ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2019年11月17日

ダブルはアートなんだ-GABO・PANAREAモデル

News Categry:新入荷

DSCN0560%20%28480x360%29.jpg
DSCN0561%20%28480x360%29.jpg
DSCN0565%20%28480x360%29.jpg
DSCN0573%20%28480x360%29.jpg
DSCN0580%20%28480x360%29.jpg
DSCN0581%20%28480x360%29.jpg
DSCN0586%20%28480x360%29.jpg
DSCN0585%20%28480x360%29.jpg
男のファッションは、、今どこに向かっているんだろう?
型にはまったスタイルは、徐々に減っている。
多様化が進み、人それぞれ自由きままに楽しめる時代だ。
そんな複雑な世の中僕達物売りは、何を扱っていけばいいんだろうか? なんて、儲けることをあきらめた僕が、悩むことでもないか。
イヤ、儲けることは捨てても、食っていけなきゃ困るんだな。あえてイバラの道を選び、ソロリソロリと歩んでいるアルバーノとしては、ちょっと変わったスタイルを提案していかないとね。
DSCN0574%20%28480x360%29.jpg
DSCN0578%20%28480x360%29.jpg
DSCN0587%20%28480x360%29.jpg
DSCN0589%20%28480x360%29.jpg
今 アルバーノでは、ここ数年静か~に推しているいるジャケットがあるんだ。
GABOのダブルスーツPANAREAモデルだよ。
どうも日本の男子は、ダブルというある意味強力なコスプレを使いこなしていないようだ。
ダブルは、昔から続く男を魅力的に映す武器の一つ。
バブル期のイタリアンソフトスーツのネガティブな残像を、多くの人々が持ち続けているようだし。
だから、流行ることは、恐らく、いや、絶対ないはずだ。
だったら、ワードロープに入れない手はないだろう。ねぇ、アルバーノ党の皆さん。
何度も書いているけど、「ダブルはアート」なんですよ。
バブルの時、みんなイタリア製のダブルを着てたかって?そんな人滅多にいなかった。何故か。
もちろん高かったこともあるけど、ダブルはデザインや色で売れた訳で、作りにはこだわってなかったから。
今ならそうはいかない。当時のようなブカブカなダブルじゃなくて、クラシックでシルエットが良くなきゃ。
とにかくダブルのデザインは、ホント千差万別。ボタンの数、配置からラペルの幅、角度…。
「ダブルはアート」なんです!
なんでもいい訳じゃない。人それぞれ好きなダブルを持ってなきゃ。どのデザインが好きかは個人の自由だ。
僕は、初めて見た時kら、このGABOのPANAREAに惹きつけられた。
風格、色気、エレガント、バランス…。これは武器になる。
他にもいいダブルはあるよ。でも、どんなダブルよりも魅力を感じた。
年齢、今の気分もあるかもね。でも、当店の20代のお得意様が、愛用してくれてるのを見ると、ものすごくうれしいし、客観的に見ても僕よりもずっと似合っている。
まぁ 話は尽きないので、PANAREAスーツ2型、JK2型です。
DSCN0594%20%28480x360%29.jpg
DSCN0601%20%28480x360%29.jpg
DSCN0600%20%28480x360%29.jpg
DSCN0606%20%28480x360%29.jpg
DSCN0608%20%28480x360%29.jpg
DSCN0602%20%28480x360%29.jpg
DSCN0604%20%28480x360%29.jpg
スーツは、グレー無地のサキソニー。続いて、チョークストライプネイビー。どちらも単品でも着回しやすいよ。
JKは、ロロピのジランダー、綾織りのブラウン。そして、ダークなギンガムチェックは黒×グレージュ。

2019年11月08日

人気ジワジワ-エリコのワンピースカラー「NISIDA」

News Categry:新入荷

DSCN0505%20%28480x360%29.jpg
DSCN0513%20%28480x360%29.jpg
DSCN0526%20%28480x360%29.jpg
DSCN0537%20%28480x360%29.jpg
DSCN0542%20%28480x360%29.jpg
DSCN0545%20%28480x360%29.jpg
DSCN0546%20%28480x360%29.jpg
最近 「この前買った開襟になるシャツ良かったんだけど、何か新しいの入った?」
という問い合わせもちょくちょくあり、人気が安定してきたのが、エリコ・フォルミコラのワンピースカラー「NISIDA」。
今季はキャンセルが多くでたため、さみしい入荷となってしまいました。申し訳ない。
季節感のある生地でなければ、もちろんオールシーズン着用可。
変幻自在なこのワンピースカラー、是非一度お試しいただきたい。
DSCN0547%20%28480x360%29.jpg
DSCN0548%20%28480x360%29.jpg
DSCN0549%20%28480x360%29.jpg
DSCN0550%20%28480x360%29.jpg
DSCN0552%20%28480x360%29.jpg
DSCN0554%20%28480x360%29.jpg
DSCN0555%20%28480x360%29.jpg
DSCN0556%20%28480x360%29.jpg
まずは、無地3色。若干玉虫のような微光沢がある、コットン100素材。ボルドー、ネイビーブルー、グリーン。
ラストは、ソフトネルの紺×黄のチェック。
インパクトがあるから一枚で着てもいいし、ジャケットのインナーに着るとお洒落な感じ。

