ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2021年11月03日

臨時休業のお知らせ

News Categry:店舗情報

誠に勝手ながら、
11月4日(木) 休業させていただきます。

2021年11月02日

営業のご案内

News Categry:店舗情報

明日 11月3日(水) 通常通り営業します。

11月4日(木) 休業させていただきます。 

2021年10月08日

臨時休業のお知らせ

News Categry:店舗情報

誠に勝手ながら 都合により
10月10日(日) 休ませていただきます。

2021年08月31日

連休のお知らせ

News Categry:店舗情報

誠に勝手ながら、
9月1日(水) ・ 2日(木) 連休
させていただきます。

2021年08月22日

ミラノの名店AL BAZALから感じること

News Categry:店舗情報

イタリア服を愛する者にとって、メンズショップの聖地ミラノにある名物ショップと言えば、「AL BAZAL(アルバザール)」。
お決まりのダブルのジャケットに身を包んだ、オーナーのリーノ氏の存在がこの店の顔である。
一度は訪れてみたい名店。僕も行ったことはないが、写真を見て驚くのは、商品の陳列とその在庫量である。
手が届かない三段ハンガーにギッチリ詰め込まれたスーツ・ジャケット・パンツ…。
決まったサイズのラックに収納されたニットやシャツ、タイ…。
在庫量なら負けない自信があるアルバーノもこれを見ると、「ハハァ~、参りました!どうぞ煮るなり焼くなり好きにしてくだせぇ~。」とひざまずくしかないだろ。
この店内を見ると、いろいろ考えさせられ、また想像してしまう。
ウチもどちらかと言えば、アルバザールタイプの店だが(店名はマネた訳じゃないよ。)、自然とそうなっていった??在庫を出し続けてる結果です。
でも、ここは最初からそれを想定したレイアウトを作りこんでいるのがスゴイ。
どこに何を置くか決め、後は想定通りの商品を仕入れ続ける。
これは、今年のモノ?これはいつの?なんて聞くのが陳腐だ。
「イタリアのクラシックな男の服に時代性なんてないよ。」と言われるだけだ。(スタイルに対する熱く強い想い。)
僕たち小さなショップには、この店の精神がうらやましい。(僕の感想だけど。)
ブレずに店内すべての服を愛し、男服の奥深さを伝えているのであろう。
この店に入ると、きっとそこには暗黙のルールがある。店員と客の距離感、そして「会話」だ。
「ちょっと見せてくれ。」とは言えないだろう。会話のキャッチボールの中から何かが生まれ、ショッピングを発展させていくのだろう。
僕達のような個人店の場合、その店毎のルールはあるべきだと思う。
モチロン主役はお客様であることには間違いないが。
アルバザールのスタイルは理想だ。だけど膨大な在庫を売りつくすのはただごとじゃないぜ。
当店も今の在庫を地道に売っていくのはツライものがある。
アルバザールは後継者問題もクリアしているのか。
だから、この在庫量を維持すればいいんだろうね。まぁ余計な心配か。
当店は後継者は考えていない。自分達でおしまいだと思っている。
だから、在庫は減らしていかなければならない。
だけど、アルバザールが僕の理想なんだよ。ん~、すっごい矛盾してる!
(どなたか10数年後?我こそは!と、手を上げてくれる方はいないか。)
ホントは、もっと沢山ハンガー作って商品おけるように改装したいんだよ~。

2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.