ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2017年08月10日

追加の秋冬物入荷情報

News Categry:新入荷

残暑 お見舞い申し上げます。皆様 お久し振りです。アルバ子であります。
皆さん バテてませんか?
元気ですか?

さて、先日 秋冬物の入荷状況をお知らせいたしました。
インスタでもお知らせいたしましたが、本日 デ・ペトリロ、ザノーネ、インコテックス、ステファノビジが入荷いたしました。
しかし、本日入荷すると思っていたギ・ローバー、ケアレーベルが入荷せず…。
ギ・ローバーは14日、ケアレーベルは、16日に到着の予定です。
あと、ジェルマーノは14日に到着予定です。

そのほかのティトアレグレット、エリコ・フォルミコラに関してはお盆明けになるのでしょうか…。

あっと、レディースですね。
ザノーネ3型、インコテックス1型のみ入荷いたしました。
メンズと違ってレディースは、スロースターターですね。
普通 逆のような気がするのですが…。

お盆お暇な方はアルバーノに遊びに来てね。
それでは。

2017年08月08日

秋冬物の入荷情報のお知らせ

News Categry:新入荷

P1070797%20%28480x360%29.jpg
P1070798%20%28480x360%29.jpg
P1070792%20%28480x360%29.jpg
P1070793%20%28480x360%29.jpg
P1070799%20%28480x360%29.jpg
イタリア ヴァカンス前に出荷された荷物が続々と届きます。
深夜 売り場に一人。バックヤードに積まれたパッキンを引っ張り出す。
何度経験してもパッキンを開けて商品と対面する時の、イタリアの新しい空気がもれ出す瞬間の高揚感はたまりませんね。
キューバのホセアントニオメンデスの甘い歌声が緊張をほぐす。
モチロン自分の所有物ではない。お客様に気に入っていただく為に、イマジネーションを働かせ選んだ渾身の品々。
自分だけの秘密の時間。仕事と趣味の間。至福の時。
パッキンを開けた瞬間から、アルバーノの秋は始まる。
内容は…。
まず一番に届いたのは、デ・ペトリロ。長年 温め続けているナポリの雄。
結果、売り場の3分の2を占める圧倒的在庫量。スーツ・ジャケット・ジレ、今回は完納に近い。
そして、クロージングのニューブランドが登場。皆さんに初めて報告。
SANTANIELLO(サンタニエッロ)。パンツブランドを思い浮かべる方も多いだろう。
実はこのブランド、元来ジャケットを作っていたのだ。
ナポリのそば、サレルモのファクトリー。スーツが入荷。詳しくはまた…。
そして、ボルゾネッラのシャツ。ギ・ローバーのシャツは今日届く予定だったが、台風の影響か届かず。10日くらいか?
今春 大活躍したニットブランド、マクローレン。大量入荷。
ジャケットあり、ブルゾンあり、ジレあり…華やか。
あとは…、お決まりのインコテックス、ザノーネは10日あたり。ケアレーベルも同じくらいになりそう。
ステファノビジのタイも10日。そうそう、ジェルマーノももう届いてもいい頃なんだけど…。
現状 そんなところです。春夏SALEも今月中はひっぱりますので、秋冬物が売り場にだしきれませんが、カオスなアルバーノでお客様のペースでお楽しみ下さい。
満足されない方は、「隠し玉ないか?」とおしゃって下さい。
アルバーノマジック信じるアルよ。 