2019年11月01日

考えるな!、感じろっ!-シーラップ・シンサレートコート

News Categry:新入荷

DSCN0491%20%28480x360%29.jpg
DSCN0493%20%28480x360%29.jpg
DSCN0471%20%28480x360%29.jpg
DSCN0470%20%28480x360%29.jpg
DSCN0469%20%28480x360%29.jpg
DSCN0485%20%28480x360%29.jpg
♪革も無え、ダウンも無え、エキップ’70もなくなって入ってこねぇ~、オラ こんな店イヤだ~、オラ こんな店イヤだ~🎶 (吉幾三 知ってる?)
何 売ってんでしょうねぇ。セレクトしてない、偏りセレクトショップです。
待って下さいよ。アルバーノには、シーラップがあるじゃないですか!
そんだけ?それって無謀じゃないっスか?
わかってます。他のブランドにもいいモノは沢山ありますよ。
でも、アルバーノには「シーラップの神」が宿ってるんですよ。
僕はたんなるシーラップバカですから、そんなに流行らなくてもいいんです。
前回 パッカブルモッズコートと一緒に紹介しようと思っていた、新作のフード付きコート。
これがまたいいっ!ダウンじゃないんです、シンサレートというダウンより温かいと言われる高機能中綿素材。
動物愛護の為、ダウンを使った商品を取りやめる高級メゾンブランドが多くなり、そのOEMを手掛けるシーラップもダウンから手をひいたそうです。
そこで、このシンサレート登場。
DSCN0494%20%28480x360%29.jpg
DSCN0495%20%28480x360%29.jpg
DSCN0452%20%28480x360%29.jpg
DSCN0453%20%28480x360%29.jpg
DSCN0454%20%28480x360%29.jpg
DSCN0455%20%28480x360%29.jpg
DSCN0457%20%28480x360%29.jpg
DSCN0458%20%28480x360%29.jpg
モデルは定番になったか、ハリケーンモデル。防水性があり、目の詰まったポリエステル。ゴアテックスよりもサラサラです。
何と言ってもシーラップ。スタイリッシュです。シーラップの生命線、ラグランの肩は案外タイト。
前回のモッズより袖は細め。サイズ通りでいけるでしょう。
モチロン ミニマルなデザインの中に30%くらいモード風味が入っております。それがシーラップのアイデンティティだと思って下さい。 誰が着てもシティーボーイ。
シーラップは、昔からダウンの縫い目を出すのが好きじゃないみたいです。だから、そのあたりはスッキリとしたデザインです。
ちなみに僕が着ているのは、マイサイズ42より一つ上の44です。
最近のシーラップ、新作にもいいものが多いです。気合い入ってます。
またひとつ、僕のシーラップ新作プレゼンが終わりました。
ウ~ッツ、さみしい。それよりも売れってことだろ!!

2019年10月27日

密かにやってたんです-CIRCORO1901

News Categry:新入荷

DSCN0445%20%28480x360%29.jpg
DSCN0449%20%28480x360%29.jpg
DSCN0450%20%28480x360%29.jpg
DSCN0451%20%28480x360%29.jpg
昨日は結構店内もにぎやかな一日でした。
一区切りついた午後3時半頃 アチアチのたこ焼きでも食べようか、と近所のデパ地下に外出。
(僕が外の空気を吸うのは、昼メシの買い出しの時くらいなのだ。)
買ってから即効で帰ろうとした時、TELが。「お客さんだからすぐに帰ってきて!」と相棒から。
「せっかく出来立てのたこ焼きを買ったのに、ついてないなぁ~。」
なんて思ったとしたら、商売やめた方がいいですよ。
よほど売れて売れてしょうがない店なら、そんな風に思うんだろうけど…。
僕達サービス業は、お客様ファースト。ギアをチェンジ。
たこ焼きなんてその辺の坊やにあげて、ダッシュで戻らないとね。
戻ってみると、僕の同級生で同業者のT君でした。
「な~んだTかよ。」 同業者ではあるんだけど、売ってるものが違うからお客さんでもある。
だったら、たこ焼き分けて食べれたな。と、未練たらしく思ってると、お客様が次々と来店。
こんな日にアチアチのたこ焼きを食べようなんて、まだまだ甘いんだよ。
儲けまくって、「ちっ、ついてないねぇなぁ。」なんて言ってみたいもんだけど、一生ムリだな。
今日は、初登場ブランド。皆さん ご存知のブランドでしょう。チルコロです。
アルバーノもかなり前から勧められていたんですが、売れたブランドはやらないと、中途半端に手を出したくない、という自分勝手なプライドでやってなかったんですが、レディースをやってるのに便乗して少しやっております。
このブランドについての説明は、不要ですよね。
DSCN0435%20%28480x360%29.jpg
DSCN0436%20%28480x360%29.jpg
DSCN0437%20%28480x360%29.jpg
DSCN0440%20%28480x360%29.jpg
DSCN0441%20%28480x360%29.jpg
DSCN0442%20%28480x360%29.jpg
DSCN0443%20%28480x360%29.jpg
DSCN0444%20%28480x360%29.jpg
ジャケットから。まず、店内を見ると赤茶っぽく見えます。グレンチェックのお馴染みのプリントです。
¥63000+税。
次は、濃紺のベッチンのシャドーストライプ。光沢感が色っぽい。担当のTさんに押し切られました?!¥63000+税。
3番目は、お揃いのベストも別売りでつけられます。ツィードのプリント。合わせやすいライト系。
ジャケット¥63000+税。ベスト¥33000+税。
ラストは、ブラックのセットアップ。一番ベーシックモデル。¥52000+税。パンツは、ドローコードのワンプリーツ。
共通プライスのブランドなので、プライスはオープンに。

