg
P1080205%20%28480x360%29.jpg
P1080206%20%28480x360%29.jpg
P1080207%20%28480x360%29.jpg
P1080208%20%28480x360%29.jpg
P1080216%20%28480x360%29.jpg
P1080218%20%28480x360%29.jpg
P1080221%20%28480x360%29.jpg
「おいおい、また俺の話題かい?こんなに出してもらっちゃぁ悪い気はしないけどさ。ようやく世の中が俺の腕を認めだしたってことだな。そりゃそうだろ、俺ほどのもんがいつまでもアルバーノでくすぶってる訳にはいかんからな。」
鼻息荒いっスわ。大器晩成。俺様の時代がやってきたと言わんばかりに、でかく出てきたね。
「頼もしいねぇ。あんたが入ると店の雰囲気が変わるよ。いつ見ても男前だよ。酸いも甘いも知ってるし、寸分の狂いもないサイジング。クラシックでもなければ、モードでもない絶妙な立ち位置。世界に一つしかないコートだよ。長年 可愛がってるんだから、俺にもなんか見返りチョーダイ。」
そんな感じで、シーラップが入って1週間が過ぎた。いつもなら余裕かまして、11月に紹介してるんだけど、ニューモデルなんかは早く紹介しないとなくなっちゃいそうなので、今年は早速紹介していくよ。」
P1080209%20%28480x360%29.jpg
P1080210%20%28480x360%29.jpg
P1080212%20%28480x360%29.jpg
P1080213%20%28480x360%29.jpg
P1080214%20%28480x360%29.jpg
P1080215%20%28480x360%29.jpg
今日は新しき定番かな。アルバーノでは初登場のモッズコート。シーラップのモッズは過去にも扱ってきたけど、今回のはカッチョイイ。
一昔前 ラグジュアリーブランドPのナイロンコートをプロダクトしたことで話題になったけど、それを彷彿させるようなナイロンモッズ。
アルバーノではクラシック定番をベースにしてきたけど、このナイフの様にキレキレにとんがったスタイリングもイイネ。グッドプロポーション。文句があるなら俺に言え。
家具で言えば、コルビュジェやパントンのヴィンテージ。ヨダレ タラ~。
コート職人集団シーラップ。地味で器用で玄人受け。
そんないきなり殿堂入りしそうなモッズ。
ブラックナイロン。裏には脱着可能なダウン。フードにワイヤーが入って形が変わる。
(自称フード評論家の我が相棒のお墨付き。)
360°回ってみてよ。今の新しいメンズスタイルに、今までのメンズスタイルに。
時代を超越するモッズ。
今日はこのへんにしとくよ。終わりがなさそうだから。

2017年10月02日

シャツはアートだ・2-ギ・ローバー

Brand:新入荷

P1080181%20%28480x360%29.jpg
P1080186%20%28480x360%29.jpg
P1080189%20%28480x360%29.jpg
嵐のような金・土・日が終わった。金曜日朝 シーラップ20ケース到着。
店内に積みあがったシーラップタワー。圧巻そして、期待と不安。ザワ、ザワ、ザワ…。
100着弱に埋もれながら、悪戦苦闘。1モデル1モデルに袖を通し、毎年恒例の完成度チェック。
毎年のことであるが、ミニマルな美に酔いしれる。
そして、土・日。ここはまるでコートショップか?シーラップが飛び交う。ころがりっ放し。お客様試着しっぱなし。あるころから感嘆のため息。余韻に浸りながら東奔西走。アルバーノだけがウインター。
アレもいいけど、コレもいい。もうリンダ?迷っちゃう~。
「おいおい、そんなに飛ばすなよ。そんな人気者にならなくていいから。」
本音がもれる。複雑な心境。
有難いよ。うれしいよ。でも、シーラップはいつものシーラップのペースでいい。まだ秋は始まったばかり。異様な熱気を感じた3日間が終わった。
ここからが本題。今日はシャツはアート。
P1080190%20%28480x360%29.jpg
P1080191%20%28480x360%29.jpg
P1080192%20%28480x360%29.jpg
P1080193%20%28480x360%29.jpg
P1080179%20%28480x360%29.jpg
P1080180%20%28480x360%29.jpg
P1080182%20%28480x360%29.jpg
P1080183%20%28480x360%29.jpg
P1080184%20%28480x360%29.jpg
P1080185%20%28480x360%29.jpg
P1080187%20%28480x360%29.jpg
P1080188%20%28480x360%29.jpg
ギ・ローバーの新作。今回はカッタウェイの襟ではない。
少し角度がある正統派。丈は短く、シーズンレスで着られる。
ジャージーシャツと布帛のシャツ。
布帛シャツからダークブルーに同色のストライプの織り。100%コットン。
続いて同じネイビーのストライプ。これもコットン100。
3枚目 ブラウンのジャージーシャツ。ギ・ローバーお得意の鹿の子っぽい素材のシャツ。色は、ダークブラウン。
ラストは、白のジャージーシャツ。
安心感のあるギ・ローバーのシャツ。ジャケットのインナーはシックに合わせるのもいい。

2017年09月28日

緊急速報!

