ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2020年04月14日

名店からの贈り物とフェリージ幻の9841

Brand:新入荷

DSCN1484%20%28480x360%29.jpg
DSCN1485%20%28480x360%29.jpg
DSCN1486%20%28480x360%29.jpg
DSCN1487%20%28480x360%29.jpg
DSCN1488%20%28480x360%29.jpg
DSCN1489%20%28480x360%29.jpg
届いたよ。届きましたよ。例の代物。ありがとね。うれしいなぁ。
もう閉店してしまったけど、青山の骨董通りの一本裏通りに、ひっそりと店を構えていた幻の隠れ家ショップ。
バブル真っ只中にOPENしたこの店は、今でも僕の憧れの店であり、脳裏に深く焼きついている。
店内には真っ赤なイタリアのヴィンテージカーが鎮座し、出迎えてくれた。
大人の夢と憧れ、遊び心が詰まった空間。LA GAZETTA 1987。
そこにはフェリージのバッグ、ゴルフバッグ、自転車などがちりばめられ、シャパルのレーシンググッズが置かれ、イタリアの服があふれていた。
まさに、不良オヤジのためのテーマパークとも言えるような店。
そんなオーナーの好きなオモチャがあちこちに置かれた店内の一角に、このオーディオセットは飾られていた。
イタリアのミッドセンチュリー。あのカスティリオーニ兄弟(有名なアルコのライト等)が、デザインしたオーディオの名作RR126。
雑誌では幾度となく目にしていたが、実物はここでしか見られなかった。
店が無くなって行き場を失ったこの名作は、フィーゴのストックに置かれていた。
担当のSさんが、「これ処分しようと思うんだけど、長谷川さん気に入ってたみたいだから…。」
「あぁ、いくらでも引き取るよ。僕が、アルバーノが受け継ぐよ。」
という訳で、いただくことになった。
どこに置こうか等全く考えもせず、これがくれば店内が狭くなることはわかっていたんだけど、これを置くことでLA GAZETTAの精神を少しでも引き継げる。イタリアのヴィンテージ家具、雑貨に目がない僕には最高のプレゼントだった。
DSCN1474%20%28480x360%29.jpg
DSCN1475%20%28480x360%29.jpg
DSCN1476%20%28480x360%29.jpg
DSCN1477%20%28480x360%29.jpg
DSCN1478%20%28480x360%29.jpg
DSCN1479%20%28480x360%29.jpg
DSCN1480%20%28480x360%29.jpg
DSCN1481%20%28480x360%29.jpg
DSCN1482%20%28480x360%29.jpg
さて、今日は頂いたフィーゴさんに敬意を表して、フェリージを。
それもワンシーズンだけ復活した幻の9841。(このバッグを前から見ておられる方は、よくおわかりかと…。) レザーのコンビネーションのタイプ。
MUD(ドロっぽい色)×黒のコンビ。ムチャクチャ シック!
ダークブラウン×ミディアムブラウンのコンビ。普通にお洒落なコンビ。
ライトブラウン×ダークブラウンのコンビ。実は、これは前から残ってるんだけど、一番かっこいい!と手にとる方は多い。こんなの残るんだから…。どなたかいかがですか?
フェリージらしい存在感抜群の9841。
またいつか出会うその日まで…。あと3点になりました。


