HOME > Brand Data > 幻のオールドモデル9841-フェリージ
ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2018年11月15日

幻のオールドモデル9841-フェリージ

News Categry:新入荷

P1100132%20%28480x360%29.jpg
P1100135%20%28480x360%29.jpg
P1100137%20%28480x360%29.jpg
P1100129%20%28480x360%29.jpg
P1100130%20%28480x360%29.jpg
P1100131%20%28480x360%29.jpg
久しぶりだなぁ。元気だったか?たまに懐かしんでいたんだぜ。
何年ぶりだろう。展示会会場で、久しぶりに見かけた古い友人に、声をかけずにはいられなかった。
ヤツも照れくさそうにはにかんでいた。
「もう会えないと思っていたけど、フィーゴのSさんが、アルバーノの為にと仲を取り持ってくれたんだろ。」  「ああ見えても彼は、結構気の利く男だからな。」
ゴメン、話はフェリージ伝説のオールドモデル9841の復活の話。
涙の別れのブログを書いてから、5年位経ったけ?
いやぁ、サプライズだよ。2018A/Wのリストに入っていたのを知り、僕の興奮は抑えきれなかった。
ナイロンもいいんだけど、レザー一色ではなく、ボディとハンドルの色を変えるのがアルバーノ流。
毎年、毎シーズン色を悩んだ。そして、熱く、くどく勧めるのが流儀。
いくつ売ったかわからないが、買って下さった方々は今でも愛用してくれてるのかな?
丈夫さが売りのフェリージだけど、この革のタイプは特別頑丈。
P1100121%20%28480x360%29.jpg
P1100122%20%28480x360%29.jpg
P1100124%20%28480x360%29.jpg
P1100125%20%28480x360%29.jpg
P1100126%20%28480x360%29.jpg
P1100127%20%28480x360%29.jpg
今回 悩んで3色選んだ。ボルドー×ブラック、グリーン×ミディアムブラウン、ライトブラウン×ダークブラウン。久しぶりだから、少しインパクトを出した。
なるべく迎え入れたことのない色を選んでる。ボルドーは入れたっけ。
まぁ、また少しずつ売っていけばいいや。
BY THE WAY 2019S/Sの展示会。奴は…古い友人は、どこを探してもいなかった。
ざわ、ざわ、ざわ…。
担当S氏 「ほとんど注文つかなかったから、はずしちゃいました。」
「そんなっ…、血も涙もないことをっ!復活したんじゃないの?幻だ。幻だよ。9841。今だけだよね?またいつか、きっと戻ってくるよね?」
子供のように願った。
そんな訳でして、この3色で全てです。売れたら最後。見ることはないです。
しかし、僕はまた再会できると信じています。
チッ、もし知っていたら10色位入れてただろうなぁ…。

