ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2020年01月23日

シンデレラの靴ころがってます

News Categry:新入荷

DSCN1175%20%28480x360%29.jpg
DSCN1174%20%28480x360%29.jpg
DSCN1172%20%28480x360%29.jpg
DSCN1176%20%28480x360%29.jpg
DSCN1177%20%28480x360%29.jpg
DSCN1178%20%28480x360%29.jpg
今日は福井から、Hさんが来店。
「今日はたっぷり時間があるんで、ゆっくりしていきますよ。」 買う気満々なのかどうかはわからないが、余裕ある表情に生活の充実ぶりがうかがえる
「福井に行ってもう7年ですよ。」 「え~っ、もう7年も経つ?!早いねぇ。」
Hさんは7年富山で過ごされ、福井に行って7年。転勤族だ。
独身時代から当店に通われ、気がついたら結婚、転勤。
彼の10数年人生の大切なターニングポイントを、服屋という視点で見続けてきた。
僕達の商いは、そんな人との縁を積み重ねていくことだ。
物語がどこから始まるかはわからない。いつまで続くかもわからない。
でも。それは自分自身の大切な財産である「衣」がとりもつ縁。
「やっぱりあの富山のお店は良かったな。」と、いつまでも気になる店だと想ってもらえる店でありたい。
今日は商品紹介ではない。Hさんに見染められて旅経っていったシーラップのブルゾン。
昨年の11月から代理店さんから借りている1点モノ。
かなりの方がこのブルゾンに興味を持たれた。サイズが合わなかったり、袖のワッペンが気になって断念される方もいた。(僕もこのワッペンが気になり、仕入れなかったような…。)
モールスキンと言うのか、コットンスエードと言えばよいのか、色はネイビー。襟のリブがやたら大きく個性的なモデル。
かなりの方の目に留まり、試着され最終段階までいった。
そんな人気のブルゾンに、ようやく相棒が見つかった。
「良かったよ。いい人に出会えて。幸せもんだな。」
SALEではいろんな出会いがある。僕達のような服屋はそれが魅力なんだよ。
王子様を待ってるシンデラの靴が、店内にゴロゴロある。
ところでこのシーラップのブルゾン。もう一つカッコイイブルゾンもあったんだけど、来シーズン別注でオーダーできるかなぁ。
確か素材はあったはず。オーダーに頭悩ます2月になりそうだ。

2019年12月27日

一家に一着・シーラップ アルバーノステンカラーコート&定番ピーコート

News Categry:新入荷

DSCN1171%20%28480x360%29.jpg
DSCN1127%20%28480x360%29.jpg
DSCN1110%20%28480x360%29.jpg
DSCN1068%20%28480x360%29.jpg
DSCN1074%20%28480x360%29.jpg
DSCN1151%20%28480x360%29.jpg
DSCN1159%20%28480x360%29.jpg
DSCN1078%20%28480x360%29.jpg
DSCN1119%20%28480x360%29.jpg
DSCN1138%20%28480x360%29.jpg
DSCN1141%20%28480x360%29.jpg
アルバーノに来店された方、皆さん有無を言わさず着せられているであろう隠し玉のステンカラーコート。着せないで帰そうものなら、僕は一生後悔してしまうであろう。
もし、着させて何の感動も感じてもらえないということであれば、僕の中で後悔などあろうはずもない。
それほど自信を持って、着てもらうステンカラーコート。
毎年書いているからくどいことは書かないけど、ホントこのコートのおかげで当店の威厳が保たれる、と言っても過言ではない。
このコートでシーラップの存在を知られた方数知れず。
まだまだ売りますよ。ヨボヨボのジジイになるまで。
そして、4年前登場しピーコートの世界に新たな風穴を開けたGENOVA(ロングピーコート)とAMLFI(ショートピーコート)。
シーラップのデザインバランスの良さは、着て体感してもらわないと語れない。
それからモチロン作りの良さ、丁寧さ。長年付き合えること間違いナシ。
DSCN1043%20%28480x360%29.jpg
DSCN1044%20%28480x360%29.jpg
DSCN1036%20%28480x360%29.jpg
DSCN1039%20%28480x360%29.jpg
DSCN1040%20%28480x360%29.jpg
DSCN1052%20%28480x360%29.jpg
DSCN1053%20%28480x360%29.jpg
DSCN1058%20%28480x360%29.jpg
DSCN1063%20%28480x360%29.jpg
DSCN1064%20%28480x360%29.jpg
DSCN1047%20%28480x360%29.jpg
DSCN1048%20%28480x360%29.jpg
DSCN1049%20%28480x360%29.jpg
DSCN1051%20%28480x360%29.jpg
今回 まずステンカラー。僕が着用しているのは、黒と紺。
黒は、42と48が在庫アリ。(金沢のTさんごめんなさいね。)
シンプル、ミニマムだけど、これほど曲線に満ちたシルエットはないんじゃないの?!
ピーコートについては、もう説明の必要はないでしょう。
ピーコート、GENOVAもAMALFIも紺のみ。
在庫でAMALFIのキャメル48が1点アリ。