2020年04月11日

さらなる高みに-ティト・アレグレット

Brand:新入荷

DSCN1443%20%28480x360%29.jpg
DSCN1451%20%28480x360%29.jpg
DSCN1466%20%28480x360%29.jpg
DSCN1471%20%28480x360%29.jpg
7都府県に緊急事態宣言が出され、富山の街も一段と静かになったように感じます。
アルバーノは、今のところはいつも通りに営業しております。
春夏モノに埋もれていますので(新旧含めてですが…。)、新しい出会い、発見をしたい方は、いらして下さい。
洋服に触れ、試着することで、数時間は現実逃避できますよ。
ファッションは、気分を変えるものです。アルバーノの安全な空間で、トリップしリフレッシュして下さい。
さて、今日はティトアレグレットの登場です。アルバーノのナポリトライアングルの一角。
ティトを扱い始めた時、このブランドは僕達の夢をカタチにできるブランドだと書きました。
ティトさんを主に、ナポリを愛するFさん、そして、縫製ファクトリーが、ナポリらしい服を追い続けています。
そこに、僕達がここはこうした方が…という要望をぶつけながら、試行錯誤してきました。
そんな数年間を経て、昨年夏 かなりナポリサルト感が漂うモデルが届けられました。
お客様のウケも良く手応えは充分ありました。
ちょっと袖の位置がやや高く、襟のカタチ等修正され、より着やすく万人ウケするモデルが完成されました。
20~30万以上出せば手に入る素晴らしいナポリ服は、沢山あるでしょう。
ただ、このプライスでナポリを感じられる既製服は、そうないと思います。
バルカポケット、ダブルステッチ、マニカカミーチャ、裾まで入るダーツ等こだわりが、満載です。
DSCN1442%20%28480x360%29.jpg
DSCN1444%20%28480x360%29.jpg
DSCN1447%20%28480x360%29.jpg
DSCN1448%20%28480x360%29.jpg
DSCN1453%20%28480x360%29.jpg
DSCN1456%20%28480x360%29.jpg
DSCN1457%20%28480x360%29.jpg
DSCN1459%20%28480x360%29.jpg
今回 ジャケット2マークです。
シルク・コットン・リネンの三者混のダークネイビー。微光沢があります。
もう一つは、ウール・リネンの軽い素材。柄はチャコールのチェックでf渋めですが、長いシーズン着用可能な感じです。

2020年04月02日

復活ORIAN

Brand:新入荷

DSCN1428%20%28480x360%29.jpg
DSCN1430%20%28480x360%29.jpg
DSCN1435%20%28480x360%29.jpg
DSCN1439%20%28480x360%29.jpg
DSCN1441%20%28480x360%29.jpg
DSCN1424%20%28480x360%29.jpg
DSCN1425%20%28480x360%29.jpg
DSCN1426%20%28480x360%29.jpg
DSCN1427%20%28480x360%29.jpg
今日は久しぶりに仕入れましたORIANのシャツジャケットを紹介します。
ある人の顔が浮かびます。 「アルバーノさんにORIANは似合わないんじゃない?」 という声が聞こえてきそうな予感。確かにフィナモレにうずもれていましたからね。
それは僕もわからなくはありません。GUY ROVERもさんざん言われてます。
「なんかさわやかすぎますもん、長谷川さんには。」 俺はナニモンや??
北のメジャーなトラッド系ブランドじゃないって?
わかってはおります。言いたいことは。でも、気に入ったんだも~ん。
確かに、南の服にこだわってはきました。(意識的に。)
そのクセすごく高価なモノには手を出さない。出せない。
とにかくわかりやすいブランドも必要ですもん。って言うか、カッコ良かったから仕入れたんですよ。
端正でスタイリッシュ。カジュアルはそれでいいんですよ。爽やかイタリアン。
もう少しオーダーしたはずなんですけど、とりあえず2マーク。
ORIANなら間違いないでしょ。サイジングがいい。
オジさんにはあまりにもゆる~いのは、なかなか似合わない。
こんなカバーオールタイプは、シャキっとしてた方がいい。
デニム系とコットンツイルのブラウンの2型。