2019年10月25日

ペトリロのアンコン、好きなんだけどぉ~

News Categry:新入荷

DSCN0403%20%28480x360%29.jpg
DSCN0406%20%28480x360%29.jpg
DSCN0410%20%28480x360%29.jpg
DSCN0420%20%28480x360%29.jpg
DSCN0412%20%28480x360%29.jpg
DSCN0419%20%28480x360%29.jpg
朝起きると、まず一番にやらねばならないことがあります。
今 貸している2FのCAFEで、その日にかける音楽のセレクトです。
レコード10枚、CD10枚くらい選びます。
レコードは2000枚くらいの中からジャズを中心に。トランペット、サックス系、ピアノ、キーボード系、その他ギター、ヴィブラホーン、バイオリン等、ジャズボーカルは1、2枚、フュージョンも少し。
バランスを考えながら。
数えきれないほどあるCDからは、幅広いジャンルを。ヒップホップ系以外は大体かけるんですが、大人の癒しをテーマにしたセレクトを心がけてます。
ロックでもうるさくないシンガーソングライターが中心。ワールドは一番多い。今の季節は南国は避けますが、ブラジル、アルゼンチン、キューバ、イタリア、フランス、スペイン、北欧…。
ソウルもしっとりしたものやコーラス系。エレクトロニカ、アンビエント、日本モノも気分で、フォーク系やはっぴいえんど、ユーミン等シティ系。
もうアットランダムに、ただ僕の目線で、洋服と同じですよ。
ぜひ、興味のある方は、アルバーノとセットで遊びにいらして下さい。(ちなみに2Fの店名は、CAFE54。)
DSCN0431%20%28480x360%29.jpg
DSCN0404%20%28480x360%29.jpg
DSCN0430%20%28480x360%29.jpg
DSCN0405%20%28480x360%29.jpg
DSCN0407%20%28480x360%29.jpg
DSCN0422%20%28480x360%29.jpg
DSCN0408%20%28480x360%29.jpg
DSCN0411%20%28480x360%29.jpg
さて、肌寒く人恋しい季節になってきました。洋服が楽しくなる時。
デ・ペトリロのジャケットを紹介しましょう。
「ジャケット離れ」ということも言われていますが、こんな男を魅力的にみせてくれる武器を使わないなんて、もったいない! 僕は、この季節は「何を着ようか?」と毎日考えるのが楽しくてしょうがないですよ。
そういえばボリオリが流行らせたアンコンジャケットの文化も、ナポリ人にはあまり関係ないようですね。
ただ、デ・ペトリロのベニーさんは、なかなか柔軟な思考のナポリ人なんでしょう。
今のナポリトライアングルの中でアンコン調をオーダーできるのは、ペトリロくらいです。
僕自身も持っているジャケットの半分くらいは、ペトリロのアンコンものです。大好きです。着やすいんです。しなやかな質感。クォリティもバッチリ。
アイネックスのEさんが芯アリを勧めても、聞く耳を持たない僕。
そんな訳で、チェック2マーク、紺無地1マーク。
まずは、ウールの大柄グレンチェック。黒に見えますが、ダークブラウンです。
次は、ウール×ポリ×シルクのダークネイビー。ネップが入ります。
ラストは、ウール×コットン×ナイロン×ポリ×ストレッチ5者混の生地。
ダークブラウンの大柄グレンチェック。写真で見るより、無地ダークな感じです。

◀ Back 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.