ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2019年05月30日

世界で美しい湾クラブとジェルマーノ

News Categry:新入荷

P1100979%20%28480x360%29.jpg
P1100981%20%28480x360%29.jpg
P1100988%20%28480x360%29.jpg
P1100989%20%28480x360%29.jpg
P1100994%20%28480x360%29.jpg
P1100993%20%28480x360%29.jpg
P1100996%20%28480x360%29.jpg
昨日の休みは天気にも恵まれ、日本海側をドライブしてきました。(相棒の運転で。)
新湊大橋を初めて渡り、絶景を感動しながら眺めて向かったのは、世界でもっとも美しい湾に登録されている雨晴海岸。
海越しに3000m級の立山連峰が広がる雄姿は、いくら見ても飽きない。
皆様富山にお越しの際は、天気が良ければぜひ訪れてみて下さい。
あいにく山の上部は白い雲に覆われ、輪郭は見られませんでしたが、晴れた空は気分爽快でした。
富山の魅力は自然。
最近「道の駅 雨晴」が出来てました。初めて行ったのですが、最高。
近くにあれば毎日行ってみたいなぁ。と思いました。
前回の朝乃山といい、たまたま富山のPRが続きました。
富山の魅力は、自然と水と魚。タイミングが合わないとみられませんが、合えば幻の絶景と出会えるでしょう。
P1110006%20%28480x360%29.jpg
P1110007%20%28480x360%29.jpg
P1110010%20%28480x360%29.jpg
P1110011%20%28480x360%29.jpg
P1110012%20%28480x360%29.jpg
P1110013%20%28480x360%29.jpg
P1110008%20%28480x360%29.jpg
P1110009%20%28480x360%29.jpg
P1110004%20%28480x360%29.jpg
P1110002%20%28480x360%29.jpg
P1100999%20%28480x360%29.jpg
さて、今日はジェルマーノのパンツを紹介します。
かなり前から扱っていますが、毎回直輸入していますので、クォリティの割にプライスが抑えられます。
インコテックスではベーシックを中心に入れていますが、ジェルマーノでは高級素材や遊びのあるモデルに挑戦できるのも大きなメリットです。
今回は、コットンストレッチのガーメントダイ4色。
モデルは、ジェルマーノの定番 スリムフィットモデル。
スーパースリムは極細なので、今季はやっておりません。
ほどよいスリムフィット。股上も少し深くなり、スソ巾18㎝です。(44サイズで。)
色は、サックスブルー、グレージュ、ネイビー、ブラックの4色。
ブラックのみノータック。他3色は、1タックです。

2019年05月25日

シャツはアートだ-GHIRARDELLI

News Categry:新入荷

P1100969%20%28480x360%29.jpg
P1100972%20%28480x360%29.jpg
P1100974%20%28480x360%29.jpg
P1100977%20%28480x360%29.jpg
P1100978%20%28480x360%29.jpg
やった!やったぜ 朝乃山。
店の裏でテレビを観ていて、豪栄道に勝った瞬間、「ヨッシャ~!」
力いっぱいガッツポーズ。動悸がはやくなる。
とにかく勝てば、もしかして奇跡は起こるのではないか。と想像していた。
次の一番。鶴竜が栃ノ心に敗れる。
えっ、これって朝乃山 優勝ってこと? なんか夢を見ているようななんとも言えない不思議な気分。
もう 富山じゅう大騒ぎよ。きっと。
朝乃山のインタビュー 「今の気持ちは?」 「何も感じませんよ。平常心を意識してました。まさか優勝するとは…。」
そうでしょう、そうでしょう。俺も期待はしてたけど、本当に今日決まるとは。
無欲の優勝だね。おめでとう。
しかし、謙虚だね。真面目な富山県人らしい。まだ、25歳。
綱をとってくれる、と信じているよ。
さて、興奮が冷めませんが、今日はシャツはアート。
イタリアのGIIRARDELLI(ギラルデッリ)。1911年創業のシャツファクトリー。
端正でシャープなシルエット。サイズ感は日本人向けに合わせてあります。
P1100967%20%28480x360%29.jpg
P1100968%20%28480x360%29.jpg
P1100970%20%28480x360%29.jpg
P1100971%20%28480x360%29.jpg
P1100973%20%28480x360%29.jpg
P1100975%20%28480x360%29.jpg
まずは、淡いアイボリーベースにフラワープリント。やさしい印象なので、ダークからライトカラーまで合わせやすい。さりげない色気が漂います。
2番目は、白ベースに黄×紺×青のオーバーチェック。華やかな雰囲気。素材は、コットンリネン。
これからの季節に、着たい感じ。
ラストは、ライトブルーに小紋。コットン100の定番柄です。