2020年03月28日

デペトリロ 10周年

Brand:新入荷

DSCN1408%20%28480x360%29.jpg
DSCN1410%20%28480x360%29.jpg
DSCN1418%20%28480x360%29.jpg
DSCN1420%20%28480x360%29.jpg
DSCN1423%20%28480x360%29.jpg
デ・ペトリロのジャケットに袖を通し、一人鏡と向き合う。
この高揚感は何なんだ? ただ、ただ引き込まれていく。
ジャケットが平凡な男に、色気を吹き込んでくれる。
それが、ジャケットの醍醐味だ。
Do you believe in MAGIC ?
これだからやめられない。 永遠の相棒。
色気のあるジャケットは、どんな色、どんな柄も選ばない。
超越している。怖がることはないさ。
フォルムが全てをカバーしてくれる。
それをどう着るか。それをどう料理するのは、あなた次第。
決まり事は特にない。僕達はいくらでも手助けするよ。
でも、それを考えるのは、着る人の特権。めいいっぱい楽しんで。
ペトリロの服とつきあって10年か。一部始終が心に刻まれてるよ。
ペトリロの服は、他のブランドにはできない特別なソースで味付けされる。ペトリロのアイデンティティ。
高い、安いの問題じゃない。その服の色気は、金では買えない。
DSCN1384%20%28480x360%29.jpg
DSCN1385%20%28480x360%29.jpg
DSCN1387%20%28480x360%29.jpg
DSCN1379%20%28480x360%29.jpg
DSCN1381%20%28480x360%29.jpg
DSCN1388%20%28480x360%29.jpg
DSCN1396%20%28480x360%29.jpg
DSCN1392%20%28480x360%29.jpg
DSCN1393%20%28480x360%29.jpg
今日紹介するのは、ジャケット3マーク。三者三様の生地。
まずは、紺無地。ウエイトのあるアイリッシュリネン100%。これは、芯地の入ったNAPOLI仕様にした。これなら冬の終わりごろから着られそう。
2着目は、シャイニーなグレーのウールリネン。NUVOLA、芯ナシ。だけど、張りのある生地だから、構築的なスタイルだ。
3着目は、ウール・コットン・ポリの三者混。NUVOLA仕様のライトなジャケット。ブラウンがほんのり香る感じが良い。

2020年03月19日

GABO 無事到着。夢は夜ひらく。

Brand:新入荷

DSCN1367%20%28480x360%29.jpg
僕の音楽鑑賞人生もそろそろ佳境に入ってきたのかな。
CDショップに行ってもときめくような出会いが、かなり減ってきているような。かなり聴きまくったもんなぁ。
いきつけのCAFEでCD売ってるんだけど(NOWHEREっていう店なんだど、ネットで検索してみてね。)、マスターが、「長谷川さん こんなのどうですか?」手渡されたのが、『死ぬ前に聴きたい曲を集めたコンピレーション』
「そうだよな、いつどうなるかわかんないもんね。もし自分に何かあったら、この曲かけてくれ。というのを考えとかなきゃ。」 ナンマイダ~。
「その前に家中にちらばるCDを整理処分しなさいよ。」 と、オフクロの声が聞こえる。
「わかってますがな…。」
最近 京都の祇園でBARをやってる僕のGIRLFRIEND(自分で思ってるだけだよ。)から、「店でかけるCD、なんかいいのある?」というリクエストがあり、今 考えてるんだけど、かっちょいいヤツと言われたけど…。最近の僕は、かっちょいいヤツより心を静める系の音と向き合ってるだけに、う~ん 何がいいだろう。自称音楽ソムリエとしては、腕の見せどころだよね。
さて、今日はイタリアより無事GABOが全量到着した。
なんせ直輸入してるんで、お金はモチ前払い。(ちょっと工面するのが大変。)
でも、長年これが当店のやり方なんで、できれば直輸入。
とにかくコロナウィルスで運送会社が使ってる航空会社によって、到着が遅れそうなところだったので、ホッと一安心。
肝心の中身なんだけど、実はまだ開けてない。
なんせアルバーノの屋台骨ナポリトライアングルの一角。期待がつまっている。
GABOが着いてから、春夏物の紹介を始めようと思ってたから。
ゴメンね、じらし~。
このパッキンに詰まったナポリの空気と一緒に味わいながら、GABOの服を吟味したいんだ。
人が寝静まった静かな商店街。
明かりのついたスーツ屋の奥では、一人の男がシナトラの甘い声に包まれながら、ナポリの空気と服に舌つづみをうってることだろう。

◀ Back 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.