ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2016年11月23日

臨時休業のお知らせ

Brand:店舗情報

誠に勝手ながら、明日24日(木)は展示会出張の為休ませていただきます。

2016年11月21日

シャツはアートだ・3

Brand:新入荷

P1060194%20%28480x360%29.jpg
P1060192%20%28480x360%29.jpg
P1060200%20%28480x360%29.jpg
P1060202%20%28480x360%29.jpg
P1060205%20%28480x360%29.jpg
P1060208%20%28480x360%29.jpg
P1060210%20%28480x360%29.jpg
P1060213%20%28480x360%29.jpg
P1060215%20%28480x360%29.jpg
P1060217%20%28480x360%29.jpg
19、20日の土日は、様々な人間模様があった。
今秋冬のターニングポイント。そう感じた。それはいつ訪れるかわからない。
商いは、期待しても思い通りにいかないもの。ただ、準備だけはしとかないとね。
数か月前からアポイントをもらっていた神戸のゲストの来店。4度目かな。
久しぶりの再会。いつもの彼らしいスマイルは、店内の張りつめた空気を和ませた。
2泊3日のアルバーノの旅。富山の旅じゃないんだ。
アルバーノに来るのを許してくれた家族に、感謝の気持ちを忘れない家族想いの優しい男。
丸2日間、彼は3番目の店員のように店内の状況を見つめながら、自分の目的と向き合っていた。(誰でも自分のペースで見たい時ってあるよね。)
ようやく客がひけ、彼との時間が持てた。僕達は話に花が咲き、食事のことも忘れていた。
「ネットやS.N.Sも便利だけど、服を買う時は試着を愉しみ、時間をかけて悩み、店員とたわいのない話をしたりと、その過程(服を買うストーリー)を愉しむことが醍醐味だからね。」
「それを忘れたら、世も終わりですよ。」
気がついたら、10時をまわっていた。彼が、帰り際に言った。
「もう一日欲しかったな。」
僕達のような店には、このうえもない誉め言葉に感じた。
「今度は寿司屋に行きましょうね。」
いろんなドラマがあった土・日だった。
P1060222%20%28480x360%29.jpg
P1060223%20%28480x360%29.jpg
P1060224%20%28480x360%29.jpg
P1060225%20%28480x360%29.jpg
P1060226%20%28480x360%29.jpg
P1060228%20%28480x360%29.jpg
P1060229%20%28480x360%29.jpg
P1060230%20%28480x360%29.jpg
P1060231%20%28480x360%29.jpg
P1060232%20%28480x360%29.jpg
翌日 営業主任来店で、早速撮影会。
今日は久しぶりにシャツ行こう。最近は、あまり調子良くないんだ。
まぁ、防寒に向かう時季だからしょうがないんだけど。
でも、いいシャツ残ってるね~。今シーズン初登場かな、ギ・ローバー。
サクサク、主任のスナップで。モデル皆同じのワイドカラー。
まずは、アイボリーの細かい織り。次は、ソフトネル、ブラックチェック。
3番目は、赤×紺×白の大柄チェック。4番目、これはドレスシャツ(洗いナシ)。
ブルーのクレリックにハートの小紋。最後は、オールシーズンタイプのネイビードット。

2016年11月17日

シーラップ愛・1-トレンチコート

Brand:新入荷

P1060120%20%28480x360%29.jpg
P1060119%20%28480x360%29.jpg
P1060118%20%28480x360%29.jpg
P1060121%20%28480x360%29.jpg
P1060125%20%28480x360%29.jpg
P1060162%20%28480x360%29.jpg
P1060155%20%28480x360%29%20%282%29.jpg
P1060153%20%28480x360%29.jpg
P1060151%20%28480x360%29.jpg
P1060163%20%28480x360%29.jpg
P1060168%20%28480x360%29.jpg
11月ももう中旬。そろそろコートが恋しくなってきましたね。
代理店の元担当者(男にモテるとのウワサも…。)からTEL。
「今日近くのセレクトショップでシーラップのフェアーやってたんです。沢山ありましたよ。シーラップ愛のアルバーノさんは、お祭りやんないんですか。?」
「お任せ下さい。愛があれば、お祭りなんて必要はない。この時期はいつもシーラップに埋もれてるから。ステンカラーだったよね。でも、サイズ売れちゃったかな。」
「どんなのがいいか迷ってるんですよ。」
「とにかく送り付けるから、着てみてよ。」
ネットショップはやらないけど、知る人は知っている。アルバーノ名物“送りつけ商法”。
その実態は?“富山の置き薬”よろしく“富山の一日置きイタリア服”。
当店の定休日の水曜日に服を貸し出す。遠方で店に来られない人の為に考えられた移動店舗のようなもんです。アナログやなぁ。
その人の雰囲気をイメージして、合いそうなものを独断と偏見でチョイスし(お客様のリクエストももちろん聞きます。)、送りつける。
服は着てみないとわかりまへん。さやさかいどんどん試着してもらいます。
そこから気に入ったものがあれば抜いて、返却してもらう。とられた分を清算するシステム。
お客様との信頼関係があっての商法であります。
ちょっと余談になりましたが、彼がぬいてくれたのがシーラップのトレンチコート。
ありがとうございます。いただきました★三つ!
P1060172%20%28360x480%29.jpg
P1060171%20%28360x480%29.jpg