Brand:新入荷

気温もようやく20度に近づいてきました。
毎年 この時期になると連日TEL、メールで「シーラップの入荷はいつ?」というシュプレヒコール(同じ台詞を繰り返す)が起こるのが、風物詩となっております。
いつも9月末から10月アタマとお伝えしておりますが…、

明日 29日に当店に到着の予定です。

MEN'S全量、LADIESは1型を残して到着します。
一足早いシーラップの紅葉で、アルバーノは覆われるでしょう。
ただし、店内出す場所も考えておりません。
多少のスペースはとれそうですが、かなりお見苦しい状況、洋服のドンキ状態(シーラップがなくてもすでにそう。)になることは予想されます。
定番ロングPコート、アルバーノエクスクルーシブのトレンチコート、ウールステンカラーの他にもニューモデル、ダウン系まで充実したラインナップになる模様です。
それとご予約頂いている方には、すでに連絡は済ませております。
もし、「予約してるのに、まだ連絡がないぞ。」という方はお知らせ下さい。

追伸:エリコフォルミコラのシャツ、サンタニエッロのチェスターコート、アスペジダウンベスト、デ・ペトリロのステンカラーコートは入荷いたしました。
今季 アルバーノ初登場のequipe'70(エキップ’70)のアウターも、シーラップと同じく明日29日到着
いたします。


2017年09月26日

新しい挑戦-SANTANIELLO・2

Brand:新入荷

P1080167%20%28480x360%29.jpg
P1080172%20%28480x360%29.jpg
P1080171%20%28480x360%29.jpg
P1080173%20%28480x360%29.jpg
スタッフブログをアップしました。ぜひ読んでね。
まず、言っておくけど、僕は決してフィーゴの回し者じゃないよ。
だって、そんなにもらってないから。(ジョーク、ジョーク)
でも、ホント長い付き合いだから、アスペジ、ハンコックを皮切りに念願のクロージングが復活したことは、素直にうれしい。
オ・カ・エ・リ・ナ・サ・イ。
そして、お土産に持ってきたブランドに、僕はノックアウト。
イヤ、マジで期待していなかった。服の作りに詳しい訳ではないけど、イタリア服のスタイリング、フォルムに異常なくらい神経質な僕が、心を奪われたんだ。
イタリア服にかたくなにこだわり続けてきたけど、このプライスにしてこの雰囲気を出すとは…。
流石 フィーゴと言わざるをえない。(ホンマに回し者じゃないよ。)
どこがやろうがいいんだけど、こんなイタリア服は今までなかったし、巡り合わなかったもんなぁ。
そんなサンタニエッロ、まだお客様の顔は見えない。
いきなりブレイクも期待してないけど、少しづつでも日本市場に浸透していけば面白い。
僕の想いは、イタリア服初心者へのアプローチとしての価格戦略はモチロン、上級者の方にも生地によっては(エクスクルーシブも多い)、取り入れてもらえると期待している。
ちょっと思い切りが必要な色・柄でも、このプライスなら取り入れてもらえる。
P1080175%20%28480x360%29.jpg
P1080162%20%28480x360%29.jpg
P1080163%20%28480x360%29.jpg
P1080174%20%28480x360%29.jpg
P1080168%20%28480x360%29.jpg
P1080170%20%28480x360%29.jpg
今日は、ジャケット編。とりあえず1型2色。
モデルは、3ボタン・2パッチモデル。アンコン仕様。
後染めの柔らかなウール・ポリ素材。
色は、グレージュとブラウン。どちらも上品な色。
着方は自由。シャツ、カットソー、ニット何でもO.K。
リッチな大人の佇まい。

2017年09月22日

新しい挑戦-SANTANIELLO・1

Brand:新入荷

P1080143%20%28480x360%29.jpg
P1080144%20%28480x360%29.jpg
P1080146%20%28480x360%29.jpg
P1080147%20%28480x360%29.jpg
アルバーノが価格第一主義のショップであることは、皆様ご存知だろう。それなりに安くて、カッコイイ服は大歓迎よ。
ドンドンやっていきたいけど、世の中そんなに甘くない。
イタリアのジャケットブランド。良い、安いと聞いてショールームで見たブランド数知れず。
「こりゃダメだ。」 「まぁ 悪くはないけど、僕の気持ちが入らないだろうなぁ。もう一押しが…。」
そんなこんなの繰り返しで、一線を超えるようなブランドとの出会いは残念ながらなかった。
今日 紹介する新人サンタニエッロ(パンツはやったことがあるけど)の、クロージングとの出会いの話は長くなりそうなので、スタッフブログに書きます。(その時は読んでね。)
仕掛けたのは、フェリージを扱うフィーゴ。新しい価格戦略。
僕が初めて一線を超えてしまったスタイリング。僕は服作りの深いところまで詳しく知っている訳ではない。
全ては感覚とひらめきでモノをとらえる。カッコイイものはカッコイイ。良いか普通か悪いか。
今シーズン アルバーノのクロージングリストに入れた。長い付き合いのフィーゴがやったからではない。そんな義理ビジネスはやらない。
新しい挑戦。僕にはこの服の向こうにいろんなドラマがチラつく。モチロン主人公は皆様。でも、まだ顔までは見えない。反響を見守ろう。
P1080152%20%28360x480%29.jpg
P1080149%20%28480x360%29.jpg
P1080148%20%28480x360%29.jpg
P1080150%20%28480x360%29.jpg
P1080142%20%28480x360%29.jpg
P1080145%20%28480x360%29.jpg
P1080153%20%28480x360%29.jpg
サンタニエッロのスーツ。カジュアルな生地のものも面白いんだけど、カジュアルはジャケットにして、スーツはビジネス仕様をセレクト。
ベーシックな紺とグレー。ウール・ポリのストレッチ素材。
僕が気に入ったのは、やはり高いのぼりから上衿の吸いつき。胸のドレープ。
パンツは、1プリーツのオーソドックスなモデル。イタリアの香りが漂う。この雰囲気で、スーツが8万円台。イタリアのスーツとしては、かな~りリーズナブル。
次回は、ジャケットをご紹介します。
これからのサンタニエッロ、要注目。

◀ Back 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.