HOME > Albano News
2017年12月31日

今年もありがとう!!

News Categry:店舗情報

今年もあと1時間となりました。ギリギリはいつものことですね。
皆さんにとって今年はどんな年でしたか?
ファッション、十分愉しめましたか?
昨今のファッションスタイルは、失敗は許されないとばかり、カタにはまったモノ、ブランドに片寄る傾向が増しているように感じます。堅い、確かなセレクトだとは思います。
僕達 提供する側も、そんな確実なモノ、ブランドを集め、売り続ければ商売は安泰な訳です。
でも、優等生な守りのファッションがウケる時代は、なんか物足りなさを感じるなぁ。
もっと個をオリジナルを追究する時代になって欲しいと思います。
来年はそんな年になってくれるかな。いや、そんな簡単に人の意識は変わるもんじゃない。
ただ、ちょっとした個を表現することが注目される時代を求めます。勇気いると思いますよ。
でも、それが本当のファッションの愉しみだと思うんです。
“個性スタイル、みんなでトライすれば怖くない。”
今年最後も余計なことを書いてしまったかな。
本年もくどいオヤジのHPにお付き合いいただきありがとうございました。
こんな時代だからこそ、来年は思い切ってはじけてみようじゃありませんか。
皆さん 良い年を。

2017年12月30日

年末年始の営業案内

News Categry:店舗情報

12月31日(日)・1月1日(月)は、休ませていただきます。
新年初売りは、1月2日(火)午前10時です。

2017年12月28日

エレガントなバルカラー-シーラップ、ベルテッドコート

News Categry:新入荷

P1080816%20%28480x360%29.jpg
P1080814%20%28360x480%29.jpg
P1080815%20%28480x360%29.jpg
P1080805%20%28480x360%29.jpg
P1080806%20%28480x360%29.jpg
P1080807%20%28480x360%29.jpg
明日は2Fで、“ERICの年忘れMusic&dancing ナイト” です。
夏にやった、“モータウンナイト” に続き、2回目のダンスパーティー。
いわゆるDISCO大会です。1回目は全ディスコタイムで3時間近くぶっ飛ばしましたが、今回はERIC(プリンスのバックもやっていたプロのシンガー)の本場ブラコンナンバーもたっぷり聴けそうです。ERICは、スティーヴィーワンダーの曲もオリジナルキーで歌えるほどのファルセットヴォイス。
音楽担当は(いわゆるDJ?)は、モチロン オーナーの私が担当。
ERICは僕と同世代なんですが、80年代の打ち込み系の音を嫌うので、70年代の曲が中心となります。(こだわるんです。)
1回目は30曲ほどやりましたが、レコードプレイヤーが1台しかないので、CDとかけ合わせるのも大変でした。
今回はディスコタイムも半分位なので、ゆっくり愉しめそうです。50代以上が楽しめる(モチロン若い方も)、大人のダンスパーティーはどんどんやるべきですね。
P1080809%20%28360x480%29.jpg
P1080812%20%28480x360%29.jpg
P1080813%20%28480x360%29.jpg
P1080811%20%28480x360%29.jpg
さて、今回は今年最後の紹介となりました。1つ残っていましたシーラップ。バルカラーのヒザ丈ベルテッドコート。新作?モデル。
若干 ルーズなストレートライン。(ウエストをベルトで絞ると、Aライン調。)肩回りはラグランスリーヴですが、タイトめです。
そんなトレンド色を出さないのが、シーラップの良さ。長い間愛用してもらえるように考えてあります。
この前ご紹介したアルバーノステンカラーのシャープさとは正反対のエレガントな雰囲気の現代調スタイルです。素材もおなじヘリンボーンのダークグレーです。
京都の学生時代 DISCOでは、クローズド、ボール、C.Pカンパニー等のイタカジが全盛でしたが、僕は、Y’s、コムサのDC派でした。
土曜の夜は、ファッションキメて、気合い入りまくり。ナンパなんて関係ないぜとばかり、ソウル、フュージョン、踊り狂ってましたね。
1980年。京都の夜は熱かった。

