HOME > Brand Data > 人気フェリージ・Sorriso Series リュック
ブランドカテゴリー
掲載している商品に関するご質問や在庫確認等お気軽にお問い合わせください。
2018年05月10日

人気フェリージ・Sorriso Series リュック

News Categry:新入荷

P1090447%20%28480x360%29.jpg
P1090445%20%28480x360%29.jpg
P1090460%20%28480x360%29.jpg
フェリージのバッグとにらめっこする。数十秒経過。
俺の負けだよ。なんか笑っちゃうね。でも、たま~にフェリージが笑うことも…あるわけないだろ。
愛嬌だよ。サイレントスマイル。女とフェリージは愛嬌。
なんかコイツ気合い入ってないもん。他のブランドバッグのような威厳がない。
「僕は脇役でいいんだ。昔から引っ込み思案な優しい性格。ご主人様を引き立たせるのが僕の役目。」
何も入れなきゃフニャとしてるし、詰め方によっては姿を変えるし。
この前も古い年代モンのフェリージにパンパンにモノ詰めて温泉へ。
完全に悲鳴上げてたな。
「ご主人様 これ以上はご勘弁を。」
「大丈夫だよ。ほ~ら入るじゃん。しかし、フグみたいだな。」
いけません。いけません。良い子の皆様は大切に使ってあげてね。
でも、何年使おうとコイツは忠犬のように寄り添ってくる。
人間味にあふれたバッグ。どんなファッションスタイルにも同化してくれる。
たまにナイロンをクリーニング、革に栄養を与えてやるとよみがえるよ。
P1090457%20%28480x360%29.jpg
P1090458%20%28480x360%29.jpg
P1090450%20%28480x360%29.jpg
P1090448%20%28480x360%29.jpg
P1090456%20%28480x360%29.jpg
P1090455%20%28480x360%29.jpg
さて、今日は去年瞬殺で売れたリュック。前回ブリーフで紹介したタイプ。
バケッタレザーとナイロン。お得意のコンビネーション。
いいツラしてんなぁ。カジュアルスタイルには、ポップでスポーティー。
ドレススタイルには、シックでさりげなさが香る。
入れなきゃフニャフニャ。入れればパンパン、ゴロゴロ。
さて、色のコンビネーションなんだけど、長く付き合えそうなシックなコンビにした。
ネイビー×ダークブラウン。ライトブラウンを使うとフェリージっぽさが際立つので、ダークに。
そして、ダークグレー×グレー。これも黒×黒じゃ面白くないから、ちょっとひねってダークグレーで。
さぁ 手に入れたら、ぜひにらめっこを。
万が一フェリージが笑いだしたら、あなたは筋金入りのフェリージ狂かも?!

2018年05月02日

デ・ペトリロのルーツ-デ・ペトリロ・2

News Categry:新入荷

P1090435%20%28480x360%29.jpg
P1090436%20%28480x360%29.jpg
P1090422%20%28480x360%29.jpg
P1090425%20%28480x360%29.jpg
P1090431%20%28480x360%29.jpg
P1090438%20%28360x480%29.jpg
P1090443%20%28480x360%29.jpg
1998年のブルータス。メイドインイタリー特集。ナポリを代表して紹介されているのは、アントニオ・ラ・ピニョッラ。
ピニョッラは、サルトとして腕の良さも有名だったが、モデリストとしても活躍していた。
モデリストとは、服の設計図である型紙の製作から生産ラインの構築、管理まで既製服の全ての実務面をとりしきる役。服の全てを熟知していないと出来ないポジション。
そして、2枚目の写真 ピニョッラと一緒に写っているのは、我らがベネテッド・デ・ペトリロ氏。
ベニーさん30代の雄姿。貫禄あるねぇ。共同経営者となっている。
ピニョッラに惚れ込んだベニーが、彼に師事し、サルト・モデリストとしての技術を学んでいたんだろう。
今のデ・ペトリロの服の陰には、ピニョッラの仕立て技術とモデリストとしてのオーダー既製服の完成度が見られる。
ナポリ服としては、そんなテンコ盛りプレタポルテがデ・ペトリロなんですよ。
P1090432%20%28360x480%29.jpg
P1090421%20%28480x360%29.jpg
P1090423%20%28480x360%29.jpg
P1090433%20%28360x480%29.jpg
P1090427%20%28480x360%29.jpg
P1090426%20%28480x360%29.jpg
P1090434%20%28360x480%29.jpg
P1090428%20%28480x360%29.jpg
P1090429%20%28480x360%29.jpg
今日は、NAPOLIモデルのスーツを3マーク。
まずは、ウール100。黒ベースにウインドーペン。グレーの地味なペンなので、柄はほとんど目立たない。いや、ホントちかづかないとわからないくらい。パンツは1タック。
次は、オススメですよ。ダークブラウン。夏に?素材はモヘア20%混でサラサラ快適。
何がいいって?使いまわせる。ありそうでない色。ジャケットにグレースラックスでシック!紺ジャケにパンツを合わせる。大人だね。シワにならなくて、ホント快適。
ラストは、ウールリネンの紺ストライプ。2.2cmピッチ。これもピッチは太いが、地味なライン。清涼感漂うね。ジャケットは勿論遊びにバッチリよ~。
やっぱデ・ペトリロには色気があるわ。ピニョッラの魂はどこに宿っているのでしょうね。
ベニーさん、僕には見えましぇ~ん。