P1060173%20%28360x480%29.jpg
P1060175%20%28480x360%29.jpg

P1060176%20%28480x360%29.jpg
P1060177%20%28480x360%29.jpg
P1060179%20%28480x360%29.jpg
P1060180%20%28480x360%29.jpg
P1060181%20%28480x360%29.jpg
P1060187%20%28480x360%29.jpg
P1060186%20%28480x360%29.jpg
P1060185%20%28480x360%29.jpg
ようやくシーラップを紹介するタイミングとなってきました。うずうずしてました。
まずアイサツ代わりに、シーラップトレンチコート、「アルバーノモデル」。
昨年は存続の危機もありましたが、今年初めの展示会でシーラップ社の社長に直談判の結果、無事継続の約束をもらいました。メデタシ、メデタシ。
このHPを立ち上げて7年。ヒマの方は巻き戻してみて下さい。
毎年、毎年11月になれば、飽きもせず同じポーズで、このトレンチを着るワンパターンな僕が写っているはずです。10年はたちますね。
何でこのトレンチにこだわる?何ですかね。使命ですね。
でも、10年経って今なお健在。サイジング、スタイリング、何も変わっていません。古臭くならないんです。それが答えです。
一生着られるとは言いません。でも、シンプルな美、ミニマルな美は永遠じゃないですか。
もし、それが古くなり、着なくなったら、捨てられますか?僕は捨てられないでしょう。
武骨であり、スタイリッシュ。それはシーラップにしか作り出せない世界観だと信じます。
今回は定番ボンディングコットンから、黒・濃紺。
そして、コットン×ポリのライトベージュ。お馴染みの赤のライニングがついてます。襟の開け方も3段階くらいで調整できますよ。
冒頭の着こなし対決。営業主任にはかないませんわ。
ちなみに僕が着ているのはワンサイズ大きいもの。(負け惜しみ。)
僕も愛用しております、このトレンチ。
世の中がどう変わろうが、ボロボロになろうが、こいつとはずっとつきあっていくだろう。

2016年11月11日

主役はジレ-NILO

Brand:

P1060140%20%28480x360%29.jpg
P1060141%20%28480x360%29.jpg
P1060144%20%28480x360%29.jpg
P1060136%20%28480x360%29.jpg
P1060135%20%28480x360%29.jpg
P1060134%20%28480x360%29.jpg
いろんなお客様がいる。面白いよね。僕達は仕事を通して、いろんな方の人生を見てきた。
僕が選んだものが皆様の小さな幸せになることを願って。
彼は、シーズンに2、3度現れる。もう20年位の付き合いになるのかな。数年姿を見ない時期もあった。僕は彼の個人情報、プライベートを知らない。
ぼくとつな感じ。口数は少ない。初めて来られた時から、まったく変わってない。当時20歳位だったとすれば、今は40位なのかな。生活感がにじみ出て、変わっていく人は多いよ。
僕は自らお客様のプライベートにふれないことをルールにしている。彼はいつも目的もなくあらわれ、
何か心に響くものがないか淡々と服を吟味する。
彼との距離感、スタンスは暗黙の了解。20年も見てれば、彼の嗜好は予測がつく。あまり踏み込まず、本人の感覚に任せる。(彼もそれを望んでいるはず。)
もし気に入ったものがあれば、試着してもらう。後は、彼のイメージを膨らませるヒント、言葉を探すのが僕の使命だ。そんなクールな距離感もいいよ。いいものが見つかった時は、彼の表情もゆるむ。言葉に出さなくても、お互いの信頼感がとりもつ20年だろう。
P1060145%20%28480x360%29.jpg
P1060146%20%28480x360%29.jpg
P1060147%20%28480x360%29.jpg
P1060148%20%28480x360%29.jpg
P1060149%20%28480x360%29.jpg
P1060150%20%28480x360%29.jpg
今日は、彼もトリコにしたNILOのジレ。ジレ専門の職人。ホントにここんちのジレは、ジャケットファクトリーやカジュアルブランドのジレとは、スピリットが違う。生地がヴィンテージだから?それもあるけど、とにかく着て感じてみて欲しい。きっとそのシルエットに、一般のジレとの違いを感じてもらえるはず。
ジレが主役をはれるんだ!シャツでもいい、タートルでもいい。Tシャツでもいい。合わせてくれ。ジャケットは脱いでいいよ。
僕は初めて袖を通した時、このジレの存在価値を理解した。
昨年と同じだけど(昨年は即完売。)、渋シックなジャガード。バリバリのヴィンテージ。バラのコーデュロイ。ビューティフルカジュアル。一番無難なブラウンジャガード。
NILOのジレが新しいカジュアルスタイルを提案してくれる。

