ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2020年12月15日

永遠の御三家-シーラップ・ウールステンカラー

News Categry:新入荷

IMG_0403%20%28480x360%29.jpg
IMG_0432%20%28480x360%29.jpg
IMG_0433%20%28480x360%29.jpg
IMG_0439%20%28480x360%29.jpg
IMG_0440%20%28480x360%29.jpg
IMG_0441%20%28480x360%29.jpg
IMG_0442%20%28480x360%29.jpg
IMG_0405%20%28480x360%29.jpg
IMG_0406%20%28480x360%29.jpg
IMG_0400%20%28480x360%29.jpg
さぁ、シーラップ、永遠の御三家。ラストを飾るは、今年もこれしかないでしょう。
アルバーノ、オリジナルウールステンンカラー。
毎年、毎年このコートに魂を奪われる方が、後をたたない。
つい先日も兵庫からのカップル。
店頭にこれ見よがしに飾られたこのコートを見て入店し、興奮気味に「あの前に飾ってあるコート、いくらですか?」
いきなりプライスを言うと、めまいをおこす方もいらっしゃるので、まずは白々しく「ん!どれどれ。はいっ!あのステンカラーね。カッコイイでしょう。まさにコートのオブジェだ!イタリアにあるコート専業メーカーで…。」と、なかなか質問に答えない僕。
「実はこのコートは、世界でウチでだけ扱っていて、いわゆる定価は決まってないんです。とりあえず着てみるだけ着てみて、いくらか想像してみて下さい。」
我ながら、なんて面倒くさい店員!
ただ、着せれば瞳はハート💛。十中八九、ほとんどの人が、「なに、これっ!スッゲーカッケ~。」となる。名作にはトレンドもクソもない。
そして、バックヤードには着こんだ同じモデルの自分のコートを常備している。
それを着用した僕がモデルばりにあらわれ、お客様の前でひと回りしてみせる。
「高い位置でウエストがくびれ、背中も丸みをおびてるでしょう。このコートの立体感を客観的にみて下さいよ。」
な~んてな展開が多いかな。
IMG_0454%20%28480x360%29.jpg
IMG_0453%20%28480x360%29.jpg
IMG_0455%20%28480x360%29.jpg
IMG_0444%20%28480x360%29.jpg
IMG_0452%20%28480x360%29.jpg
IMG_0445%20%28480x360%29.jpg
IMG_0447%20%28480x360%29.jpg
IMG_0448%20%28480x360%29.jpg
IMG_0449%20%28480x360%29.jpg
IMG_0429%20%28480x360%29.jpg
でもさ、ボディに着せてるだけで、こんな反応がある服はそうはないよ。
オーバーに言うと(もう十分オーバーなんだけど…)、まさに、このコートのディスプレイから後光がさしてるんじゃないかと思っちゃいますね。それほどみんな引き込まれていくんだ。
まぁ、それだけシンプルなんだけど、モノ自体がすごく良いモノであり、アイデンティティを放っている。
ホント商品説明なんて陳腐だね。(口からアワがでるほどしゃべるのに。)
ただ、着てもらうだけ。それが一番!所有されている方は、これを読んでうなづいてるんじゃないかな。
今シーズンは、黒と紺の2色。生地はピーコートと同じメルトン。袖付けはセットインラグラン。
モデルは、十数年全く変わっていません。
このコートを売り続けることが僕の生きがいであり、感動されるお客様の顔を見ることが僕の喜びであります。