2018年05月02日

営業の案内

News Categry:店舗情報

5月2日(水)、通常通り営業します。
ご来店をお待ちしております。

2018年04月24日

ナポリの粋なシャツ-サルヴァトーレ・ピッコロ

News Categry:新入荷

P1090412%20%28480x360%29.jpg
P1090420%20%28480x360%29.jpg
P1090415%20%28480x360%29.jpg
P1090417%20%28480x360%29.jpg
20年以上付き合いのある常連さん。名前はわからない。
いつもキャップをかぶっているので、「帽子のおじさん」 と呼んでいる。
ほとんど買うことがないが、やたらフレンドリー。フトコロの事情は知らないけど、買うことよりも服を見ることが趣味のようだ。服を触り、広げて、縫製、生地を細かくチェックする。サイズを測るのは、ハンド。片手を広げて、2つと半分で50cm。
しばらく姿をみせなかったが、最近 久しぶりに現れ、
「君んとこ、商品変わったな。前はこんな柄入れんかったよ。腕 上げたねぇ。」
完全上から目線。いや、全然気にしないんだけど、たまにムカつく時もあるが、ただ 僕はそんなオヤジさん結構嫌いじゃない。
それはそりげなく僕のことを認めてくれるからだろう。
「君んとこで買ったヤツ、10何年経ってるけど、全然丈夫だよ。あのニットブランドなくなったもんなぁ。」
「服は触らんとわからんよ。」
やっぱ、こういう服好きな人が来店して、いろいろ客観的に見てくれる。そして、辛口・甘口好きなことを言ってくれる。
今はそんな人いなくなったよな。
いつも帰り際に僕を手招きして、キメの台詞。
「あんちゃん、いいこと教えてやろか。君んとこにはチャイナがないのがいい。」
たまにあったりなんかするんだけど、まぁ いいっか。
P1090398%20%28360x480%29.jpg
P1090401%20%28480x360%29.jpg
P1090399%20%28360x480%29.jpg
P1090400%20%28480x360%29.jpg
P1090402%20%28360x480%29.jpg
P1090403%20%28480x360%29.jpg
今日は、初登場のシャツブランド。ナポリのサルヴァトーレ・ピッコロ。
かなり前から雑誌で、ピッコロ氏の着こなしのセンスの良さを見ていた。
きっといいシャツを作るんだろうと想像していた。
今回 初めてUAさんが、サンプルを用意してくれた。
思ったとおりのカッコ良さ。初トライアルした。入荷は遅れたが、シャツジャケットとカジュアルシャツをトライアル。
今日は、シャツジャケットを3マーク。
まずは、リネン100%のストライプ。ブルー×グレー。
次は、コットン・リネンのネイビー。
最後は、コットン・リネンの白黒大柄チェック。
カフス付き。サイズは42~48。若干ゆるめのシルエット。

2018年04月17日

新しき挑戦-サンタニエッロ

News Categry:新入荷

P1090382%20%28360x480%29.jpg
P1090379%20%28360x480%29.jpg
P1090385%20%28360x480%29.jpg
P1090389%20%28480x360%29.jpg
P1090394%20%28480x360%29.jpg
P1090397%20%28480x360%29.jpg
ジャケットのプライス5、6万。いつもはプライスを表示せず、先入観持たずイメージしてもらう様にしている。想像より安いとうれしいじゃない?
昨秋冬からスタートしたナポリのサンタニエッロは5万円で、この世界に仕掛けてきた。
シャツジャケットじゃないよ。50年やっているテーラードだ。完全に新しい世界を開拓しようとしている。
クラシコイタリアの世界も多様化してきた。超高級服が認められる。
低価格の服でも認められる存在も出てきてもいいんじゃない。しかし、安かろう、悪かろうじゃやらないよ。
サンタニエッロのいいところ。
①新しいイタリア服ファンを狙っている。
②サルトリアーレのスーツの完成度。
③製品洗いジャケットには、エクスクルーシヴ(オリジナル生地)が多い。
④製品染めの味だしがいい。
⑤遊び感覚で、色・柄に挑戦できるプライス。
P1090387%20%28480x360%29.jpg
P1090388%20%28480x360%29.jpg
P1090391%20%28480x360%29.jpg
P1090393%20%28480x360%29.jpg
P1090395%20%28480x360%29.jpg
P1090396%20%28480x360%29.jpg
ジャケットを3マーク紹介します。
マイサイズが無い為、着用写真は無しです。
まずは、コットンシルクのエクスクルーシヴ生地。色数が多いのもここの製品染めの特長なんですが、悩んだ末ネイビーにしました。織り感が独特の幾何学風。
続いて、コットン、ラミー(麻)の洗い染め。色はライトブラウン。着回しがききそうな大人ないい色。
ラストが展示会で、一番に決めたサンプルズバなヤツ。
コットン・リネン・ポリ・ナイロンの4者混。ベージュベースに赤茶のウインドウペン。色気タップリのエレガントなエクスクルーシヴ生地。Tシャツとジーンズだけでも決まるねぇ。

COPYRIGHT 2010(c)Albano ALL RIGHTS RESERVED.