2017年08月04日

まだSALE中-鋭い人はこういうのを狙う・ZANONE

News Categry:新入荷

P1070789%20%28480x360%29.jpg
P1070791%20%28480x360%29.jpg
この前アルバーノからNHKの生中継がありました。もちろんローカル。
「富山に全国から集まってくるイタリア、ナポリの服を扱う店がある。」
なんて話題だったらブッちぎってやったんですが、そんな訳ない。
レコードですよ。最近 若者にレコードが見直されているらしく、街中で洋服屋をやってるワタクシがレコード狂ということで、2FにCAFEを始めレコードをかけているという話でON AIR。
生は緊張しますね。まして、NHKさんの綿密周到な打ち合わせ。
リハーサルも3回程して、「え~あの~何だっけ。」って感じで、僕のカットも悲しいかな半分位にされました。
まだアドリブの方がなんとかなるんだけど、決まったことをしゃべるのはどうも苦手ですね。
さて、洋服の話なんですが、モチロン秋冬モノ、少しずつ入荷し始めております。
お盆あたりには、多少揃うと思います。来週には具体的に入荷状況お知らせできると思います。
そんな訳で、SALEまだ引っ張ってますよ。8、9月の装い、秋に着るものをお考えの方、まだまだおススメ残ってます。
そんなモノを店内からピックアップします。
P1070778%20%28480x360%29.jpg
P1070779%20%28480x360%29.jpg
P1070786%20%28480x360%29.jpg
P1070780%20%28480x360%29.jpg
P1070781%20%28480x360%29.jpg
P1070782%20%28480x360%29.jpg
P1070783%20%28480x360%29.jpg
P1070787%20%28480x360%29.jpg
P1070784%20%28480x360%29.jpg
P1070785%20%28480x360%29.jpg
ザノーネの長袖カットソー、ポロシャツ、クルーTシャツ。これはいい。
何がいいって、ザノーネだからいいのだ。なんでこんなカッコいいのが売れないの?なぜ売れない?
きっと試してみないから売れないのだ。プルオーバーは着るのが面倒。僕はプルオーバーだろうが、自慢の7.3分けが乱れようが、展示会で全て必ず着てみる。
デザインセンスがいいブランドは、何を着ても大抵いい。
そんな長袖ポロ。定番モノ。鹿の子とコットンストレッチ。
鹿の子は、白・グリーン・ブルー。ザノーネカラー。
コットンストレッチは、黒・アイボリー。
そして、アイスコットンの長袖Tシャツ。ブラック。スタイリング最高。
なんで売れない?僕の販売力がないからだろう。
試したら、きっと着たくなるよっ!!

2017年06月30日

ナポリ流とは何たるかPARTⅢ-TITO ALLEGRETTO

News Categry:新入荷

P1070478%20%28480x360%29.jpg
P1070488%20%28480x360%29.jpg
P1070493%20%28480x360%29.jpg
P1070499%20%28360x480%29.jpg
P1070502%20%28480x360%29.jpg
P1070504%20%28480x360%29.jpg
P1070511%20%28480x360%29.jpg
ナポリ流とは。前回の最後に、「答えはないも~ん。」
なんて、無責任極まりない発言で締めくくりました。
読まれた方の中には当然拳を固く握りしめた方もいらっしゃることでしょう。そんな方は有難いです。ちゃんと最後まで読んでくださっているという訳で、(一応一生懸命書いている僕としては)頭が下がる想いです。
結論として、僕には「ナポリ流」の明確な定義は出来ませんでした。
ただ、ナポリには腕があるし、手があります。
工場、工房が独創的な製法を身につけています。頑固であり、頑なに守り続けられる技術、伝統が根付いています。
それは、ピン、キリであり、多種多様であり、一つにまとめられません。
今 僕は完全にナポリに魂を売ってしまったようです。気がつけばイタリアというより、ナポリスーツ屋と化けております。
皆さんと一緒に入門編としてのナポリを、まず愉しみましょう。風格と色気は間違いありません。精神はエレガントに自分自身を磨き、ステップアップしていきましょう。
そのうち本物のナポリが見えてくる、かも知れません。
P1070494%20%28360x480%29.jpg
P1070497%20%28360x480%29.jpg
P1070498%20%28360x480%29.jpg
P1070475%20%28480x360%29.jpg
P1070476%20%28480x360%29.jpg
P1070480%20%28480x360%29.jpg
P1070481%20%28480x360%29.jpg
P1070483%20%28480x360%29.jpg
P1070489%20%28480x360%29.jpg
P1070490%20%28480x360%29.jpg
P1070491%20%28480x360%29.jpg
TITO3回目はスーツです。
アルバーノではTITOを扱い、もう2年経ちます。今回から2つ目の工場に変わりました。
基本パターン、モデル全て同じなんですが、仕上がりは違います。工場の技術、伝統が味を変えました。
それがナポリ。その一部始終を担当F氏から聞きながら、服作りの奥深さを知り、ナポリの面白さを実感します。
1番目は、ロロピアーナのミディアムグレーグレンチェック。打ち込みの強い生地。
2番目は、E・トーマスのモヘアウール。モヘアの光沢が美しいネイビーブルー。
3番目は、グアベロのファブリック。ブルーがほんのりかかったハケメのグレー。
ポケットは両玉縁。パンツは全て1タック。そんなに細すぎず、作りは腕のいいパンツ職人が作ります。