2019年12月17日

不動のトレンチコート-シーラップ・アルバーノモデル

News Categry:新入荷

DSCN0966%20%28480x360%29.jpg
DSCN0926%20%28480x360%29.jpg
DSCN0919%20%28480x360%29.jpg
DSCN0922%20%28480x360%29.jpg
DSCN0924%20%28480x360%29.jpg
DSCN0934%20%28480x360%29.jpg
DSCN0935%20%28480x360%29.jpg
今年もやってます。シーラップのトレンチコート。
もちろん素材以外何も変えてません。長年当店のHPを御覧の方は、いつものやつだと思って下さい。
今ベルテッドコートは、オーバーサイズのものをゆったりと着ているのをよく見かけます。
シーラップのトレンチにしても、そんな感じのゆったりめのものが出ています。
時代の流れですかね。それを追いかけるのがファッションなんでしょう。
しかし、アルバーノでは格好良いと思ったスタンダードで飽きのこないものとつきあっていきたい。
長く着ていくことで愛着が増していくようなもの。
頑固一徹。流行でもない、英国調でもない、ジェントルマンでもない、どクラシックでもない、つかみどころのないトレンチ。
DSCN1009%20%28480x360%29.jpg
DSCN1010%20%28480x360%29.jpg
DSCN1011%20%28480x360%29.jpg
DSCN1012%20%28480x360%29.jpg
DSCN0999%20%28480x360%29.jpg
DSCN1000%20%28480x360%29.jpg
DSCN1001%20%28480x360%29.jpg
DSCN1002%20%28480x360%29.jpg
DSCN1003%20%28480x360%29.jpg
DSCN1004%20%28480x360%29.jpg
今回の生地は、コットン・ナイロンで張りのあるギャバジン。
昨年はピーチスキンでしたが、今年のものはオールシーズンO.K。
カラーは、ベージュと紺です。
初めての方に特徴を。チントラップ、エポレットはついていますが、肩章はなしです。肩章がないとスポーティーでクラシックさが薄れ、印象がかなり変わります。
肩幅はタイトですが、立体感があり不思議とジャケットの上からでも楽に着られます。
シーラップマジック。下襟が小さめで、プレスが弱いので、襟型が好きに変えられる。
着丈は身長によって違ってきますが、ひざ少し上と思って下さい。
シーラップ、ラストにご紹介するのは…ウールの定番(もうおわかりでしょう。)です。


