HOME > Brand Data > どんな生地を選ぼうともペトリロはペトリロ
ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2018年10月09日

どんな生地を選ぼうともペトリロはペトリロ

News Categry:新入荷

P1090938%20%28480x360%29.jpg
P1090941%20%28480x360%29.jpg
P1090947%20%28480x360%29.jpg
3連休多いね。皆さんはどのように3連休を過ごされるんだろう。
計画をたて旅行される方、無計画に過ごされる方…いろいろだろうね。
僕達自営業者は、否が応でも、「まくったるでぇ~。」という期待感でいっぱい。
「3日間どんなドラマが待っているのか?」  想像してもなるようにしかならないんだけど、忙しく売り上げも思い通りにいけば、心身の疲れも心地良い疲れになる。
反対に盛り上がりもなく、静かに過ぎ去れば、何とも言えないドンヨリとした疲れが押し寄せる。
そう、世に言う「ヒマ疲れ。」というヤツだ。
だけど、僕らもロングバケーションを楽しみたい、という欲望はあるよ。
旅行を楽しむのは嫌いなものは少ないだろうけど、「3日間ボ~っと過ごせ」と言われると、正直後ろめたい気持ちもある。
もし、店を開けていたら、ウチに来ることを楽しみしていた人が来たのではないか?遠方から迷店アルバーノに寄った人がいたのではないか?
そういう考えがどうしてもついてまわる。(クソ真面目なのか、病気なのか?)
まして、3日間 ボーっとしろと言われても、何をしていいものか。ファッション雑誌を読みあさり、なんかいいネタでもないか、と探す時間。あとは、ど~する?ど~する?と相棒と口論勃発。
そうなんだよ。休み慣れてないんだよ。
なんかもっと熱くなれる趣味を持たなきゃな。思いきりバケーションを楽しみたいゼ。
今日はスーツの紹介なんだけど、スーツの使い方は広がりをみせてきていると感じている。
ビジネススーツと遊びスーツ。
僕達ALBANOはスーツ屋を宣言しているんだけど、ビジネススーツはかなりガチガチな生地路線になってきているように感じる。
生地で冒険する方は、かなり減っている。
英国路線とは聞くけど、僕らの地域ではかなり保守的だ。
だから、僕達の生地セレクトもそういったものを中心に考えなければならない。
前々から僕は、『ジャケットのフォルムの奥深さを突き詰める派』だから、生地について深いこだわりはない。
とはいえ、ジャケット、スーツはフォルムと生地とのハーモニーである。
バランスが大切。保守的な生地でも、厳選しなければならない。
今日は、フォルムには安定感があるデ・ペトリロ。
ナポリサルトが、追い求めるプレタポルテ。ナポリモデルは、非の打ちどころがないだろう。
どんな材料(生地)を料理しても、ペトリロはペトリロ。
P1090946%20%28480x360%29.jpg
P1090935%20%28480x360%29.jpg
P1090936%20%28480x360%29.jpg
P1090937%20%28480x360%29.jpg
P1090945%20%28480x360%29.jpg
P1090939%20%28480x360%29.jpg
P1090940%20%28480x360%29.jpg
P1090944%20%28480x360%29.jpg
まずは、チャコールのグレンチェックにうっすらブルーのオーバーチェック。
繊細な緑だから、かなりおとなしい。素材感もバリバリのロングシーズンタイプ。実用的。
もう一つは、ネイビーのピンストライプ。これもラインが控えめ。ロングシーズンタイプ。
このあたりの生地にはずれはない。後はデ・ペトリロの美しいフォルムに酔いしれるだけ。


