ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2017年03月27日

ルイジボレリ、恐れるなかれ

Brand:新入荷

P1060821%20%28480x360%29.jpg
P1060819%20%28480x360%29.jpg
P1060820%20%28480x360%29.jpg
P1060817%20%28360x480%29.jpg
P1060814%20%28480x360%29.jpg
P1060815%20%28480x360%29.jpg
プライス、プライスと口うるさく書いてるくせに、HPでプライス表示しない店。ネットショップやってる訳じゃないから許してね。
ミステリアスな存在であることが、アルバーノらしい演出だと思ってもらっていい。わかりやすいのはイヤ。影のある店(人じゃなく)。
怪しい?哀愁あるじゃん。
でもさ、これでプライス知ってしまうと人間心理として、その服への興味は失せてしまうんだよね。プライスなんてなくなってしまえばいいんだ。また始まったな。イマジン、オールザピープル♪
先入観なく真っ白な状態で服と向き合おう。
どんなブランドであろうと、「プライスにこだわるアルバーノなら、何かやってくれるんじゃないか。このHPに出すからは何か意味があるんじゃないか?」
いい意味で疑って欲しい。アルバーノマジックを信じるかい?
P1060806%20%28480x360%29.jpg
P1060807%20%28480x360%29.jpg
P1060808%20%28480x360%29.jpg
P1060809%20%28480x360%29.jpg
P1060811%20%28480x360%29.jpg
P1060812%20%28480x360%29.jpg
P1060813%20%28480x360%29.jpg
そんな訳で、今日はこのシャツ。「ルイジボレリ」。大御所だ。
ホラ、皆さんの頭には、もうボレリの情報が浮かんでいるはず。
『ナポリの高級シャツ』というワード。カタチを知る人を少ないのでは?
長年付き合いのある代理店。いつもチェックはしてるんだけど、サイズ感がピンとこなくて、シャツの最終リストからはずれていた。
プライスを確認。ここはF.O.Bユーロ(商品原価)で表示されてる。直輸入し、プライス設定は自由。相場は、皆様の想像通り。3万円中ば。
ボレリならアートな生地はいらないだろう。定番生地から選べば、3万アンダーになるかも。為せば成る。アルバーノマジック炸裂!よしっ、やってみようか。
襟型は、人気のLUCIANO。ハケ目のブルー。白が2素材で、ブロードとツイル。白の方は、洗いをかけたので、オンでもオフでも使いやすい。
流石ボレリ。サイズ感もいいじゃない。タイトな肩に襟がいい雰囲気。これがボレリだぜ。
なんで今までやらなかったんだろう。僕も普通の人と同じく先入観で見ていた。
一度袖を通してみて欲しい。シャイな人はアルバーノまで来て下さい。気がついたら着せられてるよ。
当店のHPはリラックスして、先入観なく真っ白な頭で見てね。
もし、プライスが気になったら、遠慮はいりません。気軽にお問合せ下さい。
マジックにかかるかもね。

2017年03月16日

カジュアルスタイルの主役たれ-マクローレン

Brand:新入荷

P1060763%20%28480x360%29.jpg
P1060723%20%28480x360%29.jpg
P1060754%20%28360x480%29.jpg
P1060758%20%28360x480%29.jpg
P1060759%20%28360x480%29.jpg
P1060738%20%28480x360%29.jpg
P1060735%20%28480x360%29.jpg
P1060744%20%28480x360%29.jpg
P1060748%20%28480x360%29.jpg
春コート、春ニット。これが難しいんだな、この北陸。
春が短い、冬が長い。気温の問題じゃない。雪、そしてドンヨリ空。気分の問題かな。春スタイルなんかしてると、浮いちゃうんですよ。
春物仕入れは当店にとっても毎年の課題。弱っちい僕がさらに小さくなる。アウターはまだしも問題はニット。
アルバーノの柱、僕の大好きなザノーネですら躊躇する。羽織り物になると5万円コース。格好いいのはわかるけど、安くはない。
元来スーツ屋アルバーノ。カジュアルスタイルも主役はジャケット。
羽織り物に5万だすなら、7万位のジャケットを勧めてしまう。(別物なんだけどね。)
ジャケットのないカジュアルスタイル。如何なものか?
アウター、ニット、カットソー、シャツ、パンツ。シャツはジャケットと一心同体。アート。
パンツも大事だけど、やはり存在感を出すのはニット。
庶民派プライスのカッコイイブランドはないものか?いろいろ目はつけてきたけど長続きしない。
そして、ついに運命の出会いか。僕の目の瞳孔が開いた!
体は熱くなるわ、股間は膨らむわ?昨年スタートしたNEWブランド『マクローレン』。
と言っても、1962年スコットランド産。俺の一つ下だな。(1学年でも違えばこっちのもん?)可愛がってやるよ。
結局イタリアが再生させた英国香るイタリアンニット。
何がいいて?全て。華がある。クールなザノーネに対抗できるホットなヤツ。デザイン良し、スタイリング良し。これは主役級かも。作りは高級ファクトリー、ブレーシャのDRATEX社。納得。
ディレクションがあの飛びぬけたセンスをもつプリモさん(白髪で恰幅のいいスナップ常連)だもん。ツボを知りつくしている。
そして、課題のプライス。やさしいねぇ~。独断と偏見のビッグオーダー。
これなら春も夏も関係ないね。こんなブランドを待ってたんだよ~。大げさではなく、ホント新しいアルバーノのカジュアルスタイルが見えてきた。
ホントどれも良くて選ぶのが大変。ベスト、クルーセーター、襟付きカーディ、半袖…をピックアップ。
今日は第一弾。
P1060719%20%28480x360%29.jpg
P1060720%20%28480x360%29.jpg
P1060721%20%28480x360%29.jpg
P1060722%20%28480x360%29.jpg
P1060724%20%28480x360%29.jpg
P1060725%20%28480x360%29.jpg
P1060727%20%28480x360%29.jpg
P1060762%20%28480x360%29.jpg
P1060728%20%28480x360%29.jpg
P1060730%20%28480x360%29.jpg
P1060739%20%28480x360%29.jpg
P1060746%20%28480x360%29.jpg
P1060747%20%28480x360%29.jpg
まずは、コットンポリのストライプベスト。3色。ダイヤ柄1色。
ジャケット、スーツの中にもいいし、暖かくなると一枚で着まわそう。
続いて、襟付きカーディ。JK風。4色。コットン×リネンの柔らかい肌触り。いい糸使っている。
これなら春でも夏でもサ~ラサラ。
デザインが素晴らしい。ベーシックに紺、ベージュ。白、赤は僕のおススメ!
いい赤なんだけど、写真ではちょっと違って見える。
次の秋冬もたっぶり仕込みましたよ。
久しぶりに僕のハートにささったニットブランド。
これからはカジュアルスタイルの主役として、マクローレンの世界を広げていきますよ。
モチロン春もね。