2020年12月11日

コスパ最高のニットと言えば、アレッサンドロ・ルッピ

News Categry:新入荷

IMG_0384%20%28480x360%29.jpg
IMG_0387%20%28480x360%29.jpg
IMG_0396%20%28480x360%29.jpg
IMG_0389%20%28480x360%29.jpg
IMG_0390%20%28480x360%29.jpg
IMG_0392%20%28480x360%29.jpg
IMG_0393%20%28480x360%29.jpg
さぁ、来週から寒くなるぞ! ♪もう~毎日 吹雪、吹雪、氷の世界~ たんたんたたんたたんたん…♪
コートは用意したかい?タートルネックはどうだい?
え~、まだぁ~。そりゃ週末は急いだ方がいいよ。
○○ビューティークリニックへ。違うか!でも、あれって何でタートルネックなんだろう?まぁ、いいか。
「どうせタートルネックでも3万くらいするんでしょ。ガマンかな。」
いやいや、庶民の庶民による庶民のためのアルバーノでは、1万円台でご用意させていただきました。それも“イタリア製”。
丈夫でシンプルでタイトで、ちょっとお茶目なプライス。
ここまで言えば皆さんおわかりでしょう。るっぴ。アレッサンドロ・ルッピですよ!
今年もZEGNA BURUFFAのキャッシュウールのハイゲージ。
僕も着てますけど、すごいしっかりしてるし、日常着として十分いいっスよ。
IMG_0376%20%28480x360%29.jpg
IMG_0373%20%28480x360%29.jpg
IMG_0372%20%28480x360%29.jpg
IMG_0379%20%28480x360%29.jpg
IMG_0377%20%28480x360%29.jpg
IMG_0378%20%28480x360%29.jpg
IMG_0382%20%28480x360%29.jpg
IMG_0380%20%28480x360%29.jpg
IMG_0381%20%28480x360%29.jpg
IMG_0383%20%28480x360%29.jpg
今回 いつものハイゲージと毛足のあるウールカシミアの2素材。
まずは、キャッシュウールのタートル6色。ミディアムグレー、白、ネイビー、ダークネイビー、カーキ、ミディアムブラウン。
次が、クルーネック。黒、ラベンダー、チャコール、ミディアム、ライトグレー。
続いて、ウールカシミアのハイゲージ、クルーネック5色。
ロイヤルブルー、ネイビーブルー、ブルーグリーン、カーキ、ミディアムグレー。
ラストは、1色しか入荷しなかったグリーンのケーブルミドルゲージニット。

2020年12月08日

永遠の御三家2-シーラップ・ジェノバ

News Categry:新入荷

IMG_0349%20%28480x360%29.jpg
IMG_0352%20%28480x360%29.jpg
IMG_0356%20%28480x360%29.jpg
IMG_0358%20%28480x360%29.jpg
IMG_0357%20%28480x360%29.jpg
IMG_0359%20%28480x360%29.jpg
IMG_0361%20%28480x360%29.jpg
永遠の御三家。トップにトレンチコートを紹介した。
今日は、シーラップ近年の名作、ロングピーコートGENOVAを紹介しよう。
3モデルの中では、唯一のオフィシャルのモデル。登場してまだ5年くらい。
シーラップのインスタグラムでの登場も多いことから、シーラップのこのモデルへの力の入り方が7わかる。
ピーコートとしてこれほど存在感のあるコートはあるだろうか?
打ち込みの強いしっかりとしたメルトンは、多少の雨や雪にも動じないだろう。
大きくどっしり構える襟は、スリムはボディラインと絶妙なバランスだ。
そして、なにより着丈の長さがいい。同モデルでAMALFY(アマルフィ)のハーフコートは、ノーマルなピーコートとしてスポーティな感じだ。
「このGENOVA(ジェノバ)のセミロング丈が、なんとも言えないんだよ。」と、一目惚れする方も多い。
男っぽいピーコートで勝負するなら、このコートで間違いなし!。
IMG_0368%20%28480x360%29.jpg
IMG_0369%20%28480x360%29.jpg
IMG_0365%20%28480x360%29.jpg
IMG_0362%20%28480x360%29.jpg
IMG_0367%20%28480x360%29.jpg
IMG_0364%20%28480x360%29.jpg
IMG_0371%20%28480x360%29.jpg
シーラップのコートのすごさは、コートメーカーとしてのクォリティの完成度の高さだけではない。
その部分だけでも十分コストパフォーマンスが高いのは間違いない。
僕が感じるのは、多くのモード、デザイナー作品を作り続けている繊細な感性をシーラップのミニマルな作品の中にさりげなく盛り込んでいるところだ。
シーラップが生み出すサイズバランス、立体感は、長年培った財産なのだろう。
(通常サイズ42の僕が着用しているGENOVAは、2サイズ大きい46です。AMALFYは、サイズ44です。)

