ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2018年03月22日

売れる服の方程式-GABO・1

Brand:新入荷

P1090276%20%28480x360%29.jpg
P1090262%20%28480x360%29.jpg
P1090270%20%28480x360%29.jpg
P1090258%20%28480x360%29.jpg
P1090275%20%28480x360%29.jpg
P1090245%20%28360x480%29.jpg
P1090251%20%28480x360%29.jpg
この春が待ち遠しかった。一刻も早く皆さんに知らせたかった。
来店された方には話してたんだけど、この春のスクープ。
僕もうれしいし、皆さんも喜んでくれるだろう。
何の話かって?はい、GABO Napoliが生まれ変わったんです。
当店を知る方ならご存知であろう。ナポリの新進ファクトリーブランド「GABO」。
2015年始めたいきさつをブログで書いた。それから2年が経つ。
常連さんから高評価を得ていたが、アルバーノが求める条件とはズレがあった。
過去のGABOは、一部のお客様のものだった。
代理店が変わり、風向きが変わった。追い風だ。神風が吹いた。
扱いにくくなっていくインポートブランドが多い中、GABOとの距離は縮まった。
僕の乏しい経験からだけど、僕の考える売れる服の方程式があるんだ。
久しぶりだなぁ。方程式にピタリッ!はまった。
例えれば、「ひねくれ者で、見栄っ張りで、金のないモテたい男が欲しいと思う服」かなぁ。ぼくのこと。庶民派の僕が買いたいかどうかだ。
方程式については、今後GABOを紹介するなかでお話していきます。
インポートって代理店が変わると、多かれ少なかれ変わるもんです。
GABOは何も変わってない。大きく変わったんだけど変わってない?
今 目の前にあるGABOは、皆さんのGABOになったんだ。
入荷して2週間が経つ。新たなGABOのスタートだ。
ナポリの古き良き伝統的スタイルに味付けられたモダンなスタイル。美しい。完成されている。
P1090271%20%28360x480%29.jpg
P1090272%20%28480x360%29.jpg
P1090260%20%28480x360%29.jpg
P1090261%20%28480x360%29.jpg
P1090273%20%28360x480%29.jpg
P1090274%20%28480x360%29.jpg
P1090264%20%28480x360%29.jpg
P1090266%20%28480x360%29.jpg
今日は、挨拶代わりにジャケット、スーツを1型ずつ。
大きく変わった点、これを待っていた。ジャパンフィットモデル“VESUVIO”誕生。
今までのGABOはアームが太く、ボディも若干大きかった。
体に厚みがある人向けだったのが、アームホールを狭く、ウエスト一を高く細身に修正された。
今 日本で展開されているイタリアブランドのサイズ感に近づけた。
もちろん着心地、首から肩の美しいラインに変わりはない。
このモデルでほぼオーダーしている。
まずは、ジャケット。3ボタンのホップサック調のブラウン。
ボディに着せた写真は、茶色の感じが出てないね。
スーツは、ベーシックなポプリンのダークネイビー。パンツはノータック。
僕の気持ちの高鳴りが、なぜかまわりくどい表現になってしまったかな。
それだけ僕のGABOへの気持ちの入り方がハンパないということをわかって欲しい。
とにかく、このナポリのぬくもりを皆さんに試してもらいたい!
『考えるな、感じろ! GABO』(2015年のブログより)


2018年03月19日

臨時休業のお知らせ

Brand:店舗情報

誠に勝手ながら都合により20日(火)休ませていただきます。
なお、21日(水)春分の日は、通常通り営業いたします。

2018年03月16日

アルバーノ女子部員の皆さんへ、アルバ子より

Brand:新入荷

この冬は寒かった。ホント寒かった!駐車場の雪かきしんどかった。
寒いのが非常に苦手な私達にとってはツライ冬でした。
いつまでこの寒さが続くのだろうか??と思っていたら、一気に春突入の陽気だよ。
アルバーノ女子部員の皆々様も冬眠から目覚めたことでしょう。
そこで、「春だよ!全員集合!!」と声高らかに言いたいところでありますが…。
その前にレディースの入荷状況ですね。
メンズは着々と入荷しておるのですが、レディースは着々とも入荷していない。というところであります。50%入荷しているのだろうか?
よもやこの時点でキャンセルなんて言わないで欲しい!と願う毎日であります。
そんなことはないに違いない、そんなことあったら暴れてやる!

P1090224%20%28360x480%29.jpg
P1090225%20%28360x480%29.jpg
P1090226%20%28360x480%29.jpg
P1090227%20%28360x480%29.jpg
P1090228%20%28360x480%29.jpg
P1090229%20%28360x480%29.jpg
只今入荷しているものは、今季からスタートします。「CIRCORO」がジャケット2型、パンツ、ワンピース。お馴染みの「INCOTEX」は、パンツ3型、スカート1型。パンツブランドの「VIGANO」は、パンツ3型。ニットブランド「GRANSASSO」カットジャケット1型、カットソー2型、「ZANONE」ギンガムクルーネックカーディガン1型、カットソー2型こんな感じでしょうか。
まだ、INCOTEX、ZANONE、CIRCOROは全量入荷しておりません。
今季から始めますシャツブランド「GIANNETTO」、この冬より始めて評判が良かったカジュアルパンツの「NINE IN THE MORNING」まだ入荷しておりません。
一日も早く女子部の活動をフル回転で始めたいデス。
女子部員の皆さん 準備運動を入念に行って、活動開始に備えて下さいね。