2017年12月22日

未完の大器?-TITO ALLEGRETTO

News Categry:新入荷

P1080801%20%28480x360%29.jpg
P1080796%20%28480x360%29.jpg
今日も朝から一人ジャケット試着大会。仕事か趣味か。まっ、どっちでもいいんですけど、気持ちが落ち着く。1着、1着かみしめながら、鏡とニラメッコ。
そこに何が見える?いろんなものが見えますよ。ジャケット達は、それぞれの特徴をアピールしてくるんです。面白いよね。ジャケットが違えば、僕自身も別人に見える。(生地じゃなく、フォルムだよ。)
だから、ジャケットはやめられない。
わかる人にわかるのは普通。わからない人に、「この人のジャケット、なんかスゴイ。」って思ってもらえることが本望。皆さんもそんな視線をビンビン感じて下さいね。
イタリアの服作りに乾杯!北の服は構築された感性美。優美なインテリアを連想する。
ナポリは深い。僕は今、ナポリの魔法にかけられている。今日もデ・ペトリロに数十回袖を通す。
なんなんだろう。この芳醇な香り。男に色気という隠し味を吹き込んでくるナポリのモノ作り。
まして、ナポリサルトの世界は究極だろう。どれを着てもスゴイとしか言いようがない。
そろそろ挑戦してもいいんじゃないか、いや しなければいけない。アルバーノ流に。
ナポリサルトの服も持たずに、ナポリを語れないだろう。ペトリロ、GABO、そして、今日紹介するティトのラインナップで来春はいく。
ペトリロはナポリの本質との出会いを作ってくれた。GABOは来年は飛躍の年にしたいと考えている。
そして、ティトアレグレット。ナポリ好きのF氏の情熱に付き合って2年が経つけど、まだ問題点も多い。ペトリロもそうだったけど、ナポリの奥深さ、服作りの面白さを味合わせてもらっている。来年は真価が問われるだろう。
今回も入荷が遅すぎた。お客様もついてきだしていたのに…、もったいない。
P1080804%20%28360x480%29.jpg
P1080803%20%28360x480%29.jpg
P1080799%20%28480x360%29.jpg
P1080800%20%28480x360%29.jpg
P1080802%20%28480x360%29.jpg
P1080795%20%28480x360%29.jpg
P1080797%20%28480x360%29.jpg
P1080798%20%28480x360%29.jpg
P1080791%20%28480x360%29.jpg
P1080790%20%28480x360%29.jpg
P1080793%20%28480x360%29.jpg
P1080794%20%28480x360%29.jpg
年暮れになったけど、一部ご紹介を。
丁寧、キレイに仕上がっている。タイトなジャケット。ナポリらしさも感じてもらえるはず。
後は、お客様の評価だろう。
今日は、スーツ2マーク。
まずは、ダークネイビーのグレンチェック。TGのしなやかな素材。
次は、ネイビーのオルタネートストライプ。REDAの素材。ストライプも控えめで優しい。
もっと早く入荷していたら、デ・ペトリロを脅かす存在になっていただろうなぁ。

2017年12月15日

硬派なピーコート・シーラップGENOVA、AMALFI

News Categry:新入荷

P1080755%20%28360x480%29.jpg
P1080760%20%28360x480%29.jpg
P1080762%20%28360x480%29.jpg
P1080765%20%28360x480%29.jpg
シーラップの紹介も、あと2型になりました。(まだあるの?)
「もう いいアウター買ったからいらないよ。いつも紹介遅いねぇ。」
まぁまぁ そうおっしゃらずに、もったいぶってるつもりもないですし、それだけ愛情たっぷりにねっとりと語りたいんですよ。早く紹介してしまうと、さみしくなっちゃうじゃないですか。おいしいものは最後にとっておくタイプです。
勿論 コートですからこのタイミングになっちゃうんですけど、皆様の懐もホットな時期ですし、今冬はかなり寒くなりそうなので、「こいつは温かいコートの一つでも買おうかな。」という御兄も出てくるのではないでしょうか。
さぁ、目の前にありますシーラップのロングPコート“GENOVA”。
しっかりネーミングされたってことは、シーラップもちょっとブランドとしての色気を出してきたということか?
これはっていうモデルは全てネーミングされております。
今までのシーラップでは考えられなかったことだ。そんなシーラップの「本気見せたるで」精神を感じながら、ネイビーメルトン42サイズを羽織ってみましょう。
ハンガーからはずし手に持つと、お~っとズッシリ重さを感じます。しっかりしたいいメルトンだ。
五十肩のありえない再発にとまどいを隠せない僕は、手を後ろに持っていく時に走る激痛と悪戦苦闘しながら袖を通す。
そして、真ん中のボタンをとめる。ウッこれはタイトだ。真ん中のボタン周りがウエストにはりついて胃からゲップが出そう。(そりゃウソだ。)
いや流石 イタリアンドレープがなせる技か、手に持った時の重さはそんなに感じない。
シルエットはどうだ。大きな襟とタイトな肩巾、ボディの絶妙なハーモニー。
シーラップらしいモードとクラシックの間。流行なんてケセラセラなシンプルさ。アダルトな余裕を感じますね、山本さん(小鉄)?
後ろ襟を立ててみましょう。な、な、なんだこの襟の固さ。襟立ちの良さがシーラップの魅力。頭を後ろにやろうもんなら、ハジキ返されそうな勢いだ。
こんな男っぽいハードでエレガントなピーコートはないぞ。
試されたことのない方は、是非一度。アルバーノに足を踏み入れた以上必ずや着せられるでしょう。
一人実況中継でした。
P1080756%20%28480x360%29.jpg
P1080757%20%28480x360%29.jpg
P1080758%20%28480x360%29.jpg
P1080759%20%28480x360%29.jpg
P1080761%20%28480x360%29.jpg
P1080763%20%28480x360%29.jpg
P1080764%20%28480x360%29.jpg
P1080766%20%28480x360%29.jpg
P1080767%20%28480x360%29.jpg
P1080768%20%28480x360%29.jpg
P1080780%20%28480x360%29.jpg
そんな訳で、最近の小ヒットとなっているシーラップのピーコートロングバージョンの“GENOVA”とショートバージョンの“AMALFI”です。
紺とキャメルの2色。どちらもデザインが一緒で、裏地にエコダウンと言われるサーモアが入ってます。
とにかく時代を超越した硬派なピーコート。
アルバーノの冬の風物詩となって3年がたちます。

◀ Back 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.