2017年03月06日

連休のお知らせ

Brand:店舗情報

誠に勝手ながら展示会出張の為、7日(火)・8日(水)・9日(木)休ませていただきます。

2017年03月03日

センスが光る-デ・ペトリロ・アマルフィダブルスーツ

Brand:新入荷

P1060568%20%28480x360%29.jpg
P1060571%20%28480x360%29.jpg
P1060572%20%28480x360%29.jpg
P1060573%20%28480x360%29.jpg
皆さん お久し振りです。連休の案内ばかりで。
ようやく冬眠から目を覚ましました。夢の中では、素敵な秋冬物をタップリ仕込んでおきましたから。秋は皆様を誘惑の迷宮にお連れします。覚悟しておいて下さいよ。
なんて大風呂敷を広げておりますが、やっぱり俺って弱っちい人間ですわ。普通の小市民。
展示会まわって、ファーストインプレッション。自分の感性に素直にモデル、素材をイメージする。
「こんなセレクト誰も出来んだろ。ハハハ…アルバーノに秘策あり。」完全天下をとってますね。
翌週 代理店からTEL。「長谷川さん、オーダーの締め切りなんですが。」
もう一度選んだ生地を見直す。先週の強気な俺はもういない。
「本当にそんな生地売れるんか?調子に乗りすぎじゃないの?」
どこからか誰かがささやく。
「やっぱり間違いのないネイビーに変えようか。」そんなに悩むんなら全部入れればいいじゃん。
「ダメよ、ダメダメ。もしはずしたら、全部残っちゃうも~ん。」帳尻を合わせる俺。石橋をかじる俺。いつも落ち着くところに落ち着くんだ。革新と保守のせめぎ合い。同じシーンを毎年見ているよう。
人の性格って簡単には変わらないってこと。
さて、春物の紹介いきますよ。第1回目は大黒柱デ・ペトリロ。
入荷も一番早かった。風格もでてきた。どうでもいいけど、このブランド「好きっ!」(五郎丸風にね。)
理由は再三書いてきた。結局言葉や写真じゃ伝わるもんじゃない。
作りのセンス、デザインセンスはもちろん。やはりそれを考えるリーダーのセンス。ジャケットってホント奥が深い。高級なサルトブランドは、当然素晴らしい。でも、風格が出過ぎると、着る人を選んでしまうことも。
完成度は高級サルトにはるかに及ばなくても、ほどほど力の抜けたセンスが光る。柔軟性のある場ランドがいい。僕がトータルセンスで惚れ込んだブランドは2つ。GIGIがデザインしていた頃の本家ボリオリとこのデ・ペトリロ。
センスの良さはいろんなところに顔を出す。あっと言わせることもあれば、こんなところに隠しやがってという場合もある。
P1060594%20%28360x480%29.jpg
P1060595%20%28480x360%29.jpg
P1060582%20%28480x360%29.jpg
P1060587%20%28480x360%29.jpg
P1060590%20%28480x360%29.jpg
P1060592%20%28480x360%29.jpg
P1060593%20%28480x360%29.jpg
P1060596%20%28480x360%29.jpg
今日紹介するデ・ペトリロのダブルスーツ、AMALFI(アマルフィ)モデル。
最近はラウンドラペルのダブル、ソレントモデルに人気が集中していた。
ダブルのデザインって、センスが如実に出る。バブルを経験したダブルファンは、そこんところ語りますよ。ラペルの形状、広さ、角度、ボタンの配置、間隔(合わせの深さ)、高さ…。
久しぶりにチョイスしたアマルフィモデル。11cmの幅広ラペルが鋭角的に狭いVゾーンを作る。武骨だけどシャープ。
正直僕もこのダブルのセンスを見落としていた。不覚。
この色気、恰好良さ。これが考えるリーダーのセンスなんですよ。
久しぶりに鳥肌がたちました。
オーダーは悲しいかな、1型。マイクロチェックのネイビー。パンツは1タック。
この秋はオーダーしてなかった。間に合えば急いで追加しなきゃ。
攻める時は攻めますよ。

2017年02月21日

連休のお知らせ

Brand:店舗情報

誠に勝手ながら展示会出張の為、22日(水)・23日(木)・24日(金)の3日間休ませていただきます。


★戻りましたら、良い結果報告ができるように頑張ってきます!!
あっ、あと春物の入荷状況も戻りましたらしますので、お楽しみに。

◀ Back 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.