2018年03月15日

男の色気は南のアンコン-デ・ペトリロ

Brand:新入荷

P1090208%20%28480x360%29.jpg
P1090209%20%28480x360%29.jpg
P1090206%20%28480x360%29.jpg
P1090207%20%28480x360%29.jpg
P1090202%20%28480x360%29.jpg
P1090205%20%28480x360%29.jpg
春物が出揃ってきた。来客が増えてきた。SPRING HAS COME。
しかし、僕は未だ来秋冬のオーダーで迷走中。
最近 初来店された時にシーラップのコートに魅了された方が、再来店。
「今から簡単に羽織れるいいアウター なんかない?」
あるにはあります。でも、僕の頭に浮かぶのは、条件反射でアンコンジャケット。
確かその方は僕の記憶では、「ジャケットはほとんど着ないよ。カッチリした印象になるでしょ。」と言っていた。
スタイルもいい。アダルティな雰囲気漂う40代。靴や時計には妥協しない。
けど、ジャケットには無頓着。(素材にはうるさいんだけど。)
そんな考えの方をたくさん見てきた。人には人のスタイル(好み)がある。それは判る。
「軽くてカッコイイジャケットいってみましょうよ。もったいないっスよ。ジャケットに興味ないなんて。
このジャケットを羽織られたら、多分天下とった気分になりますよ。僕のような小柄な男はコンプレックスを隠す為、イタリアのジャケットに助けてもらってるんですから。」
もうそんなことばっかり言ってるから、イヤがられるんだろうなぁ。(人によってだけど。)
P1090218%20%28480x360%29.jpg
P1090211%20%28480x360%29.jpg
P1090212%20%28480x360%29.jpg
P1090219%20%28480x360%29.jpg
P1090214%20%28480x360%29.jpg
P1090215%20%28480x360%29.jpg
P1090220%20%28480x360%29.jpg
P1090216%20%28480x360%29.jpg
P1090217%20%28480x360%29.jpg
そんな訳で、今日はあなたを変えてくれます、デ・ペトリロ流アンコンジャケット。
ナポリにはアンコンという概念はないんじゃないかな。テーラードを軽くしなやかに作るのがナポリ流。芯がないのはシャツ屋が作るもの。
ところが、ベニーさんはガイオラ時代から日本人が喜ぶナポリ流アンコンジャケットにトライしてきた。
ボリオリのアンコン「ドーヴァー」は革命を起こした。どのブランドもボリオリのドーヴァーの残像を追いかけた。
ドーヴァーは素晴らしい傑作だけど、デ・ペトリロのアンコンはサルト風味のワンアンドオンリー。
ドーヴァーを意識していない。そこんところが僕のツボに入った。着まくっております。
構築感とヌケ感を持つ。合わせ技一本。合わせ方次第。
そして、色気という隠し味。これは、ナポリの血だな。男の色気を手っ取り早く手に入れたい方は、デ・ペトリロ、NUVOLAラインに袖を通すべき。
僕の長年の守り神。僕も振りまいてますよ。惜しげもなく。(誰に?もしかして、オヤジ臭?)
たまには自意識過剰もいいじゃないですか。
そんな色気充満ノックアウトアンコンジャケット、3マークほど。
まずは、はっきり言って去年もやりました。今年もリピート。
コットンリネン、バスケット織り。微光沢ブルーネイビーがSEXY度アップ。
次は、超ベーシック、紺のポプリン。強撚でシワになりにくい。好きに着まわして下さい。
ラストは、紺のギンガムベースにオレンジ風ペンのオーバーチェック。コットンリネン。着てみると案外おとなしい。
しつこく言います。男の色気UPには、ナポリのデ・ペトリロのアンコンジャケットに袖を通すことです!

2018年03月05日

ようやく春物の登場-アスペジ

Brand:新入荷

P1090158%20%28480x360%29.jpg
P1090160%20%28480x360%29.jpg
P1090162%20%28480x360%29.jpg
来秋冬のオーダーがほぼ終わろうとしている。
無い頭をフルに絞って、オーダーという儀式に全力投球した2月が終わった。
数日前 取引先からの電話。
「誠に申し訳ございませんが、アルバーノさんがオーダーされた生地のほとんどがドロップで生産出来ないという連絡がきまして…。」
茫然自失。ギリギリまで熟考したオーダーが、キャンセルだって?!
もう一度 振り出しに戻る。
まぁ たまにある話よ。大切に考えているブランドなので、もう一度冷静に、出来る生地からセレクトするしかないさ。あせるな。あせるな。
春のスタートはきったものの、まだ2月の余韻は残る。
華々しく3月のスタートをきりたかったが、そうは問屋がおろさない、今からが商品入荷のピーク。
今は辛抱の時。
P1090167%20%28360x480%29.jpg
P1090166%20%28480x360%29.jpg
P1090165%20%28360x480%29.jpg
P1090163%20%28480x360%29.jpg
春のスタートはアウターのアスペジから。M65は結構行き渡ってると思う。
そんな訳で、今春はアスペジからこんなものをチョイスした。
フード付きナイロンジャケット。これは昔から継続のモデル。
フードをとったら、ただのナイロンジャケット。だけど、カタチはイイよ。
イタリアらしい。スタイリングの良さ。勿論 フードを付けたら、ただのブルゾン。
色は、ダークグレーっぽいグリーン。ライトの当たり方によって見え方が違う。
もう一つ バルスタリーノモデル。これは初めてだ。
ウォッシュドコットン。色は紺。
M65は2色入荷してます。


◀ Back 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.