2018年10月02日

クールに語るニット-ザノーネ・1

News Categry:新入荷

P1090934%20%28480x360%29.jpg
P1090933%20%28480x360%29.jpg
P1090932%20%28480x360%29.jpg
入荷して足がはやいモノ。
ザノーネなんだけど、CHIOTOでも、タートルでもない。
今回 初登場モノ。
襟つまプルオーバー。スキッパータイプのニット。
いや、なんだろう?ザノーネのこの切れ味。
ニットってソフトな柔らかさで包み込む温かいモノ。
ところが、ザノーネを着ると、シャープで研ぎ澄まされた美を感じる。ベリークール。
シンプル、ミニマムだよ。特にデザインを主張してる訳じゃない。
でも、なんかジャケットやブルゾンなんかなくても、「俺が表現してやるぜ。俺に任せな。」って言ってるような美意識を感じるんだ。
頼もしい奴だよ。シンプルにこそイタリアの美はあるんだぜ。君には見えるかい?
今 到着し、早速てんてこ舞いしているシーラップと一緒だ。
「洋服の曲線美。」
それは、デザイナーだけのモノじゃない。俺たちプロダクトするものが生み出す美なんだよ。
とにかくジャケットを脱いでも安心しな。
P1090926%20%28480x360%29.jpg
P1090930%20%28480x360%29.jpg
P1090928%20%28480x360%29.jpg
P1090929%20%28480x360%29.jpg
P1090927%20%28480x360%29.jpg
P1090931%20%28480x360%29.jpg
今日のスキッパーポロ。展示会で試着し、先に書いたようなことを感じた。
3色をセレクト。黒・ライトグレー・フォレストグリーン。
Vはほとんどあかない。下は見えない方がカッコイイかな。
素材はいつものミドルゲージ。着たことのない方に言っとくけど、ホント毛玉は出来ないよ。
サイジングは他のデザインと同じ。
あとは、このクールに主張するヤツをどうコーディネートで魅せるかだ。
それはあなたの腕次第。

2018年09月28日

永久定番希望【モッズコート】-シーラップ

News Categry:新入荷

P1090907%20%28480x360%29.jpg
P1090906%20%28480x360%29.jpg
P1090908%20%28480x360%29.jpg
P1090913%20%28480x360%29.jpg
P1090910%20%28480x360%29.jpg
P1090916%20%28480x360%29.jpg
P1090918%20%28480x360%29.jpg
P1090914%20%28480x360%29.jpg
P1090915%20%28480x360%29.jpg
どんなに気に入っても、各サイズ1点を基本として入れることが、当店の主義。
その分種類を沢山入れたい。
欲張りなヤツ。商売ベタ。
担当者:「数はどうされますか?」
僕:小さな声で、かわいらしく、「各1で…。」
ミニマムがあるものは、中心サイズを2、3点いくこともありますよ。
ただ、このコートだけは、生地の残りに限りがありました。
他の生地でメインモデルとして、このモデルに使われていたんだけど、「ヤダ、ヤダ、去年の生地がいいっ!」と駄々をこねて、泣いても、笑っても、残ってる生地の分だけオーダーさせてもらいました。
シーラップの2、3年前に出たモッズコートですよ。カッケ~!
どこから見ても、シーラップ魂が炸裂。マスターピース。
確か、昨年も入荷早々に紹介して、即 完売。
その後も問い合わせが殺到してた。アイツですよ。
あの時の皆さん、買えたのかな?えっ?ダメだったって?!さぁ リメンバー、ラストイヤー。
ウチも定番に昇格させたいんだけど、この生地でね。
ちなみにモッズと言っても、ルーズなタイプじゃございません。
タイトなモッズ。織田裕二タイプとも違う。「さらば青春の光」のスティングとも違う。
シーラップ目線のシーラップしか作りえない武骨でシャープなSEXYダイナマイト!
P1090922%20%28480x360%29.jpg
P1090923%20%28480x360%29.jpg
P1090925%20%28480x360%29.jpg
P1090901%20%28360x480%29.jpg
P1090902%20%28480x360%29.jpg
P1090903%20%28480x360%29.jpg
P1090904%20%28480x360%29.jpg
P1090909%20%28360x480%29.jpg
P1090911%20%28480x360%29.jpg
P1090912%20%28480x360%29.jpg
そんな訳で、なくならないうちに紹介しないとね。
色は、ブラックとブラウン。
ライナーはダウン。脱着できる。あったかいっスよ。
インナーをはずせば、シーズンレス。
ジャケット、スーツの上に、Tシャツ、ニットの上に羽織るだけ。
再度言いますが、この生地でこのモッズコートは、ウチにあるだけです。
争奪戦になること必至。
手に入れた者は、ヴィクトリー!