2019年05月20日

僕を熱くさせてくれる服…それは、GABO

News Categry:新入荷

P1100957%20%28480x360%29.jpg
P1100959%20%28480x360%29.jpg
P1100961%20%28480x360%29.jpg
P1100965%20%28480x360%29.jpg
P1100963%20%28480x360%29.jpg
P1100964%20%28480x360%29.jpg
先週 プレコレクションに行ってきた。一番に飛び込んだのは、今 僕を熱くさせてくれるナポリブランド、「GABO」を扱うフィロロッソさん。
前日に来日したジュゼッペとジャンフランコが、お茶目なスマイルで迎えてくれた。
彼らの服を扱っている喜びをヒシヒシと感じる。
そして、今後のさらなる飛躍の為 いろいろ質問を投げかけた。やはり、直接顔を見て話すのは、全然違う。
核心の服の話になると、それまでの和やかなムードから一転して、二人の目つきが変わった。
いろいろ話した末 一つの方向に落ち着いた。
GABOのパンツは、細身のテーパード。日本ではキャロットだの、ワイドだのルーズなシルエットが台頭してきている。
当店もそのあたりは取り入れている。でも、GABOの二人はそんなトレンドには一切関心がない様子。
二人ともジャケットにスリムなパンツを颯爽と合わせている。
「自分達は、スタンダードな服を提案してるんだ。それだけで恰好良く、どんなスタイルにも合わせられる服。」
ファッションにルールなんてない。トレンドかクラシックか?
変化を求めたければ、トレンドを取り入れればいい。
GABOのスタイルは、GABOのスタイル。何も変わらないよ。ムリをしちゃいけない。
大人のファッションは、自分に似合うかどうか。自分らしさの追求だよ。
彼らの頑ななスタイルが伝わってきた。
P1100952%20%28480x360%29.jpg
P1100954%20%28480x360%29.jpg
P1100955%20%28480x360%29.jpg
P1100946%20%28480x360%29.jpg
P1100947%20%28480x360%29.jpg
P1100948%20%28480x360%29.jpg
P1100949%20%28480x360%29.jpg
P1100950%20%28480x360%29.jpg
P1100951%20%28480x360%29.jpg
今日は、GABOのジャケット。高い完成度。そして、驚愕のプライス。
ナポリの温もりを存分に味わって欲しい。
今季 モデルを変更した。
日本向けモデルVESUVIOは、厚みのある体型の方には、ちょっと合わなかった。
万人に受けるようNEW NAPOLIに変更。イタリアでも一番人気のモデル。アームホールは、ワンサイズ分小さくした。
まずは、前回ダブルで紹介したものと同素材のシングル。ウール100。杢調のネイビー。
次は、バスケット織りのリネン・ウール。ライトがあたると光沢がでる。ブラウンとブルーグレー。
今回は、万人受けするNEW NAPOLI。着心地の良さは、言うまでもない。