2016年11月08日

風格のネオナポリサルト-デ・ペトリロ・2

Brand:新入荷

P1060094%20%28480x360%29.jpg
P1060092%20%28480x360%29.jpg
P1060095%20%28480x360%29.jpg
P1060097%20%28480x360%29.jpg
P1060102%20%28480x360%29.jpg
P1060104%20%28480x360%29.jpg
P1060106%20%28480x360%29.jpg
P1060113%20%28480x360%29.jpg
気がついたらカフェの状況も変わってきたね。オリジナルな焙煎で一杯ずつ入れるスタイル。
今までのコーヒーマシンやエスプレッソのスタイルとは、ちと違う。本格的な味を求めて、人はカフェを選ぶ時代なのか。サードウエイブ。勝ち組世界的ナショナルチェーンもうかうかしてられなくなってきた。
15年位前のカフェブーム。複合カフェなんて言って、ショップインカフェが広まった。セレクトショップもカフェを併設。ファッションとカフェの融合。インテリア・音楽等の雰囲気作りがその店のセンスを左右していた。
しかし、資本投資、人件費等を考えると、決して運営は楽じゃなかったはず。足を引っ張って辞めていったカフェがほとんど。
昔から喫茶店好きの僕もブームに乗ったカタチ(自分ではそんなつもりはなかったんだけど。)で、2Fで8年営業した。なんとかトントンでやってたけど、洋服屋の状況もあり、後ろ髪をひかれる想いで閉店した。自分でそこまで気が回らなくなった。
やめて結構経つけど、今でも喫茶店に対する情熱は強いものがある。
こんなスタイルもいいし、あんなスタイルもいい。欲張りだ。今の喫茶事情なんてどうでもいいけど、僕は自分なりの居心地を追い求めている。
そんなタイミングで、今回手を挙げてくれる人が現れた。空間作りは僕に任せると言ってくれた。ちょっと急な展開に、今 四苦八苦している。それが、新しいプロジェクト。また状況報告するよ。
P1060114%20%28360x480%29.jpg
P1060115%20%28360x480%29.jpg
P1060116%20%28360x480%29.jpg
P1060117%20%28360x480%29.jpg
P1060091%20%28480x360%29.jpg
P1060093%20%28480x360%29.jpg
P1060096%20%28480x360%29.jpg
P1060098%20%28480x360%29.jpg
P1060100%20%28480x360%29.jpg
P1060103%20%28480x360%29.jpg
P1060110%20%28480x360%29.jpg
P1060111%20%28480x360%29.jpg
さて、本業の洋服。デ・ペトリロ。入荷は全て終わっている。
あとは売っていくだけだ。クラシックナポリラインとアンコンNUVOLAライン。
ジャケットは、NUVOLA。前回のエリコ・フォルミコラのジャケットと作りは同じ。でも、デザインは別物。好みは人それぞれだけど、デ・ペトリロが生み出した最新アンコンモデル。ハンドも盛り込んだアンコンは、ナポリ流儀。2マーク紹介するけど、どちらもツィード、ネイビー。ちょっと似てるかなぁ。織り感は違うけど、タイプ的には同タイプ。最初の方はやわらかいけど、粗いツィード。カラーはダークネイビー。後の方は細かい織りの薄手の生地。パープルのネップも入っている。両方共ビジネスもO.Kでしょう。
続いて、スーツ。ナポリモデル。安定感あるカッコ良さ。
ダークネイビー。細かい柄のサキソニー。オーセンティック。
もう一つは、1cmピッチのピンストライプ。3シーズンタイプ。キリっとした印象がシープな柄とマッチします。

◀ Back 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.