              

2018年09月21日

シーラップがやってきた、ヤァ、ヤァ、ヤァ!

News Categry:新入荷

P1090867%20%28480x360%29.jpg
アルバーノの顔である、人気者「シーラップ」が入荷いたしました!
予定の70~80%くらいの入荷です。
今回も内容はワンパターンかもしれません。
でも、傑作モデルは、変わらなくていいんです。ご安心下さい。
去年悩んで買いそびれた方、色違いが欲しい方、くたびれたから買い替えをお考えの方…、シーラップは基本変わりません。
いつものアルバーノモデルも健在です。
モッズコートはムリ言って、アルバーノが希望する生地で作ってもらいました。
色はブラックとダークブラウンの2色で、各サイズ1点ずつでご用意いたしました。
こちらは早めにチェックされた方が良いと思います。

アルバーノを支えるイタリア スタイリッシュコート。
ご来店、メール、TEL お待ちしております。

2018年09月20日

このコスパは半端ないっ!-GABO

News Categry:新入荷

P1090881%20%28480x360%29.jpg
P1090882%20%28480x360%29.jpg
P1090871%20%28480x360%29.jpg
P1090869%20%28480x360%29.jpg
何やらアルバーノのクロージングコーナーには、黄色のハンガーにかかった服が増えてきたようだ。
なんたってアルバーノの重衣料コーナーは、増殖が早いのだ。
気がついた時には、縄張りを広げコーナーを占領している。イエロー旋風。
その正体は…、GABO。ガボ、ガボ…。
この春 売れる服の方程式が、僕流の勝手な解釈で解かれたんだけど、皆さんには伝わらなかったよね。自分でタイトルつけといて、一人で結構 苦しみもがいてたもん。
まぁ いくら称賛の言葉を並べようと、実践にかなうものナシ。
「いやぁ~、ナポリの服作りって、奥が深いもんですねぇ~。」
なんて 古い映画評論家きどって、知ったかぶりに勢いで言ってるんだけど…。
ハンドあり、マシンあり、ハンドとマシンの融合あり、ドレープ感の差、ミリ単位で違ってくるフォルム。
ナポリのジャケット作りは、面白いということは間違いない。
当店のクロージングコーナーは、ナポリ臭が充満してきた。
デ・ペトリロは柔軟性があり、いろんな引き出しを持っている。
ずっと見てきたけど、真面目で研究熱心だよね。
今はなかなか僕らのワガママも通らないブランドになったけど、大好きなブランド。
願わくばもう少しプライスをなんとかしてくれんかなぁ。
ファクトリーというスタンスでは、GABOはペトリロと似ている。(クラス感も。)
GABOは、古い伝統を頑なに守る一途なブランド。ブレのない完成度と高いコスパは、ヨーロッパでも人気がある。
台風の目は、TITOだろう。ちょっと問題もあったけど、確実に成長してきている。
P1090874%20%28480x360%29.jpg
P1090875%20%28480x360%29.jpg
P1090876%20%28480x360%29.jpg
P1090877%20%28480x360%29.jpg
P1090879%20%28480x360%29.jpg
P1090880%20%28480x360%29.jpg
今日はGABOの第1回目。今春初めてジャパンフィットが登場したんだけど、ちょっと肩がタイトで合わない方もいた。
今回 肩回りを若干修正し、より万人ウケするジャパンフィットモデルが完成。
どうだ、これで怖いものなんてないぞ。ヤンチャオヤジのジュゼッペとジャンフランコのにやける顔が目に浮かぶ。
今日は、ジャケットを2マーク。もちろんジャパンモデル「VESUVIO」。
まず、ネイビー×ブルー×ブラウンのチェック。細かめのチェックでダーク。
しかし、今回の肩のイセ込みはすごいねぇ。ビューチフル!
もう一つは、スモーキーなミディアムブルーと言いましょうか。中厚の素材。
胸のドレープとダブルステッチがいいハーモニー。
さぁ GABOのイエロー旋風。どこまで増殖していくのだろう。

COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.