HOME > Albano News
2020年09月20日

シーラップがやって来た。“ヤーヤーヤー”。

News Categry:新入荷

DSCN2423%20%28480x360%29.jpg
DSCN2424%20%28480x360%29.jpg
アルバーノ、秋冬のエース『シーラップ』が来たあぁ~! 待ってましたよ!
怒涛の12パッキン。しか~し、まだ全量じゃないのだ!
どれだけシーラップ入れてるんだよ。バカじゃないの?大丈夫? 楽勝、楽勝。
これでも絞り込んで、厳選して入れてるんだから。
もうこれからは挨拶代わりに、シーラップをひと羽織りしてからね。
着せまくっちゃうぜ。ベイベー。ノックアウト間違いなしアルヨ。覚悟はいいかい?
内容?初めての方から、通の方まで皆さん何か引っかかるはず、絶対。
定番モデル、アルバーノ別注モデル、そして、新作もバッチリ。
今回はブルゾンを多めに入れてま~す!
まぁ、とにかく確かめにいらして下さい。
ハイクォrティ、シンプル、ミニマル、スタイリッシュでクラシック、ちょっぴりモードでお茶目なヤツ。
そんな質実剛健で迫力のあるコートじゃない。
誰でも着こなせる粋なイタリアンスピリッツ。
羽織ればO.K。男らしくも色っぽくも大人のSEXY全開。
ただ~し、各サイズ1点はアルバーノのセオリー。
今年の暑い夏、お問合せ頂いた皆様、「届きましたよ~。売り切れないうちにお待ちしておりま~す。」

2020年09月10日

アルバーノのこれから…。

News Categry:店舗情報

DSCN2418%20%28480x360%29.jpg
働き方の変化にともない、仕事着、服装も自由になってきた。
スーツ・シャツ・タイという決め事がなくなりつつあり、場所や相手に応じたスタイルを求められる時代がやってきた。
店側も今まで通りの決まったアイテムではなく、もっと幅広い着こなしを提案していかなくてはならなくなってきている。これからの仕入れがますます難しくなってきた。
来春夏の仕入れは終わったが、こんな仕事様式の変化に、どう対応すべきかいろいろと考えた。
当店は、セレクトショップではある。その前に意識的にこだわっているのは、『イタリア服のスーツ屋』であるということ。
セレクトショップ多しと言えど、どこだってその店のカラーはある。
ここは店主の好み、カラーが出るところ。
どんなに時代が流れようと、僕はスーツ・ジャケットにシャツを合わせるスタイルが一番カッコイイと思っている。
だったら、時代の変化なんて気にせず、自分の好きなスタイルを売っていくしかないだろ。
イタリア製じゃなきゃダメなんだっ!!
完全イタリアバカだよね。
日本のオーダースーツはやらない。
やれば在庫は軽減できるのに。どんなに在庫が増えても、イタリア服に囲まれて死ねれば本望だよ。(ホントにね。)
今 あらためて想う。イタリアの伊達男が、スーツ・ジャケットとシャツにこだわる情熱を。
レザーが流行っている。ダウンが流行っている。
それはそれでいいじゃないか。
でも、僕はそこにはこだわらない。
バカだね、ホント。流行るものをもっとやればいいのに。
ただ、僕はこれを読んでくれている方々に向かって書いているのではない。
だって、皆さんはイタリア服の良さを知ってるはずだし、否定する人はいないだろうから。
同じ洋服に魅せられた仲間、同志だよ。
じゃぁ、誰に向かって書いてるかって?それはこれを読んでいない一般の男たちに。
ごめん、なんか話が分からなくなってきたね。
とにかく時代に逆らおうが、柔軟性がなかろうが、コロナがどうなろうが、アルバーノの来春夏は、スーツ・ジャケット・シャツを今まで通り、いやそれ以上に強化していくよ。
世間で売れてようが、売れてなかろうか、関係ない。
僕が好きなブランドのスーツ・ジャケット・シャツを勧めていく。それが僕に与えられた特権なのだ。

2020年08月25日

連休のお知らせ

News Categry:店舗情報

誠に勝手ながら、
26日(水)・27日(木) 連休
させていただきます。

2020年08月18日

連休のお知らせ

News Categry:店舗情報

誠に勝手ながら、
19日(水)・20日(木) 連休
させていただきます。

2020年08月14日

レコードトークナイト-フィリッポ・デ・ローレンティスの半袖ニット

News Categry:新入荷

DSCN2270%20%28480x360%29.jpg
DSCN2300%20%28480x360%29.jpg
DSCN2301%20%28480x360%29.jpg
DSCN2303%20%28480x360%29.jpg
先週 アルバーノの2F、CAFE 54で、【レコードトークナイト】の7回目を行いました。
このイベントは、音楽を通じて知り合った友人T君が、長年あたためていた案です。
僕の音楽空間でレコードをみんなで聴きながら、あ~でもない、、こ~でもないといろんな話をしたら楽しいよね。とりあえずやってみようか。ということで、始まったイベントです。
毎回メインゲストを迎え、テーマを決めて(あの夏の想い出とか、秋の夜長に何を聴きたいとか…。)
それにあったレコードを持ち寄り、僕とT君がパーソナリティとなり、ラジオのDJ調に進めていきます。
別に事前に打ち合わせもなく、いきあたりばったり、音楽のジャンルもバラバラだし、トークもバラバラ。それでも気がつけば、もう7回目です。
いや~、今回も楽しかったですよ。コロナで自粛ということもあり、今年の1月以来の再開でしたから。
今回はコロナ対策として、人数制限(と言ってもいつもそんなに集まらないですよ。)、飲み物を飲むとき以外はマスクして、換気も徹底しました。
今回 特別ゲストはいなかったのですが、テーマは『ライブに行きた~い。』
20代から60代まで幅広いゲストが揃い、静かにはじけました。
ホント レコードの音はデジタルとは全く違って、太く、繊細、ナマの音に近いんです。
僕の20年前の奮発して買った音響に、T君のシステムを合体させたモノラルレコード対応の音。
商店街だからこそできる爆音で(かなり外に音がもれていたでしょう。換気のためにドアも開けてましたからよけいに。)、しっかりとレコードの生音を体感しました。
次回は秋に開催予定ですので、音楽に興味ある方も、ない方も、レコードの生音を体感してみたい方は、ぜひCAFE 54のFACEBOOKをチェックして下さい。
DSCN2294%20%28480x360%29.jpg
DSCN2295%20%28480x360%29.jpg
DSCN2296%20%28480x360%29.jpg
DSCN2297%20%28480x360%29.jpg
DSCN2298%20%28480x360%29.jpg
DSCN2299%20%28480x360%29.jpg
さて、今日はまだ紹介していなかった夏物を。
どこのお店も秋冬物の紹介に入っているというのにね…。まったく。
初めてやるニットブランド。フィリッポ・デ・ローレンティス。
長袖はクルーネックの無地を2種類やっているのですが、今日はポロネックの半袖ストライプ。
紺ベースに白・ベージュのライン。カーキベースに白・ブルーのライン。もう1種類は、スキッパー襟。
これも紺ベースに白・オレンジのライン。
年齢問わO.K。まだ1ヶ月はいけるでしょう。もうちろんプライスは、セールプライスでお買い得になっております。


2 3 4 5 6 7 8 9 10 Next ▶
COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.