2018年11月11日

臨時休業のお知らせ

News Categry:店舗情報

誠に勝手ながら、明日11月12日(月) 展示会出張の為、休ませていただきます

2018年11月09日

ペトリロのアンコンは、こだわりのしなやかさ

News Categry:新入荷

P1100052%20%28480x360%29%20%28480x360%29.jpg
P1100054%20%28480x360%29%20%28480x360%29.jpg
P1100028%20%28480x360%29.jpg
P1100029%20%28480x360%29.jpg
P1100031%20%28480x360%29.jpg
ペトリロのアンコンジャケット。10年近い付き合いになる。
一番最初のモノは、GAIOLA時代 『AGOEFILO』 というモデルで、シワになりにくい生地を使ったもので箱に入っていた。
今でも僕の愛用品、サキソニーのチョークストライプ。
生地が多少冬っぽくても、シーズンのは初めから着られるのが、アンコンのいいところ。
ホント ペラペラなんだけど、着ると体に吸い付いてきて、構築性が出る。肩もイセ込んであり、ナポリ調アンコン。しなやかだよ。
その後のぺトリロのアンコンの変遷は、ずっと綴ってきた。
今は、NUVOLAモデルとして、スタイルが確立された。
多少 構築的な顔つきになったが、作り方は最初から変わってないんじゃないかな。
ペトリロの『NUVOLA』は、ナポリには珍しいアンコンスタイルとして、他のブランドのアンコンとはまた違った雰囲気を醸し出す。
P1100049%20%28480x360%29%20%28480x360%29.jpg
P1100058%20%28480x360%29%20%28480x360%29.jpg
P1100057%20%28480x360%29%20%28480x360%29.jpg
P1100050%20%28480x360%29%20%28480x360%29.jpg
P1100060%20%28480x360%29%20%28480x360%29.jpg
P1100059%20%28480x360%29%20%28480x360%29.jpg
P1100051%20%28480x360%29%20%28480x360%29.jpg
P1100055%20%28480x360%29%20%28480x360%29.jpg
P1100056%20%28480x360%29%20%28480x360%29.jpg
今日は、『NUVOLA』のANACAPRI、3連発。
まずは、サキソニー、ネイビーのウインドーペン。僕が最初に着たチョークストライプと似た厚み、しなやかさ。ペンの色は、パープルとブルー。写真では目立って見えるが、実際はおとなしい。
次は、最初のものよりちょい厚手。ダークベースに赤っぽいブラウンのグレンチェック。
今回 かなり人気です。ちょっとクセありそうだけど、そんなキツイ感じでもない。オシャレ度バッチリ。
ラストは、ツィーディーなグレー。黒のウインドーペンがボヤっと入ります。合わせやすく着回しやすいです。

2018年11月09日

臨時休業のお知らせ

News Categry:店舗情報

11月12日(月)は、展示会出張の為 休ませていただきます。

2018年11月03日

シャツはアートだ-エリコ・フォルミコラ

News Categry:新入荷

P1100010%20%28480x360%29.jpg
P1100022%20%28480x360%29.jpg
P1100019%20%28480x360%29.jpg
P1100016%20%28480x360%29.jpg
かなり昔から見ているお笑い番組と言えば、「タモリ倶楽部」。
今では国民的人気タレントタモリですが、大昔 「ウワサのチャンネル」という番組で、イグアナ、四か国語マージャン等をひっさげてデビューした頃(僕が小学生の頃)は、こんなに有名になるとは…。
今でも僕は、タモリの本当の顔は、B級、マニアックな部分にこそ発揮されると思っております。
「タモリ倶楽部」と言えば、ご存知 “空耳アワー” のコーナー。
もう大好物!です。ハードディスクに撮りためて、何度も見返して喜んでいるほどの大ファン。
名作を見るごとに、いつも 「よくこんなん探すわ。」 と一人で感心しています。
僕も四六時中音楽を聴いていますが、そういう才能は無いんでしょう。
真剣に探してみたこともないですが、あ~いうものは真剣になって見つかるもんでもないな、と思う。
でも、ただ聴いていて聴こえるってもんでもない。ある程度の強引なダジャレ的才能がないと聴こえないと思うのであります。
P1100026%20%28480x360%29.jpg
P1100025%20%28480x360%29.jpg
P1100024%20%28480x360%29.jpg
P1100023%20%28480x360%29.jpg
まぁ、そんなくだらない話はおいといて、今日はシャツ。エリコ・フォルミコラのワンピースカラー。
そう、おなじみの 『NISIDA』 です。
毎シーズン紹介しています。お客様の評判もかなり上々です。
日本ではこの襟型をやってるお店はほとんどないとか…。ウチだけ。
いつも言っておりますが、変幻自在、臨機応変、フレキシブルな襟です。好きなように遊んで下さい。
残念ながら今回はキャンセルが多く、このギンガムチェック3色のみとなっちゃいました。
カーキ、ネイビー、グレー、どれも使いやすい柄です。ソフトネルです。
ジャケットにセーターにお好みでどうぞ!

COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.