2019年12月13日

ALESSANDORO LUPPIのハイゲージニット

News Categry:新入荷

DSCN0877%20%28480x360%29.jpg
DSCN0878%20%28480x360%29.jpg
DSCN0884%20%28480x360%29.jpg
DSCN0892%20%28480x360%29.jpg
DSCN0893%20%28480x360%29.jpg
DSCN0894%20%28480x360%29.jpg
DSCN0899%20%28480x360%29.jpg
DSCN0906%20%28480x360%29.jpg
英・伊の有名ブランドニットもいいですが、コスパを求めるならイタリアのアレッサンドロ・ルッピはいかがでしょうか?
今季 久しぶりにやりましたが、ZEGNA BARUFFAのキャッシュウールを使った丈夫なハイゲージは、間違いありません。
作りは有名ブランドのOEMを長年手掛けてきただけあって、すごくバランスがいいです。
一度だまされたと思ってお試し下さい。なんせ1万円台ですから、英・伊の有名ニットブランドを一枚買うと思えば、こちらは2枚買えます。
DSCN0864%20%28480x360%29.jpg
DSCN0865%20%28480x360%29.jpg
DSCN0866%20%28480x360%29.jpg
DSCN0867%20%28480x360%29.jpg
DSCN0868%20%28480x360%29.jpg
まずは、クルーネック。ライトグレー、メランジブルー、ラベンダー、ネイビー、ピンク、ミディアムグレー。
次はタートルネック。ネイビー、ボルドー、ミディアムブラウン。
続いて、Vカーディガン。ライトブルー、ライトグレー、ネイビー。
ラストが、ベスト。黒、紺、ベージュ、ミディアムグレー。


2019年12月09日

待ってたぜ!GABOのポロコート

News Categry:新入荷

DSCN0816%20%28480x360%29.jpg
DSCN0832%20%28480x360%29.jpg
DSCN0829%20%28480x360%29.jpg
DSCN0834%20%28480x360%29.jpg
DSCN0844%20%28480x360%29.jpg
DSCN0848%20%28480x360%29.jpg
いつ出そう、いつ出そうと、タイミングを狙ってたんですが、ついに出しちゃいました!
初雪も降り、グッドタイミング。ボーナスも出て(出てない?)ナイスタイミング。
もったいぶってたって?当たり前じゃない。こんなエキサイティングなポロコート、そんな簡単に紹介できましぇ~ん。だって、カッコイイんだも~ん。
これを着れば、あなたの背後にオーラが、後光がキラ、キラ、キラ☆。
「どなた様ですか?」なんて聞かれたら、「いや、名乗るほどの者でもございません。」なんて言って風のように去りましょう。
「俺に近づくとヤケドするぜ。」なんてクサイ台詞もいいでしょう。
DSCN0856%20%28480x360%29.jpg
DSCN0858%20%28480x360%29.jpg
DSCN0859%20%28480x360%29.jpg
DSCN0863%20%28480x360%29.jpg
DSCN0862%20%28480x360%29.jpg
DSCN0843%20%28480x360%29.jpg
DSCN0847%20%28480x360%29.jpg
DSCN0855%20%28480x360%29.jpg
3年目かな、このポロコート。そんなに沢山扱う代物でもないでしょう。
毎年2、3種類。昨年に続き、今回もダブルフェイス。GABOはとにかくハイレベルの生地しか使いませんから。
この生地でこのプライス?!「ビックリしたなぁ、もぉっ!!」 (ここは皆さん一緒に、棒読みで。)
「旦那 この値段で儲かるんですかい?」 (ハンド工程も入ってるんでしょ?)
「心配すんなよ。直輸入って言ってるでしょ。とにかく 着てみなよ。どうだい体にフィットするだろう。」
「これはあったかい。着てるというよりも包まれているって感じだ。」
♪やさしさにつつまれたなら~目に映る 全てのものはメッセ~ジ🎶
おいおい ユーミンかい。
ラペルの広さ。ダブルジャケット“PANAREA” を彷彿させる。
「迫力あるだろう。でも、そんなワルっぽくもなく、逆にクラシックで上品だろう。着丈はロングタイプもあったけど、流行がないようにショートタイプのものより5㎝長くしてもらったんだ。」
色は、グレーとネイビー。去年 キャンセルされたグレー。
今年はリベンジだぜ。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.