2017年06月20日

シャツはアートだ-ラストスパート

News Categry:新入荷

P1070447%20%28480x360%29.jpg
P1070451%20%28480x360%29.jpg
P1070454%20%28480x360%29.jpg
P1070457%20%28480x360%29.jpg
P1070466%20%28480x360%29.jpg
P1070460%20%28480x360%29.jpg
P1070463%20%28480x360%29.jpg
P1070469%20%28480x360%29.jpg
P1070472%20%28480x360%29.jpg
2FのCAFEの話が続く。店主のMさんは、市が運営するミニシアターを任されていた。残念ながら、昨年閉館になった。
一昨年出来たシネコンに、市がかなり補助した為だと聞く。Mさんと愛好会が存続先を探していたところ、当商店街(アルバーノのそば)で、クラブをやっていたT氏がその場所を提供し、シネマカフェとしてやることになった。
今の街中にそんなコアなシネマカフェが誕生したことは、すご~く大きい。
志の輔が月イチ出る寄席。ライブハウスもいくつもできた。ミレーの絵を集めたギャラリー。結婚式の2次会で使われる人気パーティースペース。ジャズ喫茶…。そして、ミニシアター「ほとり座」。
文化的スポットが増えてきている。イ~ッネ!
一般的には、「淋しくなったね。」という声は多い。
僕自身は小さな芽は出てきている、と感じている。後は、いろんなものがリンクしていけばいい。
日本で一つしかない面白い商店街。夢じゃない。
2FCAFE54.「ほとり座」の事務所も兼ねている。店主のMさんがほとり座をサポートしながら、カフェでイベントや大人の遊び場と銘打って、徒然草を詠む会、本場ソウルシンガーによる英会話…etcといった独自性のある集いを行っている。
僕も今考えているのは、週一日ジャンルやテーマを絞っての「音楽を愉しむ日」。
「ジャズ」、「ロック」、「ラテン」…の日。「叙情」、「郷愁」、…日。僕自身の独断のセレクトで時間があれば、僕がCD、レコードをかける(DJという言い方はなじまない。)
近いうちに始めよう。
P1070445%20%28480x360%29%20%28480x360%29.jpg
P1070446%20%28480x360%29.jpg
P1070448%20%28480x360%29.jpg
P1070449%20%28480x360%29.jpg
P1070452%20%28480x360%29.jpg
P1070453%20%28480x360%29.jpg
P1070464%20%28480x360%29.jpg
P1070465%20%28480x360%29.jpg
P1070458%20%28480x360%29.jpg
P1070459%20%28480x360%29.jpg
P1070461%20%28480x360%29.jpg
P1070462%20%28480x360%29.jpg
P1070467%20%28480x360%29.jpg
P1070468%20%28480x360%29.jpg
P1070470%20%28480x360%29.jpg
P1070471%20%28480x360%29.jpg
さて、今日はシャツはアート。まだ紹介していないうちに、サイズ欠け、完売のものが出てきました。
とりあえず、ラストスパートで紹介します。
ボルゾネッラから、1番目、シャンブレーのコットン。襟はセミワイド。
2番目、紺のオックスフォード。襟はセミワイド。
3番目、レギュラー襟のピンタック白。生地はオックス。
4番目、デニムシャツ。ヘリンボーン。襟はセミワイド。
5番目、シアサッカーストライプ。ボタンダウン。
続いて、エリコ・フォルミコラのワイドカラー2マーク。
6番目、リネン100、ライトブラーブロックチェック。
7番目、リネン100、ライトブルーストライプ。
ラストは、ギ・ローバーのカプリシャツから。
8番目、白オックス、長袖。9番目、ネップ入りコットンのグレーストライプ、7分袖。
まだ、モスカ等紹介出来なかったものもあるんだけど、今季のシャツはアート。これで最後になります。定番モノが多くなりました。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.