2020年12月08日

永遠の御三家2-シーラップ・ジェノバ

News Categry:新入荷

IMG_0349%20%28480x360%29.jpg
IMG_0352%20%28480x360%29.jpg
IMG_0356%20%28480x360%29.jpg
IMG_0358%20%28480x360%29.jpg
IMG_0357%20%28480x360%29.jpg
IMG_0359%20%28480x360%29.jpg
IMG_0361%20%28480x360%29.jpg
永遠の御三家。トップにトレンチコートを紹介した。
今日は、シーラップ近年の名作、ロングピーコートGENOVAを紹介しよう。
3モデルの中では、唯一のオフィシャルのモデル。登場してまだ5年くらい。
シーラップのインスタグラムでの登場も多いことから、シーラップのこのモデルへの力の入り方が7わかる。
ピーコートとしてこれほど存在感のあるコートはあるだろうか?
打ち込みの強いしっかりとしたメルトンは、多少の雨や雪にも動じないだろう。
大きくどっしり構える襟は、スリムはボディラインと絶妙なバランスだ。
そして、なにより着丈の長さがいい。同モデルでAMALFY(アマルフィ)のハーフコートは、ノーマルなピーコートとしてスポーティな感じだ。
「このGENOVA(ジェノバ)のセミロング丈が、なんとも言えないんだよ。」と、一目惚れする方も多い。
男っぽいピーコートで勝負するなら、このコートで間違いなし!。
IMG_0368%20%28480x360%29.jpg
IMG_0369%20%28480x360%29.jpg
IMG_0365%20%28480x360%29.jpg
IMG_0362%20%28480x360%29.jpg
IMG_0367%20%28480x360%29.jpg
IMG_0364%20%28480x360%29.jpg
IMG_0371%20%28480x360%29.jpg
シーラップのコートのすごさは、コートメーカーとしてのクォリティの完成度の高さだけではない。
その部分だけでも十分コストパフォーマンスが高いのは間違いない。
僕が感じるのは、多くのモード、デザイナー作品を作り続けている繊細な感性をシーラップのミニマルな作品の中にさりげなく盛り込んでいるところだ。
シーラップが生み出すサイズバランス、立体感は、長年培った財産なのだろう。
(通常サイズ42の僕が着用しているGENOVAは、2サイズ大きい46です。AMALFYは、サイズ44です。)

2020年12月05日

当たり前なんだけど、なんでカッコイイ?-ザノーネ・ミドルゲージ

News Categry:新入荷

IMG_0340%20%28480x360%29.jpg
IMG_0341%20%28480x360%29.jpg
IMG_0335%20%28480x360%29.jpg
IMG_0337%20%28480x360%29.jpg
IMG_0338%20%28480x360%29.jpg
IMG_0339%20%28480x360%29.jpg
僕は文章を書くことが大の苦手だ。自分が10年にわたって書き続けているHP。
「結構上手に書いてるじゃない。楽しませてもらってるよ。」と、声をかけられることもある。
それはすっごくうれしい。
でも、本当は筆不精の僕にとっては毎回が悪戦苦闘なのだ。
下書きを何度も書き直し、ようやく生み出した?原稿を相棒に渡す。
相棒がパソコンを打ちながら、文章を添削する。
「この表現わかりにくいから直しといたよ。」
「まかせるよ。」
そんなことの繰り返しだ。
とにかく小学生の頃から国語は苦手だった。一番勉強が必要じゃない科目。と、言ったら怒られるか。センスとフィーリングだ。と思っている。
読書は好きじゃなかったし、ましてや夏休みの読書感想文なんか文章になってなかったと思う。
だから、将来自分が書いた文章を人様に読んでもらうなんて思ってもみなかった。
今でもすっごく四苦八苦してるよ。
洋服のことだけ書いていれば、恐らくそんなに苦痛はないんだろうけど、数年前から書いていない
ブログや前置きが煮詰まって、紙をクシャクシャにして、後ろに放り投げる。そんなこともあったなぁ。
だけど、文章を書くのはボケ防止にいいから、とウチのおフクロが言うし、頑張って書き続けますよ。
更新が止まった時は、僕の身に何かあったか、僕のスランプだと思ってね。(大体 後者です。)
IMG_0327%20%28480x360%29.jpg
IMG_0329%20%28480x360%29.jpg
IMG_0330%20%28480x360%29.jpg
IMG_0331%20%28480x360%29.jpg
IMG_0332%20%28480x360%29.jpg
IMG_0333%20%28480x360%29.jpg
IMG_0334%20%28480x360%29.jpg
IMG_0342%20%28480x360%29.jpg
今日はザノーネだ。冬の風物詩である、ミドルゲージ。
今シーズンは、クルーネックとお馴染みキョート(CHIOTO)。
どこにでもあるような当たり前のセーターだけど、着てみてごらん。
ザ・イタリアンミラクル!!
シーラップのコートもそうだけど、当たり前のようなんだけど、着てみると着た瞬間に色気に包まれるんだ。サイジングが、また絶妙!ではないか!
ザノーネが作るモノに駄作はない。と思う。安心感に満たされる。
クルーネックは、両方新色。メランジのグレーとあと言葉では表現できない絶妙ブラウン。
キョートは、グレー、ベージュ(生成りっぽい。)、黒。
エリコ・フォルミコラのシャンブレーのワンピースカラーも新作です。

◀ Back 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.