2019年05月07日

シャツはアートだ・2

News Categry:新入荷

皆様の連休が終わり働きだされたタイミングで、私達は連休をとらせていただきます。
特に予定はありませんが、のんびり息抜きをと考えております。
P1100905%20%28480x360%29.jpg
P1100906%20%28480x360%29.jpg
P1100907%20%28480x360%29.jpg
P1100908%20%28480x360%29.jpg
P1100909%20%28480x360%29.jpg
P1100910%20%28480x360%29.jpg
P1100911%20%28480x360%29.jpg
P1100912%20%28480x360%29.jpg
P1100913%20%28480x360%29.jpg
P1100914%20%28480x360%29.jpg
P1100915%20%28480x360%29.jpg
今日は簡単にシャツ3マーク紹介したいと思います。
まずは、ナポリの人気シャツ、サルヴァトーレ・ピッコロ。
白ベースにネイビーのあらいピッチのストライプ。コットン100。
続いて、同モデル。こちらは細かいグリーンのストライプ。こちらもコットン100。
ラストは、アンジェロ・イングレーゼ。プーリアのシャツブランド。
肩と背中のイセ込みがハンパない。茶のチェックです。
こんな簡単な新着情報もいいでしょう。
こんな感じでよければ、週4、5回は出せるかな?
えっ?余計なムダ話ダラダラ書くより、そのほうがいいって??

2019年05月04日

令和の始まりはデ・ペトリロから。

News Categry:新入荷

P1100882%20%28480x360%29.jpg
P1100894%20%28480x360%29.jpg
P1100895%20%28480x360%29.jpg
P1100898%20%28480x360%29.jpg
P1100903%20%28480x360%29.jpg
「令和」の幕があけました。おごそかな気持ちで迎えました。
5/2から富山の中心地の広場で、古本・レコード市をやってました。
ヒマにまかせてのぞきに行ったのですが、エサ箱をつついていたら(段ボール箱に入ったレコードを一枚一枚みること。)、ガロのファーストが¥1800で売られていました。
「こりゃ掘り出しもんだぞっ!」
普段あまり邦楽は見ないのですが、「こんな機会だから買おうかな。」と悩んで…、「でも、とりあえず3日間やってるからな。」と店に戻りました。
店に戻って相棒がアマゾンで調べると、どれも中古の価格は¥10000以上の値がついてるではありませんかっ!!
「これはやっぱり買いだ。」と次の日の朝イチで行ったところ、あったはずのところにないっ!
顔面蒼白。「ウソだろ。売れた??」 あわてふためいてもあとの祭り。
もうどうせないだろうな。と思いつつも、他の店のブースで探してみる。
そしたらなんと一枚出てきました!! しかし、価格は¥2800。 1000円高い。
僕はそんな高価なもの(と言えるかどうか…。)集めるコレクターではないんですが、1000円の差に涙をのんで買ってきた。というセコい話。でござんす。
前にもブログで書いてますが、ガロは不幸なバンドなんです。
あの「学生街の喫茶店」が大ヒットしたため、ものすごくレベルの高いバンドなのに、あの曲の大ヒットで歌謡曲路線のイメージになっちゃった。
大ヒット、大ブームになるのも考えもんです。
中ヒットくらいが丁度いいんです。今 そんな立ち位置にある(のかどうなのか)、今日はデ・ペトリロのジャケットを紹介します。
P1100881%20%28480x360%29.jpg
P1100883%20%28480x360%29.jpg
P1100890%20%28480x360%29.jpg
P1100889%20%28480x360%29.jpg
P1100888%20%28480x360%29.jpg
P1100896%20%28480x360%29.jpg
P1100897%20%28480x360%29.jpg
令和の1発目は、やはりナポリのこのブランドから。僕が最近着用しているブランドは、ほとんどがデ・ペトリロ。特にアンコンが多いのですが、ホント好きだなぁ。
ペラペラなんだけどそこにには人の温もりが、手仕事を感じるんです。
アンコンのシルエットも定着。色っぺぇ。
まずは、リネンに見えますが、ウール・コットンの光沢がある生地。色は、グレーにブルーがほんのりかかっている。
2番目は、1番目と似てます。グレーに赤っぽいパープルがほんのりかかる。これはリネン100です。袖だけ写っている写真が実際の色に近い。他はちょっと渋く写ってます。
ラストは、シアサッカー。表面が強めにブークレーかかってます。
今からの季節には最高じゃないでしょうか